CHEAP THRILL

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『ボーフォート レバノンからの撤退』 | main | 真・映画日記(2)『魔法にかけられて』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(1)『暗闇の女たち』
JUGEMテーマ:映画


3月14日(金) 744日目


仕事は午後6時半に終業。
中途半端なので六本木のマンガ喫茶で時間を潰す。

8時50分頃、店を出ると外は土砂降り。
こんな中でこれから映画を見に行こうというのだ。
それでもこの日はいつもと違う。
「フランス映画祭」なのだ!

9時に六本木ヒルズにある「TOHOシネマズ」に着き、2階の7番スクリーンへ。
さすがは映画祭。人、人、人の大盛況!
この熱気がいいね。
それもそのはず。上映前に監督と主演のソフィー・マルソーの挨拶があったからだ。
ボクの席は後ろの方だが、ソフィー・マルソーは赤のドレスで綺麗だった。
デジカメやケータイカメラの光やパシャパシャという音があちこちであり絶えない。
5分くらいして上映である。


監督は『ルパン』のジャン=ポール・サロメ。
1944年第2次世界大戦時のフランスが舞台。
ルイーズ(ソフィー・マルソー)はフランスで恋人とレジスタンス活動を行っていたが、恋人は銃撃戦で亡くなる。
その後彼女はロンドンに亡命し兄とともに諜報・破壊工作機密機関「SEO」のメンバーになり、女性スパイ部隊を作り上げる。
彼女たちの最初の任務はノルマンディーに上陸し、ナチスドイツに捕らえられた仲間を救出することであった・・・。

1940年代のナチスドイツ占領下のフランスは全体的に茶色やセピアっぽい色彩の映像にし雰囲気は出ている。
街並みや建物を再現することはこの監督の得意分野だとみた。
題材としてはフランス映画ではイザベル・アジャーニが出ていた『ボン・ヴォヤージュ』、似たような女スパイ+レジスタンスでは『ブラックブック』があるが、
4人編成での女スパイチームは目の付け所がいい。
そのメンツも元レジスタンスから元娼婦の女囚に敬謙なクリスチャン、破壊工作のエキスパートなど個性があっていい。
やや非力そうで女をウリにした武器・作戦も見られる。
潜入したりアクションシーンは緊張感が張り詰めていていいが、
捕まってしまってから少しだれたところも・・・。
ソフィー・マルソーは気が強いヒロインとしてはピッタリだが、
ルックスはギリギリかな(個人的にだが)。


点数は8点。

やはりこの手の作品は「シャンテシネ」や「銀座テアトル」クラスのミニシアター向きだ。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。
暗闇の女たち(フランス映画際 LES FEMMES DE L'OMBRE)
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:ジャン=ポール・サロメ キャスト:ソフィー・マルソー       ジュリー・ドパルデュー       マリー・ジラン       デボラ・フランソワ       モーリッツ・ブライフ
| ★試写会中毒★ | 2008/05/26 6:23 AM |