CHEAP THRILL

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『1900年』 | main | 真・映画日記(2)『ハーフェズ ペルシャの詩』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(1)『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
JUGEMテーマ:映画


1月19日(土)◆690日目◆
映画の紹介感想だけを書く。

実写映画では『チャーリーとチョコレート工場』以来の2年4ヶ月ぶりの作品。
主演のジョニー・デップはアニメ映画『コープス・ブライド』を含め6度目のティム・バートン作品出演。
他、『チャーリーとチョコレート工場』や『コープス・ブライド』でも共演したヘレナ・ボナム=カーターと
『ハリー・ポッター』シリーズのスネイブ先生役で有名なアラン・リックマン、
そして『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンが出演。

ターピン判事(アラン・リックマン)の策略で無実の罪を着せられ、流刑になっていた理髪師ベンジャミン・パーカー(ジョニー・デップ)がスウィーニー・トッドと名前を変えて15年ぶりにロンドンのフリート街に戻ってきた。
かつての自分の店に戻るとそこはみすぼらしいパイ屋になっていた。
店に入り女主人(ヘレナ・ボナム=パーカー)と話をつけ2階の空き部屋に再び自分の店を構え、自分を落とした判事などの復讐に備える…。

スウィーニー・トッドの復讐劇が中心になるので作品が全体的に暗い。

色彩的には『スリーピー・ホロウ』や『コープス・ブライド』に近いが、
『コープス・ブライド』には少しあった明るさを排し、
やや猟鬼的な復讐劇に徹底している。
それをいくらかミュージカルで中和しているとはいえ、
全体に浸透している悲壮感は拭えない。
こういった辺りは『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』が好きなバートン・ファンには抵抗がありえる。

しかしながら、モノクロームの色彩にはなにか現代性を感じられるものがあった。
恥ずかしながら、今のアメリカの社会の状況がどうとか詳しいことは言えないけど、少なくとも好景気ではないだろう。

ここでの色彩は人々の幸・不幸の精神性がよく表れている。

『コープス・ブライド』と今回と似たような色調の作品が続いたのは偶然ではないだろう。

そうすると、過去の回想シーンは……『シザーハンズ』か?勘繰りすぎか(笑)。
いずれにせよ、暗い時代に対するメッセージが終盤に見られるし、
いままでのバートンにはなかった思い切りのある作品になっている。

点数は9点。

過去の作品のファンがどれだけついていけるか心配だが、
それを振りきったバートンは素晴らしい。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(4) | trackbacks(27) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
いわいまさか (2008/02/25 8:12 AM)
どうも。スウィーニートッド観ました。「ミュージカルで中和」とは言えてます。きっついストーリーがマイルドに見えるし、通常なら難しいであろう心情表現も歌わせればいいという。
kira (2008/02/29 11:04 PM)
TB,ありがとうございました♪
どうしてもこちらからのTBが反映されませんので
申し訳ないのですが、
記事URLを貼っておきますね。

http://blog.goo.ne.jp/kirara-_-_2006/e/760c534731e1d54f6cc0794183c1ab47
hyoutan2005 (2008/03/08 9:13 PM)
>過去の作品のファンがどれだけついていけるか心配だが、
それを振りきったバートンは素晴らしい。

確かに。
この手の映像が苦手な私は正直びっくりしたくらいの出血量でした。
監督とジョニー・デップが作りたいものを作った、と言う気がしています。
happy (2008/03/13 2:16 PM)
こんにちは!
たくさんのTB有難うございました!
大変遅くなってしまいすみませんでした(^_^;)

私も今回は思いっきりのある作品だと思いました。
ティムが長年待ち続けた作品だけに思い入れも強く感じましたし
何度も真っ逆さまに落とすシーンなんてこだわり(悪ノリ?)も見えて
強烈でした^^;

こちらからもTBさせて頂きますね〜









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/875
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 Sweeney Todd
ゴールデン・グローブ賞を受賞した作品、ということで、観ておかないと。 それにジョニー・デップだし、という「スウィーニー・トッド 」。 「UCとしまえん 」は、それなりの人出。 「スウィーニー・トッド 」は、大きめのスクリーンで2〜3割。 ま、こ
| いい加減社長の日記 | 2008/01/27 12:43 AM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 70点(100点満点中)
ヒゲとボイン 公式サイト 1846年にイギリスの雑誌に連載された小説を原作に、翌1847年に『THE DEMON BARBAR OF FLEET STREET(フリート街の悪魔の床屋)』のタイトルで上演された舞台劇が元となり、いつの間にか「実在の話」として都市伝説化した物語が、1979年にヒ
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2008/01/27 1:17 AM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
あるいは、 笑わない男vs.顔の固まった少年 イギリスの劇作家ジョージ・D.ピット原作、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演。手元の英和辞典でもSweeney Toddがヒットするくらい有名な物語だ。何度も映画化され、ブロードウェー・ミュージカルにもなっている
| 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2008/02/17 9:42 AM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
19世紀ロンドン。 妻ルーシーと幼い娘と幸せに暮らす理髪師のベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、 妻に恋心を抱いたターピン判...
| 心のままに映画の風景 | 2008/02/19 4:17 PM |
「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
JUGEMテーマ:映画 ティム・バートン&ジョニー・デップ 天才的な表現者である二人がそろったからこそ作れた映画だと思いました。 二人ともがお互いの才能に感謝しあっている事でしょう。 どの場面もアートとしての美しさをそなえ ジョニー・デップの歌声は歌
| ハピネス道 | 2008/02/24 12:42 AM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
さすがに初日だけあって大混雑でした。やはりジョニー人気なんでしょうか。
| B級パラダイス | 2008/03/02 9:01 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
ターピン判事(アラン・リックマン)の策略で島流しにされた理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、スウィーニー・トッドと名を変えてロンドンに帰って来た。
| I am invincible ! | 2008/03/03 10:32 PM |
映画「スウィーニー・トッド  フリート街の悪魔の理髪師」
今度のジョニー・デップは殺人理髪師。 もうそれだけで、観たくて仕方かなかった。 しかも直前にゴールデングローブ賞の作品賞と主演男優賞を受賞したと聞き、初日に鑑賞。 
| That's the Way Life Goes | 2008/03/03 10:51 PM |
『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 実は最近美容院へ行くようになりました。今まではクルクルと回転する赤と青のカラーバーが目印の散髪屋で切ってもらう事が多かったのですが、呑み屋で知り合った人が美容院で勤めているという事だったので自分の髪も切って貰うことに。  美容院と散髪屋。同じ髪を
| 映画大陸 | 2008/03/03 11:11 PM |
スウィーニー・トッド
ティム・バートン監督 19世紀のロンドン。理髪師のスウィーニー(元ベンジャミン)は、ターピン判事によって無実の罪を着せられ、妻と娘を奪われる。15年後、脱獄し妻子のもとに戻った彼に、大家のパイ店女主人ラベットは「妻は毒をあおり、娘は養女にされた」と告げ
| BUNPITUノHIBI | 2008/03/04 4:48 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師’07:米 ◆原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET◆監督: ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」 「シザーハンズ」◆出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リ
| C'est Joli | 2008/03/04 9:49 PM |
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 @新宿ミラノ座1
舞台は19世紀の英国、ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手には
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/03/05 11:14 PM |
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
ようこそ。フリート街のこの店へ。
| 悠雅的生活 | 2008/03/06 7:43 PM |
スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師
「スウィーニー・トッド /フリート街の悪魔の理髪師」 2008年 米 ★★★ 映画ブロガー様の間でも超のつく人気を誇るジョニー・デップの新作!! 「パフューム」と雰囲気が似ていて、200年ぐらい前のヨーロッパの古めかしい ダークな映像は独創的で
| とんとん亭 | 2008/03/06 10:40 PM |
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師(2007):Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street
舞台のお好きな方ならご存知であろう、あの有名な理髪屋の話です。 大まかなストーリーは知ってたけど、さほど興味が沸かなくて舞台版は未見。 トニー賞授賞式で見たパフォーマンスもあまり好みではなかったし・・・ 当初はそう思っていたけど、ティム・バートン監督
| 昨夜の一杯 | 2008/03/07 2:50 PM |
殺人鬼の歌声は美しく響く〜スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 SWEENEY TODDSWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET (2007年・アメリカ/117分)R−15 2008年1月8日(火)ジャパンプレミア試写会にて鑑賞 ジャパンプレミア・レッドカーペット報
| ひょうたんからこまッ・Part? | 2008/03/08 9:10 PM |
映画『Sweeney Todd』劇場鑑賞
Tim Burton監督とJohnny Deppによる黄金コンビの最新作、『Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(邦題:スウィーニー・トッド−フリート街の悪魔の理髪師)』を観て来ました。 このコンビの作品は個人的に好きな作品ばかりなんですが、その中で一番衝撃を
| 蛇足帳~blogばん~ | 2008/03/08 10:15 PM |
スウィーニー・トッド −フリート街の悪魔の理髪師−(ネタバレあり)
一昨日に引き続きスウィーニーネタです。 ネタバレと書いちゃいますが、これミュージカルでやってるから内容知ってる人も多いんですよね(汗) ところで皆様は「美容師」と「理容師」の違いってご存知?
| エミの気紛れ日記 | 2008/03/09 1:11 AM |
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』2008・1・27に観ました
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開
| 映画と秋葉原と日記 | 2008/03/09 9:01 AM |
スウィーニー・トッド 、フリーク街の悪魔の理髪師/SWEENEY TODD
『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンの"詰め物"なんか、嫌ですね〜。 ミートパイも、しばらく食べたくないっ(笑) 試写会で観たもの...
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2008/03/09 1:51 PM |
スウィニー・トッド☆独り言
実は、去年の1月に舞台で観ました。その時の主演は市村正親さんと大竹しのぶさん。ミセス・ラベット演じた大竹しのぶさんの怪演(?)がかなり印象強かったんだけど(笑)ってことで、ストーリーは把握しちゃっての鑑賞ですがオープニング映像から、思わずにんまりしちゃ
| 黒猫のうたた寝 | 2008/03/10 11:30 PM |
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
      19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事(アラン・リックマン)の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されて
| 映画&楽しい一日♪ | 2008/03/13 2:32 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
1月19日(土)ユナイテッドシネマ豊洲 観るなら夜中と決めていたのでナイトショーで初日鑑賞 これで終わりっぽいけど、これからどんな展開にするのかなーんて思ってたらホントに終わりでした。 いえね、せいぜい一時間いったかいかないか程度だと思ってたので、
| シュフのきまぐれシネマ | 2008/03/18 10:09 PM |
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
「デリカテッセン」+「ムーラン・ルージュ」みたいなのかな〜、と思って「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」観ました。 ...
| クマの巣 | 2008/03/30 6:26 PM |
血まみれジョニー〜『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』
 SWEENEY TODD:  THE DEMON BARBER  OF FLEET STREET  ロンドン・フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、悪徳判事 ...
| 真紅のthinkingdays | 2008/03/31 7:48 AM |
映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
もとはミュージカルですから、ミュージカルが苦手・嫌いな人は見ない方がいいですよ。 最初から最期までセリフもありましたがほとんど歌って...
| ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ | 2008/04/24 7:29 PM |
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
 グロテスクなミュージカル。その執念と憎悪はシュールな極細美にかたどられジョニー・デップの表情に嬉々として、生き生きと現れる。  19世紀のロンドンで理不尽な境遇に落とし込まれた男がいた。その名はベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)
| とにかく、映画好きなもので。 | 2008/05/04 8:05 AM |