CHEAP THRILL

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 | main | 真・映画日記(2)『アメリカを売った男』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(1)『ダージリン急行』
JUGEMテーマ:映画


3月8日(土)◆738日目◆

この日は最近の土曜では珍しく午前からの行動。

午前10時20分頃に日比谷「シャンテシネ」に到着。
『アメリカを売った男』の初回が見られるが、FBIものは朝から見るものではない。
なので、一番の目当てでもある『ダージリン急行』の11時55分の回を見ることに。
しばらく近くのスタバで時間を潰し、その回の開場時間の頃に4階の劇場へ。
客入りは半分くらい。
恵比寿、新宿でも上映しているので客が割れた感じだ。
客層は50代の女性が多い。
2、30代の映画ヲタが集まるかと思ってたのでこれは意外だった。


ウェス・アンダーソン監督3年ぶりの新作は「家族」をテーマにしたロードムービー。
『ザ・ロイヤル・テネンバウムス』、『ライフ・アクアティック』が好きならおそらく好きになれるハズだ。

本編が始まる前に10分程度の短編を上映。
これは三兄弟の三男ジャック(ジェイソン・シュバルツマン)のインド旅行の前日談になる。
ジャックはパリのホテルで小説を書いていた。そこに突然元彼女(ナタリー・ポートマン)が現れる、というやつだ。

他愛のないショートショートではあるが、
iPodやオルゴールなどの小道具を上手く使ったり、
着ているもの(バスローブ)やカーテン、ベッドのシーツなどで黄色を見せている。

これは「こういうことがあった」とだけにとどめておけばいい。

さて、本編は次男ピーター(エイドリアン・ブロンディ)が「ダージリン急行」に飛び乗るシーンから入り、
長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)が予約した個室にホイットマン三兄弟が集まって旅が始まる。
兄弟は1年前の父の死をきっかけに絶縁していたが、フランシスの計らいでインド旅行をすることに。
旅はフランシスの助手が作ってくれたスケジュールをもとに進むが、
お互いにわだかまりがある三人は行く先々で喧嘩やトラブルを起こし、
「ダージリン急行」から追い出されてしまう。


ボクも経験があるからわかるが、
行動、食事、さらには寝るまで一緒にいる旅は、
普段から共に生活している者同士でないと
ついついお互いのちょっとした仕草・クセが気になり、仲がこじれることがある。

わだかまりがある者同士ならなおさらで、
これを上手く使って珍道中にしている。

このわだかまりの根源は何かというと
亡くなった父親の呪縛である。
ピーターが父親の遺産をがめていることもそうだが、
一番三人を縛りつけているのは…………終盤わかります。
その答えは旅の間中常に目に見えているけどね。

後半に三人を揺るがす大きな事件が二つある。
それぞれ「兄弟」、「母親」が関わり、
思い切った展開である。
やり過ぎかもしれないが、ウェス・アンダーソンらしい。


点数は9点。
インドを舞台にしながらも音楽や色彩はウェス・アンダーソンの作品らしさがある。
映画ヲタによる映画ヲタのための映画だ(笑)。 

チョイ役だけどビル・マーレイもいたね。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(4) | trackbacks(20) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
mezzotint (2008/05/04 10:43 PM)
じょ〜いさま
たくさんの記事にTB頂きありがとうございます。
反映しないもので・・・・ごめんなさい!URLを記事のものにして、コメントいたしております!
また宜しくです!!
マダムよう (2008/05/06 10:13 AM)
私もこの映画大好きです。
にんまり笑えて、ウェスの魅力が十分発揮されていました。
ビル・マーレイ、おかしい人です。

前座のように付いていたナタポーの小作品も、なかなか凝っていましたね。
じょ〜い (2008/05/08 11:46 AM)
マダムようさん


レス、大変遅くなりましてすみませんですm(__)m。

ウェス・アンダーソンとくればビル・マーレイですね(笑)。

じょ〜い (2008/05/08 11:48 AM)
mezzotintさん


たくさんのコメント、ありがとうございます。

こちらにURLを貼り付けて結婚ですよ。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/929
ダージリン急行
 『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービーならぬレール・ムービーなのですが、試写会で観てきちゃいま
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/03/10 9:32 PM |
ダージリン急行
不思議なユーモアが漂うが、それには、インドという舞台設定が何より効いている。ちぐはぐな3兄弟が自分探しと兄弟の絆を確認するロード・ムービーだ。個性的な顔つきの俳優、おそろいのスーツケース、顔の包帯など、ビジュアルもインパクトがあって面白い。亡くなった
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2008/03/11 8:54 PM |
ダージリン急行
製作年:2007年 製作国:アメリカ 監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン エイドリアン・ブロディ ジェイソン・シュワルツマン Story長男フランシス、次男ピーター、三男ジャックのホイットマン3兄弟。彼らはフランシスの提案で、インド
| amapola | 2008/03/13 9:45 PM |
「ダージリン急行」感想と、ダージリンの場所・地図
田舎のインドの雰囲気や風景などが、凄〜〜く良い!!! しかし内容的には、別に・・・。(スイマセン) 感想は、3つ☆ 3兄弟の珍道中旅...
| ポコアポコヤ 映画倉庫 | 2008/03/15 6:45 PM |
ダージリン急行
本編上映前に「ホテル・シュヴァリエ」という短編作品が上映されます。一粒で二度おいしい?(笑)あ、違うか。
| B級パラダイス | 2008/03/15 6:55 PM |
ダージリン急行
ウェス・アンダーソン監督、オーウェン・ウイルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン。イカれた3人兄弟のインド珍道中。いつも列車に乗り遅れそうになるところに出鱈目加減が十分現れているのだが一丁前に旅程表をこしらえているところが痛い。
| 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2008/03/15 7:31 PM |
ダージリン急行
【映画的カリスマ映画論】★★★★☆  ボンクラクールな3兄弟、異国で歩く絆道  
| カリスマ映画論 | 2008/03/16 12:47 AM |
映画* ダージリン急行
ここらで、マーガレットリバー滞在記を少し休憩し、通常の映画&本の鑑賞記録を。 **************************************** ウェス・アンダーソン監督の映画は、毎回「おお!!」と思わず注目してしまうような、何
| 有閑マダムは何を観ているのか? | 2008/03/16 12:00 PM |
ダージリン急行/オーウェン・ウィルソン
ダージリンって言えば紅茶の名前でくらいしか知らないんだけど、私がよく足を運んでいるチネチッタとシャンテシネでの公開予定作品だったこともあって単館系のわりにはだいぶ前から何度も予告編を観る機会がありました。男3人のロードムービーなんだけど「サンジャック
| カノンな日々 | 2008/03/18 9:38 PM |
★★★ 『ダージリン急行』
2007年。アメリカ。"THE DARJEELING LIMITED". ウェス・アンダーソン監督。  21世紀に入ってから、アメリカ映画を中心に熱心に映画を見続けてきたことに大きな動機づけを与えていたのは、2人のアンダーソン、ポール
| 映画の感想文日記 | 2008/03/18 10:35 PM |
ダージリン急行 41点(100点満点中)
ここに座ってくれ 足を組んでくれ 公式サイト ウェス・アンダーソン監督による最新作。オーウェン・ウィルソンやジェイソン・シュワルツマンら"いつものメンバー"に、エイドリアン・ブロディが加わった三兄弟の、インドからヒマラヤへの旅を描いたロードムービー。
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2008/03/18 11:18 PM |
ダージリン急行
      ダージリン急行(2008年、アメリカ、20世紀FOX) http://microsites2.foxinternational.com/jp/darjeeling/    監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、他     
| ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2008/03/19 2:34 PM |
「ダージリン急行」
「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」と同じく、ナタリー・Pが出ていなかったら観なかった映画。(ナタリー・Pという言い方は私が勝手...
| 或る日の出来事 | 2008/03/19 8:48 PM |
ダージリン急行
長男フランシスの呼びかけで、次男ピーター、三男ジャックの男三兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行に乗り込みます。父の死の後、絶交していた三人ですが、フランシスは、インドの旅を通じて、兄弟の絆を取り戻そうとしていたのです。しかし、三人は、それぞれに
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2008/03/19 8:54 PM |
*ダージリン急行
☆☆☆☆★ 金持ちのアホ兄弟。 父親の遺品のことや、いなくなった母のことで揉めたりしているものの、 長男の提案で半強制的にダージリン急行での旅をする三人兄弟。 最初は「なんだ、このアホ達は!?」としか思えず、 こちらが置いて行かれている気分でしたが
| films addicted | 2008/03/19 11:50 PM |
「ダージリン急行」
JUGEMテーマ:映画 ウェス・アンダーソン監督の作品には 変な家族と変な人が出て来ます。 この作品もそうでした。 この人達、かなり変です。 でも何となく理解出来てしまう…。 「そういうこと、あるよね」とか 「そういう気分、わかる」なんて思いながら
| ハピネス道 | 2008/03/20 3:47 PM |
【2008-65】ダージリン急行(THE DARJEELING LIMITED)
人気ブログランキングの順位は? 家族の絆を探して ダージリン急行で インドを旅する あした、僕たちはどこにいるんだろう... 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/03/22 7:24 PM |
ダージリン急行
監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン    エイドリアン・ブロディ    ジェイソン・シュワルツマン    アンジェリカ・ヒューストン 3人の兄弟がダージリン急行に乗った。 インドへ“心の旅”をするために。 ちぐはぐで自分
| 菫色映画 | 2008/03/23 10:31 PM |
マジカル・ミステリー・ジャーニー〜『ダージリン急行』
 THE DARJEELING LIMITED  父の葬儀以来、一年間絶交状態だったホイットマン家の三兄弟。再会した彼らは ヒマラヤで修道女となっている母に...
| 真紅のthinkingdays | 2008/03/31 7:56 AM |
ダージリン急行
ダージンリン急行 3・8(土)@チネチッタ川崎 のらーりくらーりとしてるロードムービーは 眠気を誘うのも心地良くてスキだったりするのだけれど ちっとも眠くならずに最後まで楽しく鑑賞 なんだかよくわからないウチに終わっちゃう ナタリー・ポートマンが
| シュフのきまぐれシネマ | 2008/04/11 12:19 AM |