CHEAP THRILL

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(1)『サバイバル・ビーチ』 | main | 真・映画日記『ディパーテッド』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(2)『マリー・アントワネット』
(1からのつづき)
午後10時半過ぎ、「東中野ポレポレ」を出て新宿に移動。

コマ劇場前にある映画館で『マリー・アントワネット』が先行上映されているので見に行くことに。

12時ちょうどから始まった。

ファッション、音楽、テーマなど
ソフィア・コッポラがやりたかった世界観が爆発している。
これは好き・嫌いがはっきり別れるとみた。
ボクは大好き!
従来の歴史映画の概念を破壊したソフィアのセンスに脱帽である。

主演は『ヴァージン・スーサイド』、『スパイダーマン』シリーズのキルスティン・ダンスト。
ルイ16世役に『スパン』、『ハッカビーズ』のジェイソン・シュワルツマン。
他、マリアンヌ・フェイスフル、アーシア・アルジェント、シャーリー・ヘンダーソンなどが出演。

時は18世紀半ば過ぎ、
オーストリア皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は
母親であるマリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令により、
フランス王太子のもとに嫁ぐことに。
馬車でオーストリアとフランスの国境に向かい、
そこで引き渡しの儀式でフランスの服に着替え、
マリー・アントワネットとなる。

ヴェルサイユ宮殿に向かう途中の森でマリーは
弟たちとフェンシングごっこに興じるルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワルツマン)と会い挨拶をする。
ルイはマリーより1つ年上だが、
マリーにはルイが子どもっぽく見えた。
こうしてマリーはヴェルサイユ宮殿でルイと結婚式をあげるが、
彼女を待ち受けていたのはフランス王妃としてのヴェルサイユ宮殿での奇妙な生活だった。
大勢に監視される結婚初夜に始まり、
早朝の大勢の侍女により行われる着替えや
クラシックの生演奏付きの豪勢な朝食など
ものすごく贅沢な毎日。
徐々にヴェルサイユでの生活に慣れていくマリーだが、
夫ルイとうまくいかない。
ベッドで一緒に寝てもかまってもらえず先に寝られたり、
食事やほかの行動でもルイはつねにマイペース。
そんなルイにマリーは日々ストレスをつのらせ、
それを発散というか紛らわせるために、
靴やドレスに宝石、
ケーキやシャンパンなど
派手な浪費をし始め、
ギャンブルとパーティーに明け暮れるように。


この『マリー・アントワネット』は史実の根本だけを残し、
ソフィアが大きく味付けをしている。

それがロックやポップの軽快なBGMであり、
フランス人にこだわらないキャスティング、
とにかくきらびやかなドレス・礼服のファッション・色彩感覚である。
パンフレットによれば18世紀半ばに生クリームのケーキ菓子などなかったそうだし、
花火の仕掛けだってもっと単純なものだったように考えられる。
いろいろつっこみ出したらキリがないが、
この作品の重要な所はそういったソフィア・テイストを見るものがどう感じとるか、である。
ここで生真面目な人だと「こんなの違う!」と言うだろうが、
ボクからすれば生真面目な歴史映画の方がまるで学校の教科書のようで退屈に思えるから、
ソフィアによるこの歴史映画にとらわれない演出は大変に愉快で面白い。
なによりも、映像の構図がすばらしい。
これは前作『ロスト・イン・トランスレーション』でも見られたが、
宮殿の外観を映したものやパーティーの様子、
マリーとルイの朝食の図など実に絵になる。
絵画を意識したシーンが多い。
こういった辺りが世界レベルの監督たる所以である。

この作品で一番大切なのは単なるマリー・アントワネットの伝記映画ではなく、
「フランス王妃になった少女マリー・アントワネット」の視点で描いていることだ。
『ヴァージン・スーサイド』では両親に内に内に追いやられる少女たちの憂鬱を、
『ロスト・イン・トランスレーション』では異国の地で孤独なもの同士のシンパシー(共感)からくる恋愛を。
そして『マリー・アントワネット』では贅沢三昧ができても愛に飢えている少女が見られる。
一見、孤独なようでいて友人や侍女がいつもいるのでそうでもない。

それとマリーだけでなく、
ルイの好きだけれど相手にうまく表現できない不器用さとナイーブさが見られたあたりもイイ。
メインになる二人だけでなく、
国王の愛人役を演じるアーシア・アルジェントのビッチぶりも見逃せない。
ラストカットがまたいいんだなあ!


点数は10点満点!
とにかくオープニングのファースト・カットを見て聞いて何を感じるか?
ちょっといい過ぎかもしれないが、
それが全てである。
いままでのソフィアの作品の中でも彼女らしさが一番でている。

今日はこの辺で。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(4) | trackbacks(68) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
くろねこ (2007/03/14 12:31 AM)
TBありがとうございます。
貧困も革命も一切が排除された豪華絢爛のフランス。これが彼女の瞳に写っていた世界だったのか・・。そう思うと感慨深い作品ではありました。でもちょっと物足りなかったかな・・。
じょ〜い (2007/03/15 6:41 AM)
くろねこさん

どうもです!
う〜ん、マリー以外についてはシャットアウトの「私中心映画」ですから……見方によっては深みは微妙かもしれませんね。
ユニ (2007/04/10 5:36 AM)
TBどうもです。
私もこれ嫌いじゃないです。
若いお友達には結構ウケてましたし。
よくよく見ると繊細なんですよね〜。
じょ〜い (2007/04/16 12:03 AM)
ユニさん

どうもです!
この映画は賛否両論真っ二つでしたね。

繊細さはまさにソフィアならではだと思います。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/444
『マリー・アントワネット』
監督:ソフィア・コッポラ CAST:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン 他 STORY:オーストリア皇女、マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)はフランスとの同盟のため14歳でフランス王太子、ルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュ
| Sweet* Days | 2007/01/23 6:56 PM |
マリー・アントワネット
キルスティン・ダンストは苦手です。。。でもマリー・アントワネットは、とても興味のある女性。。。え〜い、ガタガタ言ってないで観に行こうっと―【story】わずか14歳で単身オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット(キルスティン
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/01/23 7:18 PM |
マリー・アントワネット MARIE ANTOINETTE
今週は、「マリー・アントワネット 」「ディパーティッド 」と観たい映画が2本も公開されました。 来週は、「幸せのちから 」「どろろ 」も。 困ったもんです^^; 「UCとしまえん 」につくと、かなりの人が。 みんな、考えることは同じか?
| いいかげん社長の日記 | 2007/01/23 7:46 PM |
「マリー・アントワネット」
歴史劇(特に西洋)は重厚な雰囲気が苦手なので、最初はパスするつもりでした。でも「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが監督なのと、予告編の元気良さを見ると、俄然興味出てきたんですよね。 そこで先週「世界ふしぎ発見」のマリー・アント
| the borderland  | 2007/01/23 8:05 PM |
【2007-7】マリー・アントワネット(MARIE ANTOINETTE)
14歳で結婚、 18歳でフランス王妃、 彼女の名は、マリー・アントワネット 恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/01/23 8:52 PM |
マリー・アントワネット
ソフィア・コッポラ流コスプレ時代劇『マリー・アントワネット』 ヴェルサイユ宮殿を使った贅沢なロケだけでも見ものなので、飛びついて観てきました。 ★★★ 絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿ロケと、再現セット、正確に作られた衣装、贅沢な料理が見ものだけど、こういう
| そーれりぽーと | 2007/01/23 10:04 PM |
『 マリー・アントワネット 』
土曜は『 マリー・アントワネット 』を観た。 妹にディパーテッドとどっちにする?と訊くと、即答こっちだった。 さてさて、マリーアントワネットといえば、ベルサイユのばらなのですねぇ。 小学校入るかどうか頃にテレビアニメ化されて、夢中になってみたなぁ。 まだ
| My Style | 2007/01/23 10:09 PM |
マリー・アントワネット
マリー・アントワネット生誕250周年ということもあって、(モーツアルトもそうなのよ)色んな記事やいく種もの舞台も見てきたけれど。。。 これはソフィア・コッポラのカラーで描く、等身大の娘っ子マリーのお話{/hikari_pink/}{/hikari_pink/} 私はべるばら漫画も大好
| シャーロットの涙 | 2007/01/23 10:38 PM |
「マリー・アントワネット」
「Marie Antoinette」2006 USA/日本/フランス ソフィア・コッポラ「ラスト・イン・トランスレーション/2003」監督、脚本による“マリー・アントワネット”物語。 主演のフランス王妃マリー・アントワネットにキルスティン・ダンスト「エリザベスタウン/2005」。
| ヨーロッパ映画を観よう! | 2007/01/23 10:51 PM |
マリー・アントワネット
マリー・アントワネット  1/20(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト他 ★★★★☆ 飴色地獄にヤ・ら・れ・た・ オープニングのタイトル文字がPINKでPUNK! うっほ〜!ピストルズっ
| シュフのきまぐれシネマ | 2007/01/23 11:16 PM |
感想/マリー・アントワネット(試写)
こいつも女性誌中心に話題沸騰、ソフィア・コッポラ最新作で一大歴史絵巻の『マリー・アントワネット』1月20日公開。世界で最も有名な王妃の1人、マリーをソフィア流に描き上げました。賛否わかれそうだけど、オレ的にはすっごい好み。 マリー・アントワネット 『
| APRIL FOOLS | 2007/01/24 12:41 AM |
「マリー・アントワネット」  Marie Antoinette
うっ・・・・・。 ニューオーダーを使った思っていた以上にポップな予告編そのままに、懐かしの Gang Of Four の曲が流れ、パンキッシュなタイトルクレジット、そして出演者クレジットにはなんとなんとマリアン・フェイスフル姉さんの名前が!という思わずワクワクさせ
| 俺の明日はどっちだ | 2007/01/24 2:02 AM |
マリー・アントワネット 30点(100点満点中)
ポリニャック伯夫人…誰だったかな 公式サイト ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演で、本物のヴェルサイユ宮殿を使用して撮影された、米国製映画。(だから全編英語) 日本でも、池田理代子の『ベルサイユのバラ』のマルチメディア的大ヒットに
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2007/01/24 8:07 AM |
マリー・アントワネット
最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃マリー・アントワネットに、新たな光をあてた物語。・・・・有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語を、1人の女性の成長期としてとらえた宮廷絵巻。幼くして故郷を離れ、異郷フランスの王室で必死に生きた女性の激動
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2007/01/24 9:20 AM |
マリー・アントワネット
淡白なドラマに眠気を誘われるも, 主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。
| Akira's VOICE | 2007/01/24 10:47 AM |
マリー・アントワネット/キルステン・ダンスト
ソフィア・コッポラが描くポップでロックな青春映画。舞台は18世紀のベルサイユ、主人公はあのマリー・アントワネット。でもこの作品は史劇でも伝記映画でもないんですよね。14歳という若さで母国オーストリアのためにフランス王家のちのルイ16世に嫁ぎ、慣れない生活様
| カノンな日々 | 2007/01/24 12:13 PM |
映画のご紹介(236) マリー・アントワネット
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(236) マリー・アントワネット-キルスティン+ソフィア=∞?! ひょっとしたら、キルスティン・ダンストという女優のことをひどく勘違いしていたのかもしれない。 この映画を
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2007/01/24 9:26 PM |
『マリー・アントワネット』〜2ロック対位法〜
『マリー・アントワネット』公式サイト 監督:ソフィア・コッポラ出演:キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン ジュディ・デイヴィスほか   【あらすじ】(goo映画より)オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐ
| Swing des Spoutniks | 2007/01/24 9:34 PM |
マリー・アントワネット
14歳で故国オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、18歳で王妃に即位した女性、マリー・アントワネット。最高の富と権力を手にした彼女は毎日を自由気ままに贅沢三昧で過ごしていくが、いつまで経っても世継ぎが生まれず、宮廷内での立場は少しずつ危うくなってい
| 5125年映画の旅 | 2007/01/24 10:06 PM |
『マリー・アントワネット』
古くも新しくもない、ソフィア・コッポラとキルスティン・ダンストによる、まったくオリジナルな『マリー・アントワネット』。 キャスティングが絶妙。どこか田舎臭さの残るキルスティン・ダンストの顔立ち、猫背気味の歩き方が、「オーストリアからフランスへ嫁いで来
| 試写会帰りに | 2007/01/24 10:39 PM |
「マリー・アントワネット」 記号から人間への還元
1月20日より公開の映画「マリー・アントワネット」の試写。監督はソフィア・コッポラ。出演はキルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフルほか。衣装はかつて2度のアカデミー賞受賞を誇るミレーナ・カノネ
| やまたくの音吐朗々Diary | 2007/01/24 11:16 PM |
映画〜マリー・アントワネット
 「マリー・アントワネット」公式サイト久しぶりの映画館鑑賞でした恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。14歳のオーストリア皇女(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シ
| きららのきらきら生活 | 2007/01/24 11:49 PM |
映画〜マリー・アントワネット
 「マリー・アントワネット」公式サイト久しぶりの映画館鑑賞でした恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。14歳のオーストリア皇女(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シ
| きららのきらきら生活 | 2007/01/24 11:49 PM |
贅沢三昧なセレブ生活。『マリー・アントワネット』
有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの生活を描いた作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2007/01/25 12:52 PM |
マリー・アントワネット
ソフィア・コッポラの新作である『マリー・アントワネット』を観てきました。ソフィアの世界全快の映画だったけど私は嫌いではなかったです。素晴らしい映像に大満足しましたよ。あっ、内容はどんなだっけ? オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ
| Alice in Wonderland | 2007/01/25 4:50 PM |
映画「マリー・アントワネット」
映画館にて「マリー・アントワネット」 ソフィア・コッポラ監督が描く世界一有名な王妃マリー・アントワネットの物語。 映画全体がピンク色であふれかえるほどのガーリームービーに仕上がっている。これはもう池田理代子の『ベルサイユのばら』と共に青春を送った私に
| ミチの雑記帳 | 2007/01/25 10:30 PM |
「マリー・アントワーネット」豪華な無駄を見るのは気持ちいい
「マリー・アントワーネット」★★★☆ キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツ主演 ソフィア・コッポラ 監督、2006年アメリカ 上映が終わって通路を歩いていると 「あの後どうなったの?」 「ギロチンで殺されたじゃん」 この虚しい会話を聞きな
| soramove | 2007/01/26 1:08 AM |
マリー・アントワネット
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ファンキーロックなプリンセス青春物語 
| カリスマ映画論 | 2007/01/26 8:09 PM |
ケーキが食べたくなるなる『マリー・アントワネット』
『マリー・アントワネット』有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語を、1人の女性の成長期としてとらえた宮廷絵巻。幼くして故郷を離れ、異郷フランスの王室で必死に生きた女性の激動の人生を丁寧に物語る。監督は『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィ
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2007/01/26 9:31 PM |
マリー・アントワネット
MARIE ANTOINETTE(2006) 上映時間 : 123分 製作国 : アメリカ 公開情報 劇場公開 (東宝東和=東北新社) 初公開年月 : 2007/01/20 恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な
| ドン子の映画とディズニー三昧 | 2007/01/26 11:03 PM |
マリー・アントワネット
14歳で嫁ぎ、18歳で王妃に。もうひとつのマリー・アントワネットの物語。
| 悠雅的生活 | 2007/01/27 12:33 AM |
マリー・アントワネット
カラフルな‘おもちゃ箱みたいな映画’〜〜予告編のイメージでは、煌びやかで華やかなマリーの世界を魅せる、まさに女性が楽しめる映画かと。 コスチューム、小物、髪型、宮殿、風景がハイトーンでセンスも良くワクワクさせてくれる。 衣装をオーダーするための鮮や
| future world | 2007/01/27 1:43 AM |
映画「マリー・アントワネット」
原題:Marie-Antoinette 「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わさ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/01/27 1:47 AM |
マリー・アントワネット(アメリカ)
監督にはこだわらん! といいつつもソフィア・コッポラ監督作品は意識しちゃう。 だって、ごっつ相性悪いんだもん。 だけどあの予告を観ちゃったら、年齢関係なく女子はワクワクしちゃうでしょー! ということで、「マリー・アントワネット」を観てきました! ( 
| 映画でココロの筋トレ | 2007/01/27 3:47 PM |
マリー・アントワネット
もしかして今年初めての映画&#63912; 悲しいな~週に1本は見たいのに~&#63896; 見てきました~&#63889; 面白かったです&#63898; 子供と見に行ったんだけどさ~ うさぎの年代ってみんな知ってるでしょ?すごく流行ったからさ&#63901; ベルサイユの
| ちわわぱらだいす | 2007/01/27 6:49 PM |
マリー・アントワネット
監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット)    ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)    アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)    マリアンヌ・フェイスフル(マリア・テレジア女帝)    リップ
| Lovely Cinema | 2007/01/28 12:22 AM |
映画「マリー・アントワネット」感想
今日、無事に映画「マリー・アントワネット」観行ける事が出来ましたァ| ^∀^)ノ 感想は続きから読んで下さいね(´▽`*)
| 自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪ | 2007/01/28 12:24 AM |
マリー・アントワネット
昨日、「マリー・アントワネット」を観に行ってきました。 私のイメージではクラシックが流れる優雅な場面を想像していたのですが、しょっぱなからポップで明るい曲にのって馬車が走り、びっくりしました。慣れるまでたいへん・・・。 14歳で嫁ぐマリー・アントワネ
| まぁず、なにやってんだか | 2007/01/28 7:26 PM |
★「マリー・アントワネット」
衝撃っ ひらりん、ダンスト派に転向か??? 今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。
| ひらりん的映画ブログ | 2007/01/29 3:23 AM |
マリー・アントワネット
  恋をした、 朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。   公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 123min 監督:ソフィア・コッポラ 主演:キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2007/02/02 11:23 AM |
マリー・アントワネット
 オーストリアの皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、母の命令によりフランス王太子の元に嫁ぐ事になった。  オーストリアとパリの国境で祖国を捨て、迎えの儀式により彼女は涙を見せる。しかし、新しい生活への期待と眺望はアントワーヌ
| とにかく、映画好きなもので。 | 2007/02/04 12:40 PM |
マリー・アントワネット★★★☆劇場17本目・マリーという一人...
1年以上前から、撮影しているという情報があってずっと楽しみにしていた、『マリー・アントワネット』を、1/26(金)に『なんばTOHOシネマ』で観てきました。時代背景は誰もが知っているでしょうから、この映画の解説は簡単に。有名な悲劇の王妃マリー・アント
| kaoritalyたる所以 | 2007/02/04 5:31 PM |
マリー・アントワネット
「教科書に出てくるマリー・アントワネットなんて無意味よ!」 と言い放ち、18世紀のルイ王朝を生きた実在の王妃を “今どきの女の子”的に描いてみせた、 かつてないほど大胆なソフィア・コッポラ監督流歴史絵巻! このゴージャス感は、新年気分にまさにピッタリ♪
| 映画とはずがたり | 2007/02/04 10:55 PM |
だって女の子なんだもん【マリー・アントワネット】
さすがソフィア・コッポラです。 時代劇をここまでアレンジしてしまうとは。 この衝
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2007/02/05 7:00 PM |
マリー・アントワネット
監督自身がマリー・アントワネットなんじゃない? ってほど豪華だった^^ 監督 ソフィア・コッポラ 出演 キルスティン・ダンスト 70年代後半から80年代にかけて流行った、 ポップミュージックを織り交ぜて、 マリー・アントワネットがフランス王太子
| PLANET OF THE BLUE | 2007/02/06 1:27 AM |
マリー・アントワネット
与えられし 運命の中での 生命謳歌   あの訳の分からない国のおかしな街、それって東京のことなんだけど、たまたま旦那の仕事についてきたばかりに放り出され、行き場を失う若妻の話「ロスト・イン・トランスレーション」を描いたソフィア・コッポラ監督作品。
| 空想俳人日記 | 2007/02/06 12:38 PM |
『マリー・アントワネット』
  『マリー・アントワネット』   恋をした、朝まで遊んだ、  全世界に見つめられながら。   フランス革命で公開断首された人が、生誕250周年なんてね。 当時は憎むべき対象だったのが、今では悲しきヒロインになってしまったということでしょうか? 勝手
| 唐揚げ大好き! | 2007/02/07 5:34 AM |
マリー・アントワネット
14歳のオーストリア皇女マリー・アントワネットは、母マリア・テレジアの命令でフランス王太子に嫁ぐことになる。 期待を胸に馬車に乗り込んだ彼女だったが、国境では衣装から下着までをフランス製のものに変えさせられ、愛犬まで取り上げられてしまう。 監督/ソ
| 紅梅日記 | 2007/02/08 1:54 AM |
マリー・アントワネット
マリー・アントワネット (監督 ソフィア・コッポラ) 原題: MARIE ANTOINETTE (2006) 2007年1月20日 日本初公開 公式サイト: http://www.ma-movie.jp/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン5 G-19 2007年2月1日(木)14時30分の回 ゴウ先生総
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2007/02/09 2:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/12 12:43 AM |
映画『MARIE ANTOINETTE』劇場鑑賞
Sofia Coppola監督&Kirsten Dunst主演で話題の映画『MARIE ANTOINETTE』を観て来ました。今年に入ってからなかなか映画館に足を運べなくて、やっと今年の初映画鑑賞となりましよ~。 日本では『ベルサイユのバラ』のお陰で悲劇の王妃として有名なMarie Antoinetteを
| 蛇足帳~blogばん~ | 2007/02/14 11:26 PM |
マリー・アントワネット (2006)
映画館で鑑賞です。『武士の一分』とどちらを見ようか迷ってたんだけど、今日は『マリー・アントワネット』にしました。 これはオープニングから裏切られましたね。ロックな音楽が流れ出した時は戸惑っちゃいましたよ。今までにソフィア・コッポラ監督作品を見た事が
| cinema or movie ? | 2007/02/22 4:32 PM |
マリー・アントワネット 2007-08
「マリー・アントワネット」を観てきました〜♪ オーストリアの皇女マリー(キルスティン・ダンスト)は、母親の命令でフランスの王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐ事になる。期待に胸を膨らませベルサイユ宮殿に乗り込んだマリーだったが・・・ 人気B
| 観たよ〜ん〜 | 2007/02/24 8:12 AM |
上映終了間近の「マリー・アントワネット」見てきました。
 上映終了間近のマリー・アントワネットをやっと、やっと見てきました。
| よしなしごと | 2007/02/26 3:23 AM |
マリー・アントワネット
フランス王、ルイ16世の妃だったマリー・アントワネット。フランス革命の際に、ギロチン台の露と消え、悲劇の王妃として(あるいは、「ベルサイユのバラ」の主要な登場人物として)有名ですが、そのマリー・アントワネットがフランスの王太子だったルイと結婚する頃から
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/02/28 11:30 PM |
「マリー・アントワネット」
「マリー・アントワネット」ユナイテッドシネマズ豊洲で鑑賞 ここの劇場,夫婦50じゃなくても二人で行けば2000円,『バレンタイン,ホワイトデーキャンペーン』やってます。 たぶん私はベルばら世代なんだと思います。でも当時体育会系だったのでそういうの
| てんびんthe LIFE | 2007/03/01 12:19 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/02 12:09 AM |
マリー・アントワネット−(映画:2007年30本目)−
監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、リップ・トーン、スティーブン・クーガン、ジュディ・デイヴィス、ジェイミー・ドーナン 評価:70点 公式サイト
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/03/07 1:02 AM |
映画マリーアントワネットが好きな人
優雅なサロンみたいなソファって、どこで売ってるの?てゆうか、もう激安家具とかカンベンしてほしいですよね・・・
| マリーアントワネットのサロン | 2007/03/14 6:25 PM |
映画「マリー・アントワネット」は超ポップ
[:映画:] 「マリー・アントワネット」 レディスデイだったせいでしょうけど、女性客で大混雑。 あの広い日劇PLEX1が満員でした。 客層は明らかに「ベルばら世代」といっていいでしょう。 かくいう私もド真ん中なんですけど。 もう見る前から楽しみで。
| That's the Way Life Goes | 2007/03/21 2:20 PM |
マリー・アントワネット
 ソフィア・コッポラ監督の映画「マリー・アントワネット」を見ました。 マリー・アントワネット  オーストリア皇女マリーは14歳の時にフランス王太子ルイ16世の元に嫁ぐことになります。しかし、フランスに嫁ぐということはオーストリアの全てを捨て
| シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 | 2007/03/22 6:50 PM |
★マリー・アントワネット(2006)★
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語上映時間123分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和=東北新社)初公開年月2007/01/20ジャンルドラマ/ロマンス/歴史劇【解説】「ヴァ
| CinemaCollection | 2007/04/07 9:04 PM |
パーティー髪型アレンジ〜パーティー用の髪型カタログ〜
TB失礼します。これからパーティーが多くなるシーズンですね。パーティー用の髪型アレンジのサイトを作りました。良かったら遊びにいらしてくださいね。
| パーティー髪型アレンジ〜パーティー用の髪型カタログ〜 | 2007/04/07 10:10 PM |
マリー・アントワネット
すご〜くキュートでチャーミングな マリー・アントワネットを (キルスティン・ダンスト)が 演じていて、ホントに可愛かったです。 ソフィア・コッポラならではの アレンジもなかなか素敵でした。 ベルバラ好きな女の子なら 満足できる作品かも・・・・(笑)
| ルナのシネマ缶 | 2007/04/08 12:15 AM |
マリー・アントワネット
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら 世界で最も愛され、憎まれたフランス王妃、マリー・アントワネット。 歴史を知らなくても、『ベルばら』を筆頭に様々なエピソードで有名な彼女の、ティーンエイジャーとしての姿を描いたのが、この映画です。 今年
| ロッタのひなたぼっこ | 2007/04/08 12:33 AM |
映画 「マリー・アントワネット」
 門を入ると広い砂利の広場があり、大きな騎馬像(太陽王ルイ14世)の向うに建物が立ち並んでいたのを思い出す。10年以上の前のことでもうだいぶ記憶も薄れてきたが、ベルサイユを見学した時、昔は馬車で入っていったであろうところを、ジャリジャリと歩いて向かっ
| After the Pleistocene | 2007/05/05 11:35 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/10 12:01 AM |
マリー・アントワネット
歴史考証がなければ、オシャレにすればいいのよ★54点(100点満点)
| 世界の映画を斬る!by vl0o0lv.com | 2007/06/15 12:22 AM |