CHEAP THRILL

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『再会の街で』 | main | 真・映画日記『フリーゾーン』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『雨月物語』
JUGEMテーマ:映画


1月6日(日)◆677日目◆

朝8時すぎに帰宅。

昼前に家を出て映画を見に行く予定だったが、
翌日の初仕事に備えて自宅でゆったり。

夕方前くらいに『雨月物語』を見る。

昭和28年の作品。モノクロ。

うん、このボロさ、暗さがもともとのニッポンなんだね。

琵琶湖近郊に住む陶芸家の源十郎は弟とそれぞれの妻と一緒に都で陶芸を売りに行くことに。
途中で源十郎の妻子を戻して3人で都に出ると、
源十郎は綺麗な女性にハマり享楽の日々に、
弟は妻を置いて侍になった…。

物で貨幣を得る資本主義の喜びや金による欲、
男の性欲と出世欲、
そしてこれらに置き去りにされる女性たち……とありあらゆるヒトの根源的なものが描かれている。
そこに能や歌舞伎的な要素、雰囲気(音楽)など日本古来の独特な文化を見せつけられた気がする。
これらはイマドキの時代劇映画にはないよね。
その中で源十郎と女性とのやりとりなんてまるで怪談みたいだしね。

それでいて貧乏な田舎村と多くの人で賑わう都(都会)をはっきりと見せている。

そして、なによりも光、影、闇の入れ方が抜群。光なんか月明かりなんだよ。
リアリティすぎるよ!

点数は文句なし10点満点!



 

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。
雨月物語
「溝口健二没後50年プロジェクト」の一環として、恵比寿ガーデンシネマで「溝口健二の映画」と題する特別企画上映が行われています。 9月16日に、溝口健二の代表作といっても良い「雨月物語」の上映があり、観に行ってきました。 ニュープリントとはいえ、白黒の
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2008/03/03 9:39 PM |