CHEAP THRILL

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(1)『ダージリン急行』 | main | 真・映画日記(3)『接吻』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(2)『アメリカを売った男』
JUGEMテーマ:映画


(1から)

『ダージリン急行』が見終わった後、『アメリカを売った男』の3時55分の回まで時間があるので、有楽町駅近くのマンガ喫茶へ。
3時45分に店を出て地下の劇場へ。
なんと、超満員だった!
あ、ここだけでしかやってないからか。

これまた見応えがあるFBI同士(ってか上司と部下だけど)の心理戦である。

監督は『ニュースの天才』のビリー・レイ。またまたいい題材を選んだね。

主演は『アダプテーション』のクリス・クーパー。
他、『クラッシュ』や『父親たちの星条旗』のライアン・フィリップやローラ・リニーが出演。

FBIの訓練捜査官エリック・オニール(ライアン・フィリップ)は、
ある日、上司のケイト・バロウズ(ローラ・リニー)に呼び出され、
情報管理部に移り、前対ソ情報分析部長ロバート・ハンセン特別捜査官(クリス・クーパー)の補佐になる。
ケイトからロバートが性的倒錯傾向の疑いがあることを聞き、これを調べることがエリックの任務だが、
ハンセンに怪しい所はない。
次第に軽い任務に嫌気がさしたエリックはケイトに問い詰めると、
彼女は彼の任務の真の目的を明かす。

その真の目的というのが、ロバートが実はロシアにアメリカの機密情報を売っている「売国奴」であり、
それをエリックのコンピューターの知識と人柄の良さで切り込んでほしい、
とこういうわけだ。


前作『ニュースの天才』と同様、いやそれ以上の「嘘」をふんだんに絡めた心理戦があらゆるところで効いている。
それこそロバートなんかは常に側近になったエリックを欺かなければならないし、
ケイトの最初の依頼だってある意味エリックに「嘘」を言っているし。
エリックにしても徐々にロバートや妻ジュリアナに対して任務を隠すための「嘘」をついてしまう。
このように「嘘」というフィルターでこの映画のキャラの動きを見ると面白い。
そんな中で自分の妻に対しては「本当の自分」を見せているロバートの人間臭い辺りにまたリアリティがある。

このロバートを演じたクリス・クーパーが実に素晴らしい。どことなく両刀っぽく見せている。
今までの彼にないオーラさえ感じさせる。

やや純朴な好血漢ぶりを見せるライアン・フィリップも
冷血な女上司ながら時折エリックに微妙な間合いを見せるローラ・リニーもなかなかだ。

点数は9点。
少し堅い雰囲気が難点か。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。
アメリカを売った男
米国史上最大のスパイ事件を扱う犯罪映画は渋い仕上がり。国家機密を20年以上ソ連に漏らし続けたFBI捜査官ハンセンと、彼を探る訓練捜査官エリックの心理戦が見所だ。実力派クリス・クーパーが見事。矛盾した人物像やギリギリの精神状態の演技が上手すぎる。対するフ
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2008/03/14 9:40 AM |
アメリカを売った男
最初から最後まで淡々とした流れのため、ともすればうとうとししそうになりましたがおもしろく観ることはできました。
| B級パラダイス | 2008/03/15 6:57 PM |
アメリカを売った男/ライアン・フィリップ
予告編は一度も観ていないんだけどアメリカで実際にあったFBI訓練捜査官にスパイ事件を題材にしたポリティカル・サスペンスという事で鑑賞してみました。たぶん実話系じゃなかったらスルーしちゃってたかもしれませんね。主演は「父親たちの星条旗」のライアン・フィリ
| カノンな日々 | 2008/03/23 8:58 PM |
『アメリカを売った男』
ライアン・フィリップのファンとしては見逃せない。彼の作品としては1年数ヶ月ぶりの公開作品となる、クリス・クーパー主演のスパイ映画『アメリカを売った男』を日比谷のシャンテシネに観に行ってきました。 2001年2月にソ連/ロシアへの機密情報漏洩容疑で逮捕され
| cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/03/28 7:47 PM |
「アメリカを売った男」 クリス・クーパーの演技に唸る
JUGEMテーマ:映画 実際の事件を基に撮られた作品。 アメリカの機密をロシアに売り続けていたFBIエージェントにクリス・クーパー。 映画は彼の逮捕の報道から始まります。 人としての煩悩に翻弄される中年男の苦悩を演じさせたら、この人の右に出るものは
| ハピネス道 | 2008/04/01 6:34 AM |
アメリカを売った男 67点(100点満点中)
京都買います 公式サイト FBI捜査官が在任中に国家機密をソ連に売り続けていた、実際に起こった事件を映画化したポリティカルサスペンス。 原題の『BRACH』が意味深だ。「漏洩」を基本とし、侵害、不和、裂け目、突破、と様々な意味を併せ持つこの言葉からも、本
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2008/04/19 8:36 PM |
アメリカを売った男
ベテランFBI捜査官ロバート・ハンセン。輝かしい経歴の持ち主である彼が、ロシアに極秘情報を売り渡していた事が発覚する。ハンセンを現行犯で逮捕したい国防情報局はFBIの見習い捜査官オニールをハンセンの助手に着け、彼の監視を命じる。しかしベテランのハン
| 5125年映画の旅 | 2008/04/22 11:35 PM |
【2008-88】アメリカを売った男(BREACH)
人気ブログランキングの順位は? 職業・・・FBI捜査官 罪状・・・二重スパイ 史上最悪の裏切り者、逮捕までの二ヶ月間。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/04/27 4:19 PM |
アメリカを売った男
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:ビリー・レイ キャスト:クリス・クーパー       ライアン・フィリップ       ローラ・リニー       デニス・ヘイスバート       カロリン・ダヴァーナス、他
| ★試写会中毒★ | 2008/05/26 5:07 AM |