CHEAP THRILL

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(2)『輝く夜明けに向かって』 | main | 真・映画日記『ヴァージン・スーサイズ』2回目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『タナカヒロシのすべて』
1月29日(月)

この日の夕方、
つまり会社終業後から、
フリーペーパー「CHEAP THRILL」の編集というか作製。
ほとんど作り直し。
ワードでの編集からパワーポイントでの作製に変える。
この日は2コーナーだけ。
AKINO LEEさんのカレーのコラムで実物の写真がほしかったので、
編集を止め、
神保町にある「ボンディ」というカレー屋に直行。
実際に食べることに。

内幸町駅から三田線で神保町へ。
A1の出口から古書センター2階にある「ボンディ」に。
店内はほぼ満席。
リーマン3人組と相席になる。
会社帰りの食事会とおぼしきグループが見られる中、
一人で来ている女性客も何人かいる。
「CHEAP THRILL」でAKINO LEEさんがオススメしている「ビーフカレーのチーズのせ」を頼む。
早速来たカレーを写メで撮る。
恥ずかしさのあまり、うまく撮れなかったが、
一応使える写真が出来た。

うまさに関しては当然……というか、チェーン店を出している「B」とか「C」より遥かにうまい!
カレー、ライスと一緒にゆでたじゃがいもが2つ出る。
え、バターをつけてガブリ、かなあ?
それとも砕いてカレーに入れるのか?
少し使い方に迷う。

両隣りの席を見ると、
カレーとは別にじゃがバタをピンで食べているが、
なーーんか、絵的におかしい。
ということで、皮をむき、ライスが空いた部分にじゃがいもをのせスプーンで砕くことに。
スプーンがカチカチと食器に鳴らしてしまう。
……これもこれで変だったが、
他のテーブルからもカチカチと音がした。
どうやら間違いではないようだ。
こうやってカレーを食べると
ちょい辛の中辛でも辛さが淡くなり、
マイルドになる。
あまりのマイルドさ、うまさで5分くらいで完食。


10時半に地元吉川に着きTSUTAYAに寄り
『タナカヒロシのすべて』を借りる。

家に着き、日記を仕上げる。
12時半から借りたDVDを見る。

2005年の5月に公開。
改めて見てわかった面白さと
突き抜けて高い評価をつけなかった理由もわかった。

監督は田中誠。
主演は鳥肌実。
他、加賀まり子、ユンソナ、伊武雅刀、高橋克巳、
そしてちょい役で鈴木実や昭和のいる・こいるがチョイ役で出演。

タナカヒロシ、32歳。独身で両親と同居。
かつら工場の経理。
彼女はもちろん、友達、趣味もなく、
かつ会社の同僚との付き合いも悪く、
マイペースな日々。

両親や会社の上司に将来を心配されお見合いをすすめられるも、
当日バックレる。
そんなある日、父が病に倒れそのまま亡くなる。
少しづつ平凡な日々に陰がさしてくる。


地味で無口でかなり不器用なサラリーマンの話をユーモラスに描く。
タナカヒロシは単に孤独、というより勝手に孤独。
独り暮らしをしていないので、
本当の独りのさみしさを知らない。
誰かがいる中でこそぽつんといて
マイペースに過ごしている。

って、今この文を書いているボクがそうだからよくわかる(笑)。

要はすごくぼんやりして周りのことに飲まれている。
お見合いにしても「テルミンと俳句の会」にしても後半に出てくる悪徳リフォーム業者にダマされる辺りがまさにそうだ。
ということは、ボクも気をつけろってこと?
それでいて、周りの女性のオイシイ合図に気がつかない。
……これまた身に覚えが……。

とにかく30前後の不器用な独身男性をよく描いている。

そしてなによりも映像がすばらしい。
構図にしろ色彩感覚にしてもなかなかのセンスである。

後半少しダレる。
前半よりもゆったりしたテンポになり、飽きてくる。
点数は8点。
2時に寝る。



| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。
『タナカヒロシのすべて』
 前に何の前触れもなく突如友人から「鳥肌実とか好きそうだね」なんて話を振られたことがあります。  鳥肌実・・・確かに名前くらいは知っていたが、当時は何をやっている人なのかは詳しく知りませんでしたので「あまり知らない」と答えたら「絶対好きだと思うよ」な
| 映画大陸 | 2007/05/04 12:56 PM |
映画「タナカヒロシのすべて」
映画館にて「タナカヒロシのすべて」★★ 鳥肌実という人を全く知らなかった。 予告編を見た時から興味をそそられて見に行ったのだけど・・・変な映画だった(笑) ストーリー: かつら工場に勤務する32歳独身のタナカヒロシ(鳥肌実)は、会社で同僚や上司との付き合
| ミチの雑記帳 | 2007/05/10 10:05 PM |
鳥肌実
30日間おためしインスタントレターはこちらはげでお悩みですか!情報起業家とか偉い人にも結構はげが多いのではないでしょうか?はげプランナーとかいう方々も活躍していますし商材も売れているようです。でもやっぱりフサフサになるのは難しいですね。RankingRoom --5/
| ヤニクシルバー情報商材 | 2007/05/17 12:52 PM |
映画「タナカヒロシのすべて」
亭主が出張中はお勉強するはずだったのでは??(苦笑) 本日はレディース・デイで千円ですが、『タナカさん、ヒロシさん』も千円ですよ〜!!
| ちょっとひとことええでっかぁ〜♪ | 2007/06/06 9:34 PM |