CHEAP THRILL

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『レンブラントの夜警』 | main | 真・映画日記(1)『ジェシー・ジェームズの暗殺』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『奇跡』
JUGEMテーマ:映画


1月13日(日)◆684日目◆

この日は自宅でまったり。
夕方頃、前に録画していた『奇跡』を見る。

1955年の作品。モノクロ。
監督はカール・ドライヤー。

裕福な農家ボーエン一家。
長男ミケルは妻インガと二人の娘がいて、妻は三人目を妊娠している。
次男ヨハネスは神学の勉強のしすぎで乱心。
三男アーナスは仕立て屋の娘アンネに恋をするが、
宗教上の理由で結婚を許されない。


ストーリーは
インガの出産と
アーナスとアンネの結婚承諾が軸になる。

いわば、「デンマーク版の小津映画」に宗教色を加えたもの。
ヨハネスの乱心は最後になって意味がある。

全体的にゆったりとしていて、ごく普通のデンマークの農家を見る。
やたらとコーヒーを飲んだり、
パイプや葉巻を吸っているのが印象的。
この辺りキリスト教徒としてOKなんだね。

点数は9点。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。