CHEAP THRILL

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『やさしくキスして』 | main | 真・映画日記(1)『テキサス・チェーンソー・ザ・ビギニング』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『荒木経惟 東京人生』展
1960年代から70年代、80年代、90年代、
そして2000年代と5章に分け、
年代順に並べて展示されている。

60年代は実験的な作品が多い。
電車の中の乗客(女性)を撮ったり、
OLが昼食に出掛けるところばかりだったり。
魚眼レンズを使ったり、
人物を間近(50センチの距離)で撮ったり。
動物園の檻の中に入って見ている人を撮っているものもある。
70年代に入ると結婚をしたため奥さんの写真が数枚出てくる。
風景では三野輪界隈のものが多い。
芸能人との親交もこの頃からで、
石原慎太郎や赤塚不二夫、
ドリフターズの写真が見られる。
王貞治の自宅のバスタブで撮ったものもある。
80年代の作品は東京の裏路地の作品が目立つ。

奥さんが亡くなった90年代は笠智衆さん、杉浦日向子さん、ジャイアント馬場さんなど亡くなった人を題材にしたものが目に着く。
もちろんそればかりでなく浅野忠信、野坂照如、
ビョーク、UAなんてのもある。

風景では建設中の所を空撮したものがいくつかみられる。

60年代、70年代、80年代の写真を見て思ったが、
新宿や丸の内のビル群をなどから感じられる最先端の東京の風景よりも、
三ノ輪界隈やゴールデン街の裏や浅草・上野といったどこかレトロさを感じさせる東京が多い。

90年代以降に多く見られる都市の空撮なんかはボク個人的には好きである。
しかし、荒木さん的にはあまり好きではないらしく、
あとで買った本(写真集?)を見るとネガティブな解説文ばかりだ。

となると、レトロな風景は荒木さんが好んで撮っていたようだ。

著名人の写真もいいが、
風景の写真は映画的でいい。
それは小津安二郎やホウ・シャオシェンが見せる「時光」よりも、
ジム・ジャームッシュが見せる「ワン・ショットの構図による異国感」に近い。
Y路地の写真なんかはツァイ・ミンリャン的にも見える。

ということで、結局映画に結び付けてしまったが、
トリッキーな写真も多いのでいろいろ楽しめるはずである。

意外だが、映画ファンは必見である。

| じょ〜い小川 | アート DE すりる! | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/353
賃貸物件板橋区
賃貸物件板橋区についての情報を掲載しています
| 賃貸物件板橋区情報 | 2007/05/10 4:56 PM |
洋楽売上ランキング
洋楽売上ランキングについての紹介案内です
| 洋楽売上ランキング説明 | 2007/05/11 10:28 AM |