CHEAP THRILL

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『つぐない』 | main | 真・映画日記『ファヴェーラの丘』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『フィクサー』
JUGEMテーマ:映画


4月15日(火)◆776日目◆

天気がいいのでスムーズに仕事が終わる。

午後5時45分に会社を出て、目指すは池袋、「シネマロサ」。
『フィクサー』は6時半から。


…なんとか間に合いました。
係員に聞くと予告編は5分だけだとか。

それにしても客が少ない。
10人くらいしかいない。
『フィクサー』はパッと見のイメージでは男の映画。
去年『グッド・シェパード』もダメだったから、今、いわゆる、「男の映画」は不人気のようだ。


一見堅そうで、すんなりと飲み込みやすいストーリー。脚本がいい。
しかし、ツッコミどころが多い。

監督は『ボーン・アイデンティティー』シリーズの脚本家トニー・ギルロイ。
主演は『オーシャンズ11』のジョージ・クルーニー。

主人公マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)は「ケナー・バック&レディーン法律事務所」に15年勤める「揉み消し屋」=「フィクサー」専門の男。
早い話、企業・個人のトラブル処理班。
私生活では妻と離婚し、息子ヘンリーとたまに会うのが唯一の拠り所。
アル中の従兄弟ティミーとのバーの共同経営を失敗し、
7万ドルの借金を背負わされ、
その期日が一週間以内に…。

ある日、同僚の弁護士アーサーが農薬会社U・ノースに対する30億ドルの集団訴訟に関する会議中に、
公衆の面前で全裸になり、会議をめちゃくちゃにして留置所になる。
本来、U・ノース社を弁護して和解に持ち込み、法律事務所がU・ノース社から多額の報酬をもらう、という流れだったので、
マイケルはこのアーサーのトラブル処理にあたることに。
ところがアーサーはU・ノース社の秘密を握っていて、
それをマイケルにしらせようとする前にU・ノース社の法務部本部長のカレン(ティルダ・スウィントン)の手先に消されてしまう……

あらすじが長くなったが、
以降はマイケルがアーサーの秘密を知り、
マイケル対U・ノース社となる。

企業・個人のトラブル処理の仕事をしながら、
自分の家族・己れのトラブルを処理する男の話だ。

作品の雰囲気は
製作総指揮のスティーヴン・ゾダーバーグや
法律事務所のボスとして出演も兼ねているシドニー・ポラック、
さらには主演のジョージ・クルーニー等が作るような硬派なものでありながら、
妙な難しさはなくすんなりと最後まで見られる。
このあたりはトニー・ギルロイの脚本の良さかもしれない。

中でも、序盤10分のシーンを後半のシーンに別の視点として見せる所は面白い。
主人公マイケルは
一見、超キレ者の策士に見えながらも、
借金取りに追われてたり、ギャンブル癖があったり、
負の部分を持ち合わせている。
この「完璧でない正義漢」がいいのかもしれない。
しかしながら、警察の弟を騙して不法侵入をしたり、
簡単に尾行や盗聴をされる等、キレ者の「フィクサー」のわりに不用心な行動が目立つ。

もっと言うと、
作品のキーマンになるアーサーのキャラが壊れすぎていて話がつかみにくい所がある。
会議中に全裸になるは、
原告の女のコに変なアプローチをするは、
弁護士にしては異様に精神が乱れてるなど、
痛いシーンが目立つ。

たしかにアーサーにしてもカレンにしても善悪の心が揺らぐ所を見せるあたりはいいけど……そのわりにはやっていることが大胆なんだよね。
無理矢理キナ臭い方向にもって行っているというか…
点数は7点。
ツッコミ所が多いけど、なんとか最後まで見れます。
ただ、馬が出るシーンはよくわからんね。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(11) | trackbacks(17) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
リュカ (2008/04/22 11:57 PM)
こんばんは。たくさんのTBをありがとうございました。
冒頭にあのシーンを持ってきたのは面白かったですね。事態が判ってから見直すと、爆弾を仕掛けた車をバンバン叩くところとか、なぜかひやっとしたり…。 馬のシーンは、マイケルの息子が心酔していた本の挿絵そのままの場面が目の前に現れたから、何かの啓示を彼は受け取ったのだろうとわたしは思いました。
それでは〜♪
じょ〜い (2008/04/23 9:14 AM)
リュカさん

コメントどうもです。

ああ、あの馬のシーンは息子の絵本にあったかあ…

アチャー、見落としたよ…
ありがとうございます!


cyaz (2008/05/01 12:27 PM)
じょ〜いさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
クルーニー・ファンならずとも、惚れ直してしまうような苦みばしった男の顔でしたね!
TB何度かチャレンジしましたが反映しないようです。URLだけ置いていきますm(__)m
http://blog.goo.ne.jp/cyaz/e/6ab4861e694173fdaf1a587f7c5b30b5
D (2008/05/10 4:57 PM)
TBありがとうございました♪

久しぶりに劇場で観た作品がこれだったのですが
かなり満足しました!

私もあれこれTBさせていただきます♪
ryoko (2008/05/11 11:28 AM)
TBありがとうございます。
がけっぷちのくたびれたもみ消し屋という役どころは、渋くてカッコイイクルーにーにはちょっと無理があるかなぁと思いました。
馬のシーンは私も最初???でした。
挿絵をもっと大きく写して欲しかったですね。
moriyuh (2008/05/12 12:30 AM)
再びTBありがとうございました。
ココもハードルが超えられない感じです。

>アーサーにしてもカレンにしても善悪の心が揺らぐ所を見せるあたりはいいけど……そのわりにはやっていることが大胆なんだよね。

確かに仰るとおり、大胆すぎるんですよね?
人を殺めようとするわ、脱ぐわなど?ちょっといきなりか?というところはありますよね?

それくらい、追い詰められていたということでしょうね?
私は結構、見ごたえを感じましたけれど、???という部分も確かにありましたね…。


じょ〜い (2008/05/12 9:04 AM)
caysさん

コメントありがとうございます。

TB出来なくて、ホントに申しわけないです。
じょ〜い (2008/05/12 9:07 AM)
cyazさん


名前間違えてすみませんm(__)m
じょ〜い (2008/05/12 9:10 AM)
Dさん

どうもです。

脚本の良さや
時間軸いじりなどで
楽しめたでしょう。

また、遊びに来て下さい。
じょ〜い (2008/05/12 9:12 AM)
ryokoさん

どうもです。

あ、そうか!
あれ、絵本の絵が小さいからかあ。

そういう見落としって悔しいよね。
じょ〜い (2008/05/12 9:15 AM)
moriyuhさん


どうもです。

やっぱりあの脱ぐシーンや
キナ臭い方向にもっていくのはおかしいよね。

脚本がいいだけに変なところが気になります。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/977
フィクサー
 『マイケル・クレイトン―― 罪を消したければ、彼に頼め。』  コチラの「フィクサー」は、本日4/12に公開された弁護士事務所の裏で暗躍するもみ消し屋<フィクサー>を描いたサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  2007年アカデミー賞で、ティ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/04/19 7:46 PM |
フィクサー 73点(100点満点中)
希望のブルーが甦るでしょう 公式サイト ジェイソン・ボーン三部作の脚本家、トニー・ギルロイの初監督作品。もちろん脚本も同氏が手がけている。 テクニカルな映像演出にて繰り広げられる、ハイテンションなアクションとサスペンスが売りであったボーンシリーズ
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2008/04/19 8:39 PM |
フィクサー Michael Clayton
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/6257fb0b5b52125d0eae527536b18f94 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 コ
| いい加減社長の日記 | 2008/04/19 10:47 PM |
フィクサー
原題 MICHAEL CLAYTON 上映時間 120分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/04/12 監督 トニー・ギルロイ 製作 シドニー・ポラック、スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニー 脚本 トニー・ギルロイ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワ
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2008/04/22 6:08 PM |
フィクサー
2007年 アメリカ 監督:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー    トム・ウィルキンソン    ティルダ・スウィントン    シドニー・ポラック マイケル・クレイトンは大手の弁護士事務所に所属する“フィクサー”(もみ消し屋)。事件の隠
| 菫色映画 | 2008/04/22 11:58 PM |
フィクサー
フィクサー 205本目 2008-11 上映時間 2時間 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジョージ・クルーニー シドニー・ポラック トム・ウィルキンソン ティルダ・スウィントン 評価 5点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン5  有休とっ
| メルブロ | 2008/04/23 12:11 AM |
「フィクサー」 上半期ベストピクチャーかも…
JUGEMテーマ:映画 ツボでした。 はまりまくり。 好きです、この作品。 この演出には唸りました。 同じシーンを2度見せられるのですが、 2度目、様々な事情が分かった後にそのシーンが繰り返された時、 そのジョージ・クルーニーの表情には鳥肌立つくら
| ハピネス道 | 2008/04/23 12:19 PM |
フィクサー
【MICHAEL CLAYTON】公開:2008/04/12(04/12鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:トニー・ギルロイ製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーほか出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラッ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2008/04/23 4:04 PM |
フィクサー
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  組織社会に燦然たるヒューマニズム  
| カリスマ映画論 | 2008/04/24 12:59 AM |
フィクサー
JUGEMテーマ:映画 2008年4月12日 公開 そんな時には"汗ワキパット"ですよ! えぇ〜っ なぁ〜んか「これでおしまい?」って感じだった。 主人公のジョージ・クルーニーが"フィクサー(揉み消し屋)"ってことだったんで、も
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2008/04/24 8:40 AM |
「フィクサー」
「フィクサー」を観ました。 優秀な弁護士でありながら、もみ消し屋として裏家業を請け負うマイケル。同僚・アーサーが農業会社U・ノース社の機密情報を握ったことから、マイケル自身も命を狙われるようになってしまう・・・ 非常に地味ながらも堅実なつくり。ボ
| fab fun (旧・るるる的雑記帳) | 2008/04/25 11:35 AM |
フィクサー
法律事務所に勤めるマイケル・クレイトンは、顧客に不利な証拠を隠滅するもみ消し屋。同じもみ消し屋で友人だったアーサーが、自身の担当していた薬害裁判で奇行を起こし、依頼人だった製薬会社を裏切って原告側に付いた。マイケルは上司から、アーサーの集めた証拠
| 5125年映画の旅 | 2008/05/02 8:16 AM |
「フィクサー」
「フィクサー」観てました、機内上映で。 原題は「マイケル・クレイトン」です(「ジュラシック・パーク」の原作者はマイケル・クライト...
| クマの巣 | 2008/05/04 3:51 AM |
フィクサー
トニー・ギルロイ監督 大手法律事務所に属するマイケルは、裏方であるフィクサー(もみ消し屋)を務めている。現在事務所では巨大農薬会社に対する集団訴訟案件を扱っているが、担当でマイケルの親友であるアーサーが、協議の最中、奇行に及んでしまう。事態の収拾を
| BUNPITUノHIBI | 2008/05/09 8:08 AM |
フィクサー☆マイケル・クレイトン―罪を消したければ、彼に頼め。
【フィクサー】・・・・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。 男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・・・・。
| ☆お気楽♪電影生活☆ | 2008/05/09 10:55 AM |
フィクサー
アメリカ 2008年 ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ 監督・脚本:トニー・ギルロイ 『ボーン・アイデンティティー』(脚本) 【ストーリー】 NYの大手弁護士事務所に勤めるマイ
| 映画を観よう | 2008/05/10 4:59 PM |
『Michael Clayton』フィクサー
ラストのあの瞬間はやっぱり『ちょっとした』シーンになりそうだよね。 ぽちっとプリーズ。
| キマグレなヒトリゴト | 2008/06/01 2:23 PM |