CHEAP THRILL

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記番外編3・24 | main | 真・映画日記番外編3・25 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『黒い眼のオペラ』
3月25日(日)

朝9時半に起きる。
前の日は7時半起きでも十分だったのに、
この日はいくら寝ても足りない感じ。
土日ってスタートが遅いと損した気分になる。
午前中から動くのがベスト。

なんとか11時に外出。

渋谷へ向かう。
午後12時半に到着。
宮益坂方面にある「イメージ・フォーラム」へ。
受付で整理番号をもらう。
5番か。そんなに入らないな。
近くのスタバで時間を潰す。

1時半前に戻り、劇場へ。
ど真ん中の席をとる。

案の定、40人もいない。

映画はツァイ・ミンリャンらしいゆったりしたもの。
終盤、ラストは中々。


台湾映画というか、マレーシア映画とでもいうか。
舞台はマレーシア。
主人公シャオカンは怪しいのみ賭博に手を出すが、
トラブルにあいボコボコにされる。
道で倒れていると
マットを拾って運んでいた青年たちに助けられ、
彼らが住む廃墟へ運ばれる。
シャオカンはそこでラワンから手厚い看護を受ける。

その廃墟の近くには食堂がある。
そこではシャンチーという女性が屋根裏に住み込みながら、
食堂の仕事や
女主人の寝たきりの息子を看病していた。

ある日、いくらか回復し外を出歩いていたシャオカンは別の食堂でシャンチーと出会う。
シャオカンはシャンチーに惚れ、
彼女につきまとう。
はじめは嫌がられるが、彼女をストーキングし食堂をうろついていると、
シャオカンは女主人から誘いを受けてしまう。


序盤、シャオカンの話と
シャンチーの話が接点がなくゆったりと展開するので、
つかみにくい。
しかし、出てくるキャラが接点を持ちはじめるとストーリーがつかめてくる。
なぜ、ラワンはシャオカンに優しかったか?
それが突如終盤わかる。
その時のラワンの眼の演技がすごいねえ。

前作『西瓜』では西瓜がキーになっていたけど、
今回はマットレスと廃墟、
あとテレビやラジオから流れるマレーシアの音楽かな。

『西瓜』は変態だったけど、
『黒い眼のオペラ』で見られるのは官能。
間合いとゆっくりとした動きが効を奏している。
終盤、というかラストは……某フランス映画に近いね。
それが何かと言ってしまったらネタバレになるので、
実際に見て感じて下さい。

点数は……オススメとしては8点。
個人的には9点。
ツァイ・ミンリャンに興味がある方は見た方がいい。
(番外編へ)

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(3) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
現象 (2007/05/14 1:02 AM)
コメント&TB失礼します。
ブログタイトルのロゴがかわりました?
かっこいいですね。
初めてのツァイ・ミンリャンだったんですが、
他作品も気になるところです。
「西瓜」が変態とあってはなおそそります。
じょ〜い (2007/05/16 10:01 PM)
現象さん

どうもです!
ケータイでは変わらないけど、
パソコンではいくらか変わりました!

ツァイ・ミンリャンの作品は………だいたいこんな感じです。
最近のキム・ギドクもこういう作風ですよね。
こうした方が世界各国で理解できそうだから、かな?
マダム・クニコ (2008/03/08 12:11 PM)
TBに感謝!

最も好きな監督の一人です。
官能性は、アン・リー「ラストコーション」よりもすごいですね。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/516
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/26 12:41 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/26 1:41 PM |
本仮屋ユイカのトロンボーン・ソロ
本仮屋ユイカ、『スウィングガールズ』でジャズの名曲「シング・シング・シング」演奏時のトロンボーンソロ。ちょっと短いけどね。一応吹けてるが、まあこんなもんでしょうね、音も出せない段階から練習したと言うんだから。↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓本仮屋ユイカのトロンボ...
| 本仮屋ユイカ 画像広場 | 2007/03/26 3:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/26 8:15 PM |
マンスリーマンションをこれからご利用の方の手引書
こんばんは、いつもトラックバックやコメントをいただきまことにありがとうございます。このたび私もこのようなサイトを造りましたのでご挨拶に参りました、どうか今後ともよろしくお願いいたします。
| マンスリーマンションをこれからご利用の方の手引書 | 2007/03/27 1:12 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/27 1:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/27 3:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/27 5:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/28 12:36 AM |
黒い眼のオペラ
どこか優しくあたたかい
| シャーロットの涙 | 2007/04/06 11:04 PM |
黒い眼のオペラ
言葉が少ないこの作品。 個人的に侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の百年恋歌を観た際と同様、披露疲労していたため、ゆったりとした場面では。、多少うつらうつらしてしまった。 しかし、この蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)作品三作一挙上映を観た感動もそのままに、
| しぇんて的風来坊ブログ | 2007/04/07 7:42 AM |
『黒眼圏』 -東京フィルメックス- その4 (『黒い眼のオペラ』)
またしても奇天烈に素晴らしい!クロージングを飾るにふさわしく。 I Don't Want to Sleep Alone. 舞台は監督ツァイ・ミンリャンの故郷マレーシアでリー・カンションは二役を演じる。今回のリー・カンションは髪が長くてワイルドだ。片や、もう一役の昏睡状態でベッ
| かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2007/04/07 7:22 PM |
『黒い眼のオペラ』の豊饒
冒頭。身じろぎもせずベッドに横たわる男の傍らで、窓から風が吹きこみ白いカーテンが
| Days of Books, Films | 2007/04/13 12:17 AM |
脚付きマットレス(シングルマット リリー2)
ベッドにソファに使い方自在のボンネルコイルマットレス。直径60cmの無垢脚を6本使用し、中央部分の凹みを解消。コイル数 204/布張り巾96×長さ196×ヘッド高36cm色名 アイボリー/ナチュラル【商品の詳細はこちらから 楽天 ニトリ】脚付きマットレス(シ...
| ニトリで始める快適生活【ニトリ ログ】 | 2007/05/04 8:10 AM |
黒い眼のオペラ@シアター・イメージフォーラム
初めて一人で行った海外がマレーシアだった。バングラデシュとインドを友人と旅行した際のカルチャーショックも相当だったが、その次にバックパックを背負った時、単身クアラルンプールに降りた覚悟は今も鮮明に覚えている。そこからタイとインドネシアを周遊し、つけた
| ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2007/05/14 12:59 AM |
黒い眼のオペラ:運んでいるマットレスは死体に見えた シアターイメージフォーラム
タイトル:黒い眼のオペラ 監督・脚本:ツァイ・ミンリャン(蔡明亮) 出演:リー・カンション/チェン・シャンチー/ノーマン・アトン/パーリー・チュア 製作:2006年台/仏/墺 マレーシアのどこかの町。熱帯特有の熱い空気感と、高層ビルの風景。 外国人風の男シャオ
| 気ままに映画日記☆ | 2007/05/21 10:52 PM |
「黒い眼のオペラ」 I don't want to sleep alone
何なんだろう、この余韻は。観てから3日、心の襞にぺたりと吸い付くように残ってしまった独特の余韻ーーー。 ほとんどフィックスされたカメラが映し出すワンシーンワンカットの映像から東南アジア独特の湿気がスクリーン越しに伝わってくる。 舞台はマレーシアの首都
| 俺の明日はどっちだ | 2007/07/15 8:54 PM |
『黒い眼のオペラ』・・・
2006年:台湾+フランス+オーストリア合作映画、ツァイ・ミンリャン監督。
| 〜青いそよ風が吹く街角〜 | 2007/08/08 1:45 AM |