CHEAP THRILL

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『プロデューサーズ』 | main | 真・映画日記『存在の耐えられない軽さ』他1本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『アリゾナ・ドリーム』
いつものように通勤電車で日記を更新。
途中、猛烈に眠くなったので、
キリのイイところで一旦止めて、神谷町まで寝る。
スタバでモーニング・コーヒー(アメリカン)を飲みながら再び更新。
『プロデューサーズ』の評を書いたところで、再び手を休め、寝る。
8時10分に店を出る。

この日は今週働いた中でも一番楽だった。
月曜と金曜に忙しくなるウチの会社としては珍しい。
18時に終業。
TSUTAYA新橋店へ。
エミール・クストリッツァの『パパは出張中』を返却。
フトコロが若干寂しくなってきたのでクラブや映画館も自粛モードの週末。
ということで借りるものを慎重に選ぶ。

この日借りたのは
・『存在の耐えられない軽さ』
マイミクのRIEぴーちさんのオススメ。フランス映画のコーナーで発見。
・『焼け石に水』
フランソワ・オゾンの作品。地元のTSUTAYAにはない。来週末『僕を葬(おく)る』があるのでその予習。
・『アリゾナ・ドリーム』
恋愛映画のコーナーで見つける。
監督はエミール・クストリッツァ。主演はジョニデ。

この3本を借りて店を出る。
20時前である。
1時間半近く店にいたことになる。

地下鉄霞ヶ関駅まで歩く。
神谷町よりは近い。
帰りの電車の中で日記の続きを書こうとするも……書く気にならず。
こういう時もある。
「真・映画日記」の核になっている映画のパートは既に書いた。
いわばあとはおまけみたいなもの。
とりあえず、新越谷まで寝る。
家には22時半に着く。
23時から『アリゾナ・ドリーム』を見る。

1991年の作品。
監督はエミール・クストリッツァ。
主演はジョニデ。
ほかにヴィンセント・ギャロやジェリー・ルイスが出演。
ジョニデの役はアクセルという青年。
魚を尊敬し、アラスカでエスキモーの生活をする夢を見ている。
友人のポール(ヴィンセント・ギャロ)は俳優になることが夢で、オーディションを受けているが、叶わない。
この二人が映画館でエイレンとグレースをナンパし仲良くなるが、
エイレンは綺麗な熟女で旦那と別れ独り身、
グレースは彼女の義理の娘、という少し複雑な環境の中での恋愛…
「夢」というのをテーマにしながらも、
使われて働く“資本主義批判”もちらりといれている。

アクセルの叔父にあたるレオ(ジェリー・ルイス)は夢であるキャデラック売り(ディーラー)を実際にやっている。
レオは甥のアクセルにもディーラーの仕事をすすめ手伝わせるが、
そんなものに興味がないアクセルにはちっとも面白く思わない。
人の夢ってそんなもんですね。
レオのエピソードはわかりやすくこの作品の言わんとしていることが伝わる。

たとえば、今働いている会社って、どこにせよ創業者(=社長?)のやりたいこと・夢だったりする。
ホンダの創業者を考えればわかりやすいかな。
それ以外の人(従業員)って夢のお手伝いをしているようなものなんだね。
そういう概念を気がつかせてくれるにはなかなかな作品である。
『パパは出張中』と比べると空を飛ぶ魚が出てきたりするので、
エミールらしいファンタジーさは感じる。
けど、エミールの作品にしては異様に映像がクリアである。
なので、この監督ならではの異国情緒が薄い。
エミールの作品では話の面白さよりも重要かも。
このため、点数は7点。
音楽もいつもみたいに一つのものをリフレインで聞かせないのもよろしくない。

2時に寝る。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(1) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
たろ (2006/09/27 11:33 PM)
こんばんは。
こちらの記事にも、弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、僕は今一つの印象を持ちましたが、主人公の叔父 レオ役を演じたジェリー・ルイスさんの演技は良かったです。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/70
(今日の映画) 「アリゾナ・ドリーム」 エミール・クストリッツァ監督作品
アリゾナ・ドリーム
| Kozmic Blues by TM | 2006/08/05 11:20 PM |
大きな木の下に穴を掘って秘密をささやき、そっと埋める〜映画「2046」、「アリゾナ・ドリーム」
こんばんは。 とても暑い土曜日です。 今日はビデオで観た2本の映画について。 1.『アリゾナ・ドリーム(ARIZONA DREAM)』 (‘92年 フランス) ニューヨークの漁業局で毎日、魚を数える仕事をしている アクセル(ジョニー・デップさん)の夢は、アラスカ
| ** Paradise Garage ** | 2006/09/27 11:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/25 9:31 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/27 12:51 AM |
buy fioricet
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| buy fioricet | 2006/12/11 6:04 PM |
muzoboz0935
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| muzoboz0935 | 2007/01/10 3:11 AM |
こんなにおいしい話があっていいのでしょうか?
小売業の電話番・受付の方へとても耳寄りな情報があります。遅くまで残業して疲れて仕事から帰ってきてからでも簡単にできるお金稼ぎの情報です。いえいえこれは受付のお仕事であれば仕事中にでもできてしまうのです。お客さんを待っている間にちょこちょこ...
| | 2007/01/17 5:49 PM |
アリゾナ・ドリーム
【ARIZONA DREAM】1992年/フランス 監督:エミール・クストリッツァ  出演:ジョニー・デップ、ジェリー・ルイス、フェイ・ダナウェイ、リリ・テイラー、ヴィンセント・ギャロ ジョニー・デップ主演のこの作品、私
| BLACK&WHITE | 2007/06/17 1:10 AM |