CHEAP THRILL

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『ブロークン・フラワーズ』2回目 | main | 真・映画日記(1)『無花果の顔』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『王の男』
12月29日(金)

仕事納め。
仕事量は少ないが、とにかく寒い。つらい。

午後になると行く先々の会社で打ち上げしていた。
今年は29日午前までの会社が多い。

会社に戻ると社内の清掃。
終業は午後5時半。

日比谷通り沿いの「ACCESS」でフリーペーパー「CHEAP THRILL」の増刷。
50部作る。

霞ヶ関から日比谷線で銀座へ。
出口C4近くのプレイガイドで映画のチケットを何枚か購入。

シネスイッチ銀座へ。
ここの映画館は金曜をレディースデーとし、女性は900円で見れる。
その割に客入りはいまひとつ。

朝鮮王朝の様子・雰囲気と
女形のコンギルを巡るストーリーはなかなかの見応えがあったが
ラストがもう一つ。


16世紀初頭の朝鮮が舞台。
芸人のチャンセンと女形のコンギルは田舎を巡業する旅芸人一座を抜けだし、
漢陽の都へ。

チャンセンは時の王ヨンサングンが芸者だったノクスを愛人にし、連日宴会で遊びほうけている話を聞く。
そこでチャンセンとコンギルは3人の旅芸人を弟分にし、
宮廷を皮肉った芝居をやる。
芝居は民衆に受けスターになるが、
これを目にした王の重臣チョソンはチャンセンたちを捕らえてしまう。

チャンセン達は王を侮辱したということで厳しく処罰(尻叩き)され、
さらには死刑宣告されるが、
チャンセンは「王が笑えば侮辱じゃない」と反論し、
彼等は王の前で命がけの芸を披露することに……

まずはなんといっても16世紀初頭の朝鮮(韓国)の庶民や芸人、宮廷にいる人々の時代の雰囲気に圧倒される。
一見戦乱がなく文化が栄えて王・将軍が統治している時代背景は
日本で言えば江戸の元禄文化(注:100年くらい違うが雰囲気として)に近いかも。
その時代の貴族階級、庶民、さらにはそれ以下の賎民のような芸人たちの様子がわかる。

これをベースにして中盤以降は
王と王に気に入られるコンギル、
一応宮廷に住めるがコンギルをとられ寂しい思いをするチャンセンなどの芸人仲間、
王のわがままに振り回される重臣たちやコンギルに嫉妬するノクスなどのアッパーサイドの人たち、
とこのくくりで王&コンギルを中心に展開。
これらのグループのそれぞれの思惑を徹底的に描いている。
中でも王ヨンサングンのキャラは強烈。
好きなものにとことん食らいつき、
それ以外のものには興味がない。

その上、気に入らなければ辛辣な意見を述べる重臣を粛正、処罰・処刑する。
例え偉かろうが親族だろうがお構いなしの暴君ぶりだが、
ヨンサングンそのものは基本的にイノセント。無邪気である。
だからこそ迷惑なくらい寵愛を受けてしまうコンギルも
コンギルのために王から無下にされるノクスも
どんなに酷かろうが王を見捨てない。
むしろ、終盤で王を追放しようとする重臣達の方が
正しいことをしようとしているのに悪く・腹黒く見えてしまう。

時代と宮廷の様子まではばっちりだが、
あの終着点はやや強引。
コンギルとチャンセンのラスト。
キレイだ。キレイ過ぎる。
本当にそうかなあ?
そこであの答えだけを出すなら説得力不足だ。
その「答え」が持つ魅力・特権を存分にアピールして欲しかった。
いや、あれはあれで「答え」の魅力・特権をアピールしていたかもしれないが、
だとするとシチュエーションはあの場所ではなく、
しかも泣きのアピールじゃない方が良かったかも。
……こんなわがままを言ってるボクってヨンサングン(笑)?
点数は8点。
難癖をつけてしまったが、
この時代の朝鮮王朝、暴君ヨンサングンには興味が持てた。

映画館を出て水道橋へ移動。
JR水道橋駅近くの中華料理店「上海飯店」にて「文章講座」の忘年会。
久々にT社長と飲む。
楽しい一時で、
あっと言う間に1時間半が過ぎ解散。

後楽園駅から丸の内線に乗り池袋へ。
「LIVE INN ROSA」での魅惑のクニオの年末イベントに参加。
朝まで歌ったり踊ったり。
DJの小川町さんやその友達のエリさんと70年代ロックの話で盛り上がる。
気がついたら朝6時前だった。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(2) | trackbacks(39) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
hyoutan2005 (2007/01/06 12:50 AM)
明けましておめでとうございます。
TBありがとうございました。
私も同じようにヨンサングンに興味を持ちました。

>ヨンサングンそのものは基本的にイノセント。無邪気である。
>むしろ、終盤で王を追放しようとする重臣達の方が正しいことをしようとしているのに悪く・腹黒く見えてしまう。

そうなんですよ、不思議ですよね。
見終わった後に、韓国史に興味を持ったりしました。
八ちゃん (2007/01/06 11:33 PM)
TBありがとうございます。
韓国では大成功だったと言うのに、今ひとつ盛り上がりませんでしたねぇ。他に拡大系の大作が多いからなんでしょうか…









url: トラックバック機能は終了しました。
『王の男』(2005年) ★★★★☆
16世紀初頭の朝鮮王朝が舞台です。ちょうど「チャングム」の1,2話あたりとかぶります。チャングムのお父さんはヨンサングンの実母毒殺に立ち会った武官でしたから、この映画でメイン人物の一人であるヨンサングンの立場を知る上でも参考になりますよ。もちろんドラマを
| どっぷりレビュー | 2007/01/05 8:48 PM |
王の男
予告編を見て、美少年が軸になった愛憎劇なのかと思っていたが、 自由に生きてきた二人の芸人が宮廷に召抱えられ、運命に翻弄される物語。 芸人としての誇りを失わない二人、彼らの芸の見事さ、粋なラストシーンが 心に残る名作☆今まで観た韓国映画で一番感動した☆
| パフィンの生態 | 2007/01/05 8:57 PM |
「王の男」:虎ノ門バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}アジアセンターって、アジアのことなら何でも教えてくれるのかな。 {/hiyo_en2/}たぶんね。 {/kaeru_en4/}じゃあ、韓国のことも勉強できるのか? {/hiyo_en2/}たぶんね。でも、どうしたの、勉強嫌いのあなたがそんなこと言い出すなんて。雪でも降るんじゃ
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2007/01/05 9:43 PM |
06−65 王の男
鑑賞日 12月13日 感 想 韓国興行収入ナンバー1との事で期待してましたが、鹿児島ではあまりお客が呼べないと判断したらしく上映時間帯が悪く見るのが大変でした。
| 奇跡の人の映画部屋 | 2007/01/05 9:53 PM |
『王の男』
『王の男』(2005年12月) 韓国で初めて1000万人の観客を動員した映画『王の男』ですが、日本での興行成績が振るわないと心配されているようです。 きょうの映画館はウイークデイにもかかわらず、大勢の人が入っていました。 朝鮮燕山朝時代を題材にした映画
| Yuのつれづれ日記 | 2007/01/05 10:03 PM |
王の男(2006)
燕山君は朝鮮王朝第10代。 韓国史上最大の暴君と呼ばれた燕山君ですが、 そのため王としての称号「祖」「宗」の字を贈られず、「君」という王の兄弟としての名前で呼ばれたようです。 HPでも生い立ちから最期まで紹介されていますが、 燕山君のあと、第11代の王と
| □□お暇なら来てね。□□ | 2007/01/05 10:30 PM |
王の男
16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コンギル。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。 興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣
| シャーロットの涙 | 2007/01/05 10:38 PM |
王の男
韓国映画は久々です。
| sigh. | 2007/01/05 11:31 PM |
傾城。
『王の男』(2006年・韓国・122分)公式サイト暴君と恐れられた王がいた。彼の心は孤独で猜疑心に満ち、暗い。芸でしか身を立てられない男がいた。自分の胃を満たす事で精一杯な毎日。それでも彼は、明日の夢を共に見る相棒がいた。美しい男がいた。彼は人の心の中を誰
| ひょうたんからこま | 2007/01/06 12:45 AM |
★「王の男」
「オープン・シーズン」に続いて、本日二本目。 なにせ、「109シネマズ」が年末まで、ポイント倍増セール中。 ちょっと得した気分なので、買い物ついでにレンチャンしました。 こちらは韓国で大ヒットした時代劇。
| ひらりん的映画ブログ | 2007/01/06 12:55 AM |
王の男
(英題:THE KING AND THE CLOWN) 【2006年・韓国】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 史上最悪の暴君として韓国で今も語り継がれる実在の王・ヨンサングンをモチーフにした歴史映画。 原作は「爾」という舞台劇。 2000年に初演されて以来、韓国演劇協会の選ぶ最優秀舞台ベス
| ともやの映画大好きっ! | 2007/01/06 1:19 AM |
映画「王の男」
英題:The King And The Clown 燕山君(ヨンサングン)という暴君な16世紀初頭の実在の王と、一座を逃げ出して漢陽の都にやってきた旅芸人というフィクション設定の、哀しみの愛憎物語 旅芸人一座で幼馴染の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/01/06 2:35 AM |
王の男/カム・ウソン、イ・ジュンギ
韓国ではあまり劇場に足を運ばないという高齢者層も呼び込んで大ヒットしたという作品。ワタシ的には韓国の時代劇や史劇は好印象があったので公開をとても楽しみにしてました。 出演はその他に、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、チャン・ハンソン、ユ・ヘジン
| カノンな日々 | 2007/01/06 10:46 AM |
芸人のきずな
昨日は、試写会のため有楽町へ。 観たのは、「王の男」。韓国で大ヒットした映画です。 二人の芸人が、王をネタにした芸を披露したことから、 宮殿に住むことになる… そのため、宮中に混乱が!その結末は? 圧倒的な人間ドラマ。 ぐいぐいストーリーに引
| 藻、たくさんの日々。 | 2007/01/06 10:57 AM |
美しさとは?人間さとは?「王の男」
「トンマッコル」「グエムル」に続き 韓国で大ヒットした 「王の男」 実在した宮廷の、史上最大のスキャンダル・・・ 超一流の宮廷芸人にのしあがった チャンセンとコンギルは 王宮の奥に隠された秘密を知った。 チャンセンとコンギルの 友情>同性愛 コンギルと王
| bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2007/01/06 11:53 AM |
王の男(05・韓)
韓国映画と言うと、どうしても純愛モノのイメージがあるので、普段は敬遠気味なのですが、久々にこの映画見てみたい!と思ったのは・・・ポスター/チラシで見たイ・ジュンギ(男性俳優)の流し目の色っぽさ(笑)。 朝鮮の歴史の中でも「暴君」と呼ばれるヨンサング
| no movie no life | 2007/01/06 3:38 PM |
王の男
King and the Clown 朝鮮王朝時代の韓国。独裁者として知られた王と旅芸人、対極に位置する者たちの人間模様を色鮮やかな宮廷を舞台に描いた時代劇。 この時代の大道芸人の技をじっくり見せてくれるのも興味深く。宮廷の裏側や陰謀を垣間見る面白さもありつつ、人
| knockin' on heaven's door | 2007/01/06 6:31 PM |
『王の男』 東京国際映画祭
16世紀初頭、暴君として今も語り継がれる実在の王、燕山君(ヨンサングン)の時代。王は幼い頃に母親を毒殺され、今でも心に深い傷を負っていた。そのせいか、人前で笑ったことがない。 そんな王と愛妾ノクスを皮肉った芝居が漢陽の都で人気を博し、2人を演じた“芸人の
| 映画な日々。読書な日々。 | 2007/01/06 8:41 PM |
映画 【王の男】 試写会レビュー
王の男という韓国映画の試写会に行ってきました。12月9日から、新宿ガーデンシネマ【新館】恵比寿ガーデンシネマ他で、公開スタート、お正月 全国拡大ロードショーされます。 reff_m('canIzQmwm1i0z', 'OTmpxjn') >>映画「王の男」 公式サイト 実は、私、
| 美人手帳 | 2007/01/06 9:07 PM |
王の男
宮崎あおいとの共演が楽しみな、韓国一美男のイ・ジュンギ主演、…って、韓国一は、デュエリストのカン・ドンウォンじゃなかったの?
| 八ちゃんの日常空間 | 2007/01/06 11:31 PM |
『王の男』
  『王の男』   それより奥は、見てはならない。   韓国で4人に1人は見たと云われるこの映画、でも予告編を見ても面白臭は漂ってこない・・・。 宮廷を舞台にした王と妾×重臣と2人の芸人の物語。 本編を観てもやはり面白要素が見当たらない・・・。 ツマ
| 唐揚げ大好き! | 2007/01/07 5:08 AM |
王の男
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞 王の男/THE KING AND THE CLOWN 2006年/韓国/122分 監督: イ・ジュンイク 出演: カム・ウソン/イ・ジュンギ/チョン・ジニョン/カン・ソンヨン 公式サイト 16世紀始めの韓国、燕山君(ヨンサングン)の時代。貧しい大道芸
| Addicted to the Movie and Reading! | 2007/01/07 10:45 AM |
王の男
この映画は、フィクションを交えたといえ、歴史の読み方、というより歴史上の人物であってもヒトであり、凍りついた凍った顔の狂王(この映画のヘソ)と最下位層被差別職種・芸人(当時)の両者における人物像と生き様を、寧ろ映画的に手を加えることによって、これほど
| しぇんて的風来坊ブログ | 2007/01/07 11:58 AM |
映画「王の男」
映画館にて「王の男」 16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる陰謀と、数奇な運命をたどる二人の芸人を描く。 史上最悪の暴君といわれる燕山君(ヨンサングン)の時代。宮廷をからかった芝居で人気の出たチャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ
| ミチの雑記帳 | 2007/01/08 9:29 PM |
王の男(韓国)
2007年最初の映画は、「王の男」でした! ( → 公式HP  ) 出演:カム・ウソン 、イ・ジュンギ 、チョン・ジニョン 、カン・ソンヨン 上映時間:122分  16世紀の韓国の宮廷が舞台。 地方の旅芸人一座のチャンセン(カム・ウソン)と女形コン
| 映画でココロの筋トレ | 2007/01/09 12:26 AM |
映画:王の男
王の男@シネマイクスピアリ 「芸人になりたい」 歴史に寓話的なエピソードをエンターテイメント化したかんじ。女装の麗人?コンギルをめぐる三角関係なんですがすばりそーいうシーンはない。でも愛妾ノクスとコンギルは十分色っぽい。 歴史上でも暴君として有
| 駒吉の日記 | 2007/01/10 3:44 PM |
日本アドバンスローン
日本アドバンスローンのご紹介です。
| 日本アドバンスローン案内 | 2007/01/15 6:51 PM |
『王の男』
『王の男』公式サイト 監督:イ・ジュンイク 出演:カム・ウソン 、イ・ジュンギ 、チョン・ジニョン 、    カン・ソンヨン 2006年/韓国/122分 16世紀初頭、地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、一
| Rabiovsky計画 | 2007/01/16 3:23 PM |
王の男
満 足 度:★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:イ・ジュンイク キャスト:カム・ウソン 、       イ・ジュンギ       チョン・ジニョン       カン・ソンヨン       チャン・ハンソン       ユ・
| ★試写会中毒★ | 2007/01/17 8:50 AM |
「王の男」
思わせぶりなタイトルと予告編で、王様と芸人のドロドロ三角関係になるんじゃないかと思ってました。それが意外にもあっさりしていて、ヨメさんはがっかりして、私はホッとしてました(^^; 男同士の絡みがなかったのは良かったけど、全てにおいてキレイすぎな気はし
| the borderland  | 2007/01/18 10:12 PM |
「王の男」
「王の男」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 今年韓国で4人に一人がみたという大ヒット作品。16世紀の韓国の韓国宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ。それまでの記録をトンマッコルが持っていたかなんだかわからないけれど、そんなすごい作品なら早くみようと思って
| てんびんthe LIFE | 2007/01/18 10:46 PM |
『王の男』   視覚的癒しは‘美’、心の癒しは‘笑’。抗う者達が辿る茨道。
王の男 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)/サントラ ¥2,678 Amazon.co.jp 出演■カム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン 監督■イ・ジュンイク <ストーリー>  16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと
| enjoy! MOVIE☆LIFE | 2007/01/19 4:47 PM |
王の男
 芸は身を助ける。とは言うものの・・・思わずとっさに取った芸妓が人を笑わす事がある。  漢陽にやってきた旅芸人のチャンセン(カム・ウソン)と相棒のコンギル(イ・ジュンギ)は、町で出会った芸人仲間と宮廷で官女と遊んで暮らしている王を皮肉
| とにかく、映画好きなもので。 | 2007/01/20 11:45 AM |
『王の男』★★・・・
『王の男』公式サイト制作データ;2005韓国/ヘラルド ジャンル;歴史上映時間;122分 監督;イ・ジュンイク  出演;カム・ウソン/イ・ジュンギ/チョン・ジニョン劇場:1/12(金)シネスイッチ銀座◆STORY◆16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形
| ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ | 2007/01/24 10:43 AM |
王の男
●『王の男』2006年12月9日公開。映画チラシでみるとイ・ジュンギって女の子みたい。韓国では大ヒットしたみたい。イ・ジュンギは『日本は私の国、映画終えて行くつもり。親日派!好きだ』(人気になれたのは日本のおかげ の意味合い)と言ってしまい自
| 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ | 2007/01/25 1:59 AM |
時計タグホイヤー
時計タグホイヤーのご案内です
| 時計タグホイヤーの情報 | 2007/02/26 10:24 AM |
mini review 07036「王の男」★★★★★☆☆☆☆☆
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 122分 公開日 : 2006-12-09〜 監督 : イ・ジュンイク 出演 : カム・ウソン イ・ジュンギ チョン・ジニョン カン・ソンヨン チャン・ハンソン 暴君として知られる燕山君(ヨンサン
| サーカスな日々 | 2007/03/25 8:36 AM |
中古バイク滋賀
中古バイク滋賀に関するご案内です
| 中古バイク滋賀紹介 | 2007/04/09 3:14 PM |
ハワイホテル
ハワイホテルについてのご案内です
| ハワイホテル特集 | 2007/04/17 2:35 PM |