CHEAP THRILL

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(1)『キー・ラーゴ』 | main | 真・映画日記(1)『イージー・ライダー』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(2)『大いなる陰謀』
JUGEMテーマ:映画




(1から)

午後6時過ぎに外出し、池袋へ。

池袋「サンシャインシネマ」の『大いなる陰謀』8時45分の回。
2日目なのにガラガラ。
20人もいたかどうか。
やはり『フィクサー』と同様に「男の映画」は動員が厳しい。
「男の映画」と言っても『ランボー』や『インディー・ジョーンズ』なんかは違うけど、
堅めの作品は反応が悪いねえ。


見応えがある社会派作品だねえ。

ロバート・レッドフォード監督7年ぶりの作品。
主なキャストは
トム・クルーズとメリル・ストリープ。
あと『ワールド・トレード・センター』のマイケル・ペーニャと
『エイプリルの七面鳥』のデレク・ルーク。

ストーリーは三つのシチュエーションを交互に展開することで構成。

(1)ベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロス(メリル・ストリープ)によるジャスパー・アーヴィング上院議員(トム・クルーズ)へのインタビュー。
(2)アフガニスタンの雪山の戦地へ向かう志願兵アーネスト(マイケル・ペーニャ)とアーリアン(デレク・ルーク)。
(3)カリフォルニア大学でのマレー教授(ロバート・レッドフォード)と遊び人学生トッドの面談。

アーヴィング議員はインタビューでジャニーンに対しある特ダネを用意していた。
それが今まさに行われようとしているアフガニスタンでの高地占領作戦。
高地を掌握することで対イランに対し優位に立つことができるというもの。

アーネスト&アーリアンはその実行部隊(議員の新作戦の)としてアフガニスタン上空を輸送ヘリで飛んでいるところ、
敵の攻撃をくらい、雪山に転落してしまった。

で、このアーネスト&アーリアンは元々マレー教授の生徒で、
しかもトッドとは同級生。教授はアフガンの件までは知らなくても、
意欲がある二人が志願兵になってしまい、素質はあるが無関心学生トッドにこの現実を投げ掛けている…。

まあ、プロパガンダ的なものとも見れなくもないが、
この作品のキモは別の所にある。
アーヴィング上院議員のやり方や
それに対して不快感を持つジャニーンは
あくまでもそれぞれの1ケースであって、
このケースを見ることにより現実に目を向けて欲しい、ということだろう。
そのためのダメなアメリカンの象徴としてトッドを使ったのだろう。

ぶっちゃけた話、レッドフォードが一番見せたかったのはこの教授がダメ学生をたしなめるところだろう。
なんか、見てるこっちまでレッドフォードにたしなめられた感じだ(笑)。

アーネストとアーリアンのレポート発表と志願兵になったいきさつなんかは
マイケル・ムーアの『華氏911』での志願兵の話とかぶる感じがした。
ん、なんかレッドフォードが今回やったことって、
要はマイケル・ムーアがドキュメンタリーでやったことをドラマでやったようなものか?
そうすると、もうひと押し動きが欲しいんだよね。
すっきりしないよ。
特に(1)と(3)は問題提起しただけだから。
まあ、そういう社会派系問題提起映画なんだろうけど。

点数は8点。
割とわかりやすい展開だけどモヤモヤする。
てか、そんな上院議員の机上の空論みたいなので軍が動いてしまうんかいな?
実はそこが一番納得いかなかったりする。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(6) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
cyaz (2008/05/01 12:25 PM)
じょ〜いさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
僕的にはレッドフォードらしくない映画だったように思います。力のある駒を使い切っていないという感じで。
TB何度かチャレンジしましたが反映しないようです。URLだけ置いていきますm(__)m
http://blog.goo.ne.jp/cyaz/e/7362ba2a47d9247c7568957e64e539a2
マダムよう (2008/05/13 10:12 AM)
TBありがとうございました。

私も「華氏911」を思い出しました。
レッドフォードの熱い想いは伝わりましたが、世の中を動かすほどにはならないようですね。
じょ〜い (2008/05/13 11:40 AM)
cyazさん

どうもです。

力のある駒…まあ、たしかにあまり使えてないかも。

微妙な点がいくつかあるので評価するのに揺れましたねえ。
じょ〜い (2008/05/13 11:43 AM)
マダムようさん


たしかに、トム・クルーズを起用したり、
大統領選で盛り上がる時期(アメリカは昨年ですが)に公開したわりには
話題に乏しかったですねえ。

レッドフォードのやりたいことが空回りしたかなあ。
キー (2008/08/04 12:14 PM)
ショートコメント
キー (2008/08/05 1:42 AM)
ショートコメント









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/982
大いなる陰謀
原題 LIONS FOR LAMBS 上映時間 92分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/04/18 監督 ロバート・レッドフォード 脚本 マシュー・マイケル・カーナハン 音楽 マーク・アイシャム 出演 ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルー
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2008/04/22 6:07 PM |
大いなる陰謀
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/04/22 7:46 PM |
大いなる陰謀
ジャーナリストのロスは、上院議員アーヴィングに招かれ、彼に単独インタビューを行う。そこで語られたのはアフガン戦争で行われる新作戦の概要だった。同じ頃、カリフォルニア大学の一室では、不登校の学生と顧問の教師が話し合っていた。顧問の教師は、自分の教え子
| 5125年映画の旅 | 2008/04/22 11:31 PM |
「大いなる陰謀」 R・レッドフォードの監督魂
JUGEMテーマ:映画 昨年秋、アメリカで公開された時は興行的には振るわず、評判も賛否に分かれていて、どちらかと言えば“否”の評判の方が多く聞こえて来ていたこの作品…。 これだけの映画人が関わっていながら、ひょっとして駄作?と、恐る恐る観に行った
| ハピネス道 | 2008/04/23 12:21 PM |
大いなる陰謀
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。 政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/04/23 3:13 PM |
大いなる陰謀
【LIONS FOR LAMBS】2008/04/18公開(04/08鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロバート・レッドフォード出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク、アンドリュー・ガーフィールド、ピーター・バーグ正義
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/04/23 4:12 PM |
映画「大いなる陰謀」
大いなる陰謀    映画館にて鑑賞 監督 ロバート・レッドフォード 出演 ロバート・レッドフォード メリル・ストリープ  トム・クルーズ 2007年 アーヴィング上院議員は、ジャーナリストのジャニーン・ロスに今度の作戦を独占インタビュー
| <花>の本と映画の感想 | 2008/04/23 7:57 PM |
大いなる陰謀
オススメ度 ★★★★☆(3・5) 「机上討論会。」 監督のロバート・レッドフォードの講義や説教を聞いているような映画でした。良い意味で。トム・クルーズ、メリル・ストリープとレッドフォード本人と大物三者の共演で日本ではアカデミー候補で押していましたが
| まぶスク 瞼のスクリーン | 2008/04/23 10:34 PM |
大いなる陰謀
JUGEMテーマ:映画 2008年4月18日(金) 公開 「オバマ・ビンラディン・・・あ、すいません、言い間違えました・・。」 ヒラリー「グッドタイミング〜〜〜〜〜〜♪」 そぉ〜ですねぇ、ひたすら社会派に徹した作品でした。 好きか嫌いかと問われた
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2008/04/24 8:42 AM |
【映画】 大いなる陰謀
今回は、映画「大いなる陰謀」 ベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院...
| Coffee and Cigarettes | 2008/04/27 4:11 PM |
大いなる陰謀
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  自由と正義の名のもとに・・・そのとき私たちは?  
| カリスマ映画論 | 2008/04/29 2:40 PM |
【2008-100】大いなる陰謀(LIONS FOR LAMBS)
人気ブログランキングの順位は? 陰謀をたくらむ1人の政治家 立ち上がる2人の青年 彼らの代償はあまりにも大きかった 人は何のために戦うのか 人は何のために死ぬのか
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/04/30 10:45 PM |