CHEAP THRILL

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』 | main | 真・映画日記『トリスタンとイゾルデ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『幸福(しあわせ)のスイッチ』
10月29日(日)

(前の日からのつづき)
映画館を出た後はいつものようにマンガ喫茶へ。
ナイトパックで入り、
4時間程寝る。
朝7時頃起き、
日記にとりかかる。
『明日へのチケット』はボクの今年のナンバー1候補なので、
少し力を入れて書く。
おかげで1時間半以上かかる。
そのあと『父親たちの星条旗』以外の3作品について書き上げる。
『ジュウブンノキュウ』について書いた後、疲れたので休む。

午後1時過ぎにマンガ喫茶を出る。

靖国通りを駅と反対方面に歩き、
新宿テアトルへ。
目当ては『幸福(しあわせ)のチケット』。
午後1時半からの回かと思いきや2時からだった。
30分以上時間がある。
仕方なく、パンフレットを読んだり新作映画のチラシを見たりして時間を潰すことに。
すると、予想外のものを見つけた。
なんと、今年の夏に1ヶ月近く行われた「BOW映画祭」がアンコール上映として吉祥寺のバウシアターで2週間行われるのだ!!
BOWだけにバウシアターね(笑)。
嬉しいけど、吉祥寺は遠いなあ。
平日は無理。
土日見ればいいね。
後で日記とは別枠で書きます。

して、『幸福(しあわせ)のスイッチ』は……
なかなかの掘り出し物!
この安田真奈という監督の名前は覚えておいた方がいい。

主演は『スイングガールズ』の上野樹里。
目立つ役所で沢田研二が出ている。

稲田怜(上野樹里)は和歌山県田辺市から上京し、
イラストレーターとして働くが、
上司と揉めて1年で会社を辞めてしまう。
ちょうどその時、妹の香から姉の瞳が入院したという手紙が届き、
怜は急いで実家に戻る。
すると、姉は妊娠していたが入院してなく、
入院したのは電器屋を営む父(沢田研二)だった。
父はアンテナの修理で屋根から落ち、手足を骨折。
当分の間、怜は父の電器屋を手伝うことに。
近くに量販の電器店(コンドーとかいった)ができ、
稲田電器の客にも影響が。
稲田電器では買ったあとのメンテナンス(修理)やアドバイスなどのさまざまなサービスを引き受ける昔からのスタイルで対抗(?)。
怜はほとんどタダ同然のサービスに納得せず、仕事もぶっきらぼうにこなす。
しかし、怜は稲田電器の仕事をやっているうちにサービスで相手に喜ばれることの良さを知り、
稲田電器を、そして父を理解するように。

話のキモは上野樹里演じる怜が稲田電器(今思い出したがイナデンだった)の仕事を通して成長するところと、
沢田研二演じる父親の姿。
そして、怜、香、瞳の三姉妹の風景となる。

ああ、やっぱり父と子の断絶を縮めるのは二人がガチッとぶつかり合うことなんだなあ。
某地下鉄の映画みたいにタイムスリップする必要はないんだよ。

それと和歌山県田辺市の風景がいい。
蜜柑畑に浜辺、
そして田舎の人々。
イナデンにお茶&菓子を持ち込みプラズマテレビをみているお年寄り。
茶の間や縁側で佇むばあさん。
ばあさんの世話をする息子夫婦など。
こういった人々を田舎の風景として楽しむことができる。

撮影もカメラの角度や光りの入れ方など構図を計算して撮っている。
一見、撮影監督のおかげとも見えるが、
構図、撮り方を決めるのは監督のはず。
なので、安田真奈監督はなかなかである。

点数は9点。
満点を出したいが、
音楽がダサかったので。
その後、新橋のDoCoMoショップに行き、修理済みのケータイを取りにいったり、
新越谷のマッサージ店「ナチュラル・ボディ」で体を揉んでもらったりして、
日曜日をフルに過ごしたとさ。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(4) | trackbacks(26) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
ぴかちゅう (2006/11/11 8:48 PM)
TB有難うございますm(_ _)m
>新越谷.....に反応してしまいました。先ほど南越谷駅から電車に乗って帰宅したところです。その近辺に実家があるんですよ。
>安田真奈監督はなかなかである.....私もそう思います。大学時代から映画を撮って、働きながらも撮り続け、脱サラして劇場映画を撮るって根性入ってますよ。私も応援していくつもりです。
あかん隊 (2006/11/11 10:53 PM)
こんばんは。TBありがとうございます。
うーん。自分は、沢田研二より年食ってますし、樹里ちゃんより年長の息子いますしね。若い方の感じる「優しさ」とは、ちょっと違った見方をするようになっているのかもしれませんね。どこぞで、「生きていくうちにわかってきますよ」なんて言われてしまって、はー、あと何年かかるのかな、と(爆)。まあ、この手の映画とは相性が、あまり良くなかったなんだなって思います。自分は、今でも、デザイン関係の仕事してますが、ああいう娘は、もてあましちゃうな〜って思います。(^^;)
じょ〜い (2006/11/17 9:47 PM)
ぴかちゅうさん

どうもです。吉川在住者です(笑)。
あの近辺は草加か春日部に行かないと映画館がないから映画ファンができる環境としては厳しいですよね。
あ、三郷にシネコンが出来たけどJRの駅からは遠いし・・・

安田監督は『ゆれる』の西川監督に勝るも劣らない若手女性監督ですね。
ボクとしては是非この両監督を応援します!

あかん隊さん

どうも、コメントありがとうございます!
う〜〜〜ん、映画ってどうしても環境が違うと捕らえ方が変わりますから、
現在のジュリー側(親側)の視点、
恐れ入ります。

>自分は、今でも、デザイン関係の仕事してますが、

あ、上司の視点も込みですね。
こういった辺り、ボクはなかなか見れません。
参考になります。

sakurai (2007/01/06 9:35 AM)
TBありがとうございました。
前評判が高かったので、若手女性監督3人衆とかいろいろ。なのでちょっと期待しすぎたみたいで、やはり若手監督として見るべきだったなあと思いました。
アングルは上手いのですが、映画の流れがいまいち。つなぎと間がまだまだだなあと思いました。
そしてジュリー(沢田研二じゃなくてジュリーなんすよ)世代としてはジュリーはsのキャラじゃない。
あれじゃただの太った加齢臭の親父さんですよ・・。
ということで少々不満もありましたが、総合的に見ると佳作。これからも期待の監督さんです。

>某地下鉄の映画みたいにタイムスリップする必要はないんだよ。
ここ!ツボ。










url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/335
幸福のスイッチ/上野樹里、沢田研ニ
この映画、意外と上映してるとこ少ないんですね。上野樹里ちゃん人気を考えればもう少し待遇良くてもよさそうなのにね。というわけで久々にテアトル新宿行ってきました。この前来た時は「時かけ」だったので何だかいい予感。主演が上野樹里と沢田研ニの樹里&ジュリーっ
| カノンな日々 | 2006/10/31 6:49 PM |
人の中で生きていくという事。『幸福(しあわせ)のスイッチ』
和歌山県の小さな電器屋を舞台に、人間ドラマを描いた作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/11/02 10:00 PM |
幸福のスイッチ
この映画に涙を誘うような悲しい場面などひとつもない。 日本の、邦画にありがちな「人情」を描いているのだ。 人が変わるきっかけなんて、意外とひょんな事だったりする。 「大人になる」とはそう言うことだ。
| 八ちゃんの日常空間 | 2006/11/02 11:30 PM |
「幸福のスイッチ」
「幸福のスイッチ」東商ホールで鑑賞 和歌山県田辺市での撮影で和歌山県は先行ロードショーしたみたいです。でも、どこが和歌山県田辺市なんだかわからない。景色の説明とかしてほしかったけど、その前にきれいな風景はわかりますが、そういうシーンきわめて少ないで
| てんびんthe LIFE | 2006/11/03 6:49 AM |
幸福のスイッチ
家計を度外視してまで“お客様第一”と言い続ける電器屋の父に反発して田舎の実家を離れ、東京のデザイン会社でイラストレーターとして働く21歳の怜。まだ新人にもかかわらず自己主張は一人前で、ある時、ついに上司と衝突、その勢いで会社を辞めてしまう。そんな怜のも
| 三度の飯より映画好き | 2006/11/05 11:33 PM |
『幸福(しあわせ)のスイッチ』
家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。     ■監督・原案・脚本 安田真奈■キャスト 上野樹里、沢田研二、中村静香、本上まなみ、林剛史、笠原秀幸、石坂ちなみ、新屋英子、深浦加奈子 □オフィシャルサイト  『幸福(しあわせ)のス
| 京の昼寝〜♪ | 2006/11/10 12:06 PM |
「幸福のスイッチ」試写会レビュー ベベチオがんばれ(笑)
幸福のスイッチ。あらためて映画を思い返すと、数々の幸福のスイッチが、オンになったんやなぁ〜と感じられる。そんな映画かな。
| 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2006/11/10 10:22 PM |
感想/幸福のスイッチ(試写)
上野樹里モノは全部観たい勢い。和歌山県田辺市を舞台に、小さな電気屋一家を描いたスモールストーリー。父に反発して上京するもうまくいかない娘の元に「父さんが倒れた!」という電話。慌てて帰って実家の電気屋を手伝うことに。親の心子知らず、をまんま描いた物語〜
| APRIL FOOLS | 2006/11/11 6:09 PM |
06/11/08 ジュリーVS樹理の『幸福のスイッチ』
私は沢田研二もカラオケレパートリーにしている。最近のカラオケでは必ず2〜3曲は歌っている。「勝手にしやがれ」「ダーリング」「憎みきれないろくでなし」.....。最近は役者として活躍されている。NHKのドラマ『マチベン』の弁護士役がよかった。 もう一人の“ジ
| ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記 | 2006/11/11 8:44 PM |
『幸福(しあわせ)のスイッチ 』
インディーズ映画界で数々の賞に輝き、脱サラOL監督として注目されている新人、安田真奈監督による心温まる家族の物語。舞台は和歌山県田辺市。”お客様第一””儲けは二の次”をモットーに電器店を営む父と、そんな父の生き方に反発する娘・・性格の違う3人姉妹と父親
| моя комната 〜まやこむなた〜 | 2006/11/11 9:56 PM |
幸福(しあわせ)のスイッチ(20061104)
思い込みが激しくなっているのに気がつきました。何かこう、違うものを想像していたよ
| cococo | 2006/11/11 10:56 PM |
幸福のスイッチ
和歌山県・田辺市の町の小さな電気屋さんの物語。 安田真奈監督は10年くらい大手家電メーカーに勤務しながら 映画製作に携わるOL映画監督として話題になった事もあるとか。 映画って、現実に近いドラマを描いていても 別世界を見せてくれるものがほとんど
| It's a Wonderful Life | 2006/11/12 11:32 AM |
幸福(しあわせ)のスイッチ
美術の勉強をする為、実家の電気屋を飛び出して上京した怜。その後、広告会社に就職した怜だったが、自分の思う通りの仕事をさせてもらえない事を理由に会社を飛び出してしまう。再就職の先も見つからず途方にくれている時、実家から父親が入院したという報せが入る。実
| 5125年映画の旅 | 2006/11/12 8:30 PM |
映画 「幸福のスイッチ」
映画 「幸福のスイッチ」 を観ました。
| ようこそMr.G | 2006/11/23 10:22 PM |
『幸福のスイッチ』
 保険にはダイヤモンドの輝きもなければ、カラーテレビの便利さもありません。  けれど目に見えぬこの商品には、人間の血が通っています。  人間の未来への切ない望みがこめられています。  これは生命保険のCMで使われている谷川俊太郎の詩ですが、このCMが流
| 映画大陸 | 2006/11/27 9:18 PM |
【劇場鑑賞130】幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)
小さな電器屋イネデン。儲かってはいないけれど修理はうまい。 ところが、 父が入院! 長女・瞳・・・妊娠中 三女・香・・・学生 イナデンの危機に東京から次女が帰ってきた。 次女・怜・・・東京在住、父と家業が嫌い 初めて知った 父の大きさ
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/27 9:27 PM |
でんき
でんき
| でんき | 2006/11/29 12:14 PM |
樹里とジュリー 仲良くケンカしな
幸福のスイッチ 鑑賞 65点(100点満点中) 田舎町で小さな電気屋を営む父親(沢田研二)と、その娘の三姉妹(長女:本上まなみ、次女:上野樹里、三女:中村静香)との父娘関係を中心に、周囲の人々との関わりで成長していく次女・怜を主人公としたヒューマンドラ
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2006/12/03 12:03 PM |
幸せ(しあわせ)のスイッチ
幸せ(しあわせ)のスイッチ公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評
| シネマ de ぽん! | 2006/12/10 11:35 AM |
樹里とジュリーと蒼井優
2ヶ月くらい前に見たまま書く暇がなかった『幸福のスイッチ』と『亀は意外と速く泳ぐ』。記憶も曖昧なんで簡略レビュー(爆)『亀は意外と速く泳ぐ』三木聡監督の長編作品第二弾。主演は『スウィングガールズ』の上野樹里と『花とアリス』の蒼井優。主婦とスパイという
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2006/12/24 12:41 PM |
幸福のスイッチ
幸福のスイッチ  {/tv/}予告編{/tv/} 和歌山県田辺市で、電器店を営む父。儲けは二の次だと言ってお客様のために働き続ける頑固オヤジの背中を見てきた怜は、反発し、東京へと出てきていた。イラストレーターとして、デザイン会社に入ったものの、新人の怜に現実は厳
| めそのたわごと | 2006/12/29 11:22 PM |
幸福のスイッチ
熊野の風景が素晴らしかったです。
| 迷宮映画館 | 2007/01/06 9:35 AM |
幸福のスイッチ
石川県は雷の日が日本一多い県です・・・ということは電器店さんにとってはいいこと?悪いこと?
| ネタバレ映画館 | 2007/01/10 8:43 AM |
幸福のスイッチ(映画館)
家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。
| ひるめし。 | 2007/02/03 6:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/16 11:25 PM |
TAKE 55「幸福のスイッチ」
第55回目は「幸福のスイッチ」です。 この映画はとにかく一言、言わせて下さい。 いい意味で裏切られました。 ここまでの映画とははっきり言って思ってませんでした。 甘く見ていました。監督許して下さい! いや〜映画を観てこん
| 映画回顧録〜揺さぶられる心〜 | 2007/05/20 3:44 AM |