CHEAP THRILL

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(4)『9/10 ジュウブンノキュウ』 | main | 真・映画日記『幸福(しあわせ)のスイッチ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』
(4から)
シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。
人混みでまいる。
なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。

『父親たちの星条旗』はミラノ座で上映。
スクリーンがでかくていい。


『父親たちの星条旗』は悪くはないがC・イーストウッドにしては普通過ぎた。

監督はクリント・イーストウッド。
主演は『クラッシュ』に出てたライアン・フィリップ。
他『リトルダンサー』のジェイミー・ベル。


ウィスコンシン州にて葬儀屋を営むジョン・ブラッドショー(ライアン・フィリップス*このシーンは違う)は悪夢にうなされていた。
それは若かりしころの戦場での仲間の死。
そして、生き残って大観衆の前で戦場の英雄として祭り上げられた記憶。ジョンは衛生兵として1945年2月に硫黄島での戦闘に参加。
日本軍に思った以上にてこずり、
戦場は日々地獄絵図と化していた。
そんなある日、硫黄島の先端にある摺鉢山の頂上に4人で星条旗を立てて写真を撮った。
この写真にアメリカ中が沸き上がり、
軍備などを増強するように。

戦争から命からがらで返って来ても、
表向きは英雄視されるが、
アメリカ国家としては軍費調達の国債買い取りキャンペーンの客寄せパンダとして使われ、
時間がたつと忘れ去られてさえしまう兵士たちの悲しさ。
現代、戦闘時、凱旋挨拶、そしてその後と上手い具合いで時間軸が合わさっている。

戦闘シーンの凄まじさは言うまでもないか。
旗をあげた3人だけでなく、
軍曹のマイク、若手のイギー、ネイティブ・アメリカンのアイラなど、
各キャラもうまく描かれている。

点数は8点。

メッセージ性や戦闘シーンの凄まじさはいいが、
イーストウッドにしては普通かも。


(29日の日記へ)

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(10) | trackbacks(110) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
耕作 (2006/10/31 12:51 PM)
こんにちわ♪

控えめな語り口で、余計に胸に沁みてくると言うか、
久々に余韻の残る作品でした。
首が飛んできたときにはビックリしましたけど(笑)
個人的には分からない所もあったので、
是非DVDでじっくり見直したいと思います。
その前に【硫黄島からの手紙】も勿論観ますけど。

TBありがとうございました。
じょ〜い (2006/10/31 10:38 PM)
耕作さん

どうもです。
戦闘シーンはリアリティで凄いけど……
「なんかに似てるなあ…」というのが正直なところかな。
ママデューク (2006/11/01 10:41 PM)
こんばんは
TBありがとうございました
ボクも「父親たちの星条旗」はイーストウッドとしては普通だと思いました。
「硫黄島からの手紙」はイーストウッドが日本人の俳優を使って、日本人をどんな風に描くのか楽しみです。
KGR (2006/11/14 8:26 PM)
今までのアメリカの戦争映画とは違ってました。
このあと「硫黄島の砂」を見たので余計そう思います。

映画は戦争を舞台にした自己主張の場ではない。
戦争をテーマにする限り、
戦争そのものを語らなければならない、
そういう風に聞こえました。
hyoutan2005 (2006/11/14 10:09 PM)
初めまして。
淡々と描かれた中にも、静かに主張するものが感じられる作品だと思いました。
TBありがとうございました。
じょ〜い (2006/11/17 10:11 PM)
ママデュークさん

どうも、ありがとうございます。
う〜〜〜ん、どうもC・イーストウッドに過剰な期待を持ちすぎましたかね(笑)。

KGRさん

なるほど。
>戦争そのものを語らなければならない

納得しました。
だからこそ2部作なんですね。

hyoutan2005さん


>淡々と描かれた中にも、静かに主張するものが感じられる作品だと思いました

そういったところでやはりバッサリとは斬れない作品ですね。

飛行艇 (2006/11/21 8:16 PM)
TBサンクス。

最近の戦争もの映画の中ではいい部類では?
じょん (2006/11/21 10:00 PM)
TBありがとうございます
硫黄島があるからか戦闘シーンで日本軍の方がほとんど描かれて無くてちょっと残念でした。
硫黄島からの手紙に期待ですねー
tk (2007/01/18 7:42 PM)
初めまして。TBありがとうございました。

イーストウッドにしては普通、なるほどそうかもしれません。

しかし、イーストウッドだからこそ、あえて淡々と撮ったようにも思います。
僕なんかは、そこにこそイーストウッドの凄みを感じます(^_-)
じょ〜い (2007/01/20 9:30 PM)
tkさん

どうもです。
たしかに、あえてやったことでしょう。
ここ最近の作品はだいたいそんな感じですし。
わかっちゃいるけど……どうもとっつきにくいなあ。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/334
「父親たちの星条旗」に「ゲームの規則」を見た
「父親たちの星条旗」を見たのが、ジャン・ルノアールの「ピクニック」を見て約2時間後であったからだろうか、この映画はイーストウッド版「ゲームの規則」ではなかろうかと思った。「この世界には恐ろしいことがひとつある。それはすべての人間の言い分が正しいという
| 映画と出会う・世界が変わる | 2006/10/30 5:29 PM |
■週末の学び10/27「硫黄島」〜父親たちの星条旗−硫黄島からの手紙〜
超話題作です! いよいよ封切りです。
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/10/31 12:09 AM |
父親たちの星条旗
第二次世界大戦の末期。日本軍の太平洋の要塞・硫黄島を陥落させるべくアメリカ軍は7万人の大戦力を送り込んだ。当初は5日で占領できると思われていたが、日本軍の必死の抵抗によって戦闘は36日間も続いた。そんな過酷な戦場を収めた写真の中に、第二次大戦で最も
| 5125年映画の旅 | 2006/10/31 6:49 AM |
父親たちの星条旗
戦争に英雄など存在しない・・・。 これはまた、イーストウッド監督流のキレのある反戦映画が誕生しました! 61年前、太平洋戦争の激戦地となった硫黄島での戦い。 そこで写された1枚の写真。 勝利のシンボルとして英雄に祭り上げられた3人の兵士たち。
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2006/10/31 9:15 AM |
父親たちの星条旗
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 132分 監督 クリント・イーストウッド 原作 ジェームズ・ブラッドリー 、ロン・パワーズ 脚本 ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr 音楽 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ 、
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/10/31 12:51 PM |
父親たちの星条旗
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
| Akira's VOICE | 2006/10/31 4:20 PM |
父親たちの星条旗
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
| 欧風 | 2006/10/31 6:35 PM |
映画のご紹介(201) 父親たちの星条旗
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(201) 父親たちの星条旗-戦争の最前線では、 オールマイティな英雄は存在しない。 この映画は、アメリカ側から見た「硫黄島の闘い」を映画化したもので、年末には、日本側から見
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/10/31 7:43 PM |
「父親たちの星条旗」レビュー
「父親たちの星条旗」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/10/31 9:50 PM |
父親たちの星条旗
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
| 悠雅的生活 | 2006/10/31 10:11 PM |
父親たちの星条旗
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の
| 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2006/10/31 11:38 PM |
「父親たちの星条旗」
映画のジャンルに、 記録映画とドキュメンタリーと、 フェクションとノンフェクションがあるならば、 この「父親たちの星条旗」は、 限りなく記録映画を見ている気持ちになる、 ドキュメンタリーに見えるノンフェクション映画。
| しんのすけの イッツマイライフ | 2006/10/31 11:40 PM |
父親たちの星条旗
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞 父親たちの星条旗/FLAGS OF OUR FATHERS 2006年/アメリカ/132分 監督: クリント・イーストウッド 出演: ライアン・フィリップ /ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー 公式
| Addicted to the Movie and Reading! | 2006/11/01 4:42 AM |
衛生兵!
「父親たちの星条旗」の戦場場面で印象に残るのは爆発音、砲撃音、あるいは雄叫びではない。「衛生兵!」「Corpsman!」であろうが、「コーマン!」と聞こえる。この言葉が一番、印象に残ったし、登場する回数も多い。つまり、これが戦場の実態なのではないか。
| 映画と出会う・世界が変わる | 2006/11/01 4:16 PM |
父親たちの星条旗/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ
この作品で描かれてることって全て史実なんでしょうか?第二次世界大戦で硫黄島が最大の激戦地であったことは教科書などでちょこっと勉強したことくらいはありましたけど、あの硫黄島を取り囲んだ米軍艦隊の大群には正直驚きました。エンディングロールでは実際の写真が
| カノンな日々 | 2006/11/01 11:01 PM |
映画『父親たちの星条旗』
今日は梅田ブルク7で映画を2本ハシゴしてきました&#63899;。 1本目は、昨日から公開の映画『父親たちの星条旗』。400席&#63830;を超える最も大きなシアター1での上映でしたが、午前中ということもあってか、客の入りは4割程度というところ。 太平洋戦争末
| 健康への長い道 | 2006/11/01 11:36 PM |
父親たちの星条旗
特別試写会のハガキが送られてきたんですけど 封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて 果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。 適当に応募したのが当たったのか? それすらも忘却の彼方。 でもラッキー。(^^) 太平洋戦争末期の1945年2月、硫黄島。
| 映画、言いたい放題! | 2006/11/01 11:46 PM |
個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】
個人向け国債(財務省 郵便局 証券会社の募集 キャンペーン情報  個人向け国債の仕組みの基礎知識(利率 金利  利息 保証金 信用取引 メリット 口座開設方法) 個人向け国債について基礎からしっかり身に付けます!! 財務省 証券会社 郵便局 みずほ 
| 個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】 | 2006/11/02 12:17 AM |
父親たちの星条旗
   硫黄島をアメリカと日本、両方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督のアメリカ側視点の作品。  あの写真はあまりにも、鮮烈すぎた。  スクリーンに現れるだけで、ハッとしてしまう写真。冒頭から一葉の写真が披露される。これはその写
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/11/02 5:08 PM |
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗 (監督 クリント・イーストウッド) 原題: Flagas of Our Fathers (2006) 2006年10月28日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン8 E-14ウィンブル・シート 2006
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/11/02 6:56 PM |
感想/父親たちの星条旗(試写)
太平洋戦争最大の激戦地であった硫黄島での戦いを、日米双方から描いた二部作の第一弾『父親たちの星条旗』10月28日公開。クリント・イーストウッド監督、スピルバーグ製作、さらにはポール・ハギス脚本! ずしりと響く骨太な一作。スゲー良かった。日本編の『硫黄島か
| APRIL FOOLS | 2006/11/02 8:08 PM |
「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうが
| 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2006/11/02 8:28 PM |
映画〜父親たちの星条旗
 「父親たちの星条旗」公式サイト3日連続試写会の第一弾はこちらの作品でした☆「硫黄島2部作」の第一弾、"アメリカからみた硫黄島"。。。"硫黄島の戦い"1945年2月16日から約1ヶ月もの間繰り広げられた日米の攻防戦。太平洋戦争末期の激戦であり、硫黄島は太
| きららのきらきら生活 | 2006/11/02 9:19 PM |
「父親たちの星条旗」 Flags of Our Fathers
残酷なまでにリアルでスケール感のある戦闘シーンがたびたび描かれながら、そこから伝わってくるのはとても静かでクールにすら感じられる問いかけ。「戦争とは」「英雄とは」そして「誰のために戦い、死ぬのか」。 太平洋戦争における最も象徴的な写真のひとつとして知
| 俺の明日はどっちだ | 2006/11/02 9:22 PM |
父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers
クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていたかもし
| 我想一個人映画美的女人blog | 2006/11/02 10:55 PM |
父親たちの星条旗 
この映画は二部作のうちの最初の一作目。 アメリカからの視点で描かれている。   次に公開されるのは日本側からの視点で、  タイトルは『硫黄島からの手紙』。   監督はクリント・イーストウッド。   原作は、英雄とされた兵士のうちの一人、 衛生兵ドクの息子に
| 花ごよみ | 2006/11/02 11:19 PM |
「父親たちの星条旗」:上野広小路バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}あのアメリカの旗をデザインした看板は何? {/kaeru_en4/}アメリカ屋。いろんなアメリカ製品を売ってる。 {/hiyo_en2/}旗とかも売ってるのかしら。 {/kaeru_en4/}硫黄島で最初に立てたほうの旗も売ってたりしてな。 {/hiyo_en2/}まさか。 {/kaeru_en4/}ほ
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2006/11/02 11:24 PM |
父親たちの星条旗
公開日 2006/10/28監督:クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」、「マディソン郡の橋」出演:ライアン・フィリップ/ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ 他【あらすじ】太平洋戦争末期、連合国軍に対する日本の最後の砦となった硫黄島の山頂
| Good job M | 2006/11/02 11:58 PM |
温度差がすごい 「父親たちの星条旗」
評価:85点
| 平気の平左 | 2006/11/03 12:15 AM |
父親たちの星条旗
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
| ネタバレ映画館 | 2006/11/03 12:16 AM |
父親たちの星条旗
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリー・
| ★試写会中毒★ | 2006/11/03 12:49 AM |
父親たちの星条旗。
10月28日から公開になる 父親たちの星条旗 をひと足先に観てきました。(公式サイトはこちら ) この時代に生きた人たちは、戦に勝つことに必死に、そして色んなモノを守る為に生きていたんでしょうね。 銃や、爆薬、殺し合いに実感が沸かない、それ
| YOU-kiss | 2006/11/03 1:37 AM |
父親たちの星条旗
太平洋戦争の有名な写真、 「硫黄島・摺鉢山に星条旗を立てた6人の兵士」 の軌跡を紡ぎだした、 クリント・イーストウッド監督 渾身の戦争映画!! STORY:砲弾に襲われた山の頂に星条旗を掲げる 6人のアメリカ兵―。 1945年2月23日、太平洋戦争末期の激戦の
| 映画とはずがたり | 2006/11/03 1:54 AM |
人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】
この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2006/11/03 2:36 AM |
父親たちの星条旗 (2006) FLAGS OF OUR FATHERS  132分
 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗
| 極私的映画論+α | 2006/11/03 7:15 AM |
『父親たちの星条旗』鑑賞!
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリカ国旗
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/03 8:30 AM |
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗です。太平洋戦争を題材にした映画ですが全く現代のドラマとして考えても何ら違和感はありません。国策に翻弄された人々。米国の国益至上主義。クリント・イーストウッド監督のいいたいことは山ほどあったのではないでしょうか。第2部「硫黄島からの手
| N’s Talk | 2006/11/03 9:08 AM |
父親たちの星条旗
<梅田ブルク7にて> 2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド 後生に語り継がれる戦争映画の傑作。 あまりの完成度の高さに、呆然とした。 見終わった後、ため息が漏れた。この作品に何の不満もない。あそこがこうだったら、とか、あれはないんじゃな
| シネ・ガラリーナ | 2006/11/03 1:36 PM |
FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日本の領
| 銅版画制作の日々 | 2006/11/03 4:37 PM |
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/03 5:33 PM |
東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。 「父親たちの星条旗」★★★★オススメ ライアン・フィ
| soramove | 2006/11/05 10:11 AM |
父親たちの星条旗
『FLAGS OF OUR FATHERS』公開:2006/10/28(11/04鑑賞)監督:クリント・イーストウッド製作:スティーヴン・スピルバーグ、クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ原作:ジェームズ・ブラッドリー    『硫黄島の星条旗』(文春文庫刊)/『父親たちの星条旗』
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/11/05 4:32 PM |
父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている
 クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督としての力量にノックアウトされた私は、早速鑑賞...
| シカゴ発 映画の精神医学 | 2006/11/05 6:53 PM |
「父親たちの星条旗」は言っている。
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミス
| やまたくの音吐朗々Diary | 2006/11/06 10:38 AM |
父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド)
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を
| CINEMANIAX! | 2006/11/06 9:15 PM |
父親たちの星条旗(2006):Flags of Our Fathers
“硫黄島”を題材にした2部作のアメリカ側の視点で描かれた作品。 原作の映画化権をスティーブン・スピルバーグが獲得したニュースがまず報道され、 後にそれをクリント・イーストウッド監督がメガホンをとると聞かされた時には驚きました。 『硫黄島からの手紙』を
| 昨夜の一杯 | 2006/11/06 10:05 PM |
「父親たちの星条旗」見てきました
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。
| よしなしごと | 2006/11/07 3:09 AM |
★「父親たちの星条旗」
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/11/07 5:06 AM |
映画「父親たちの星条旗」
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。硫黄島
| しょうちゃんの映画ブログ | 2006/11/10 8:20 AM |
映画 「父親たちの星条旗」
 ここ硫黄島に圧倒的な戦力で押し寄せたアメリカ軍は、上陸してはじめて堅固な防御陣地が日本軍によって引かれている事に気づいた。日本軍はじりじりと後退することはあっても、無謀なバンザイ攻撃を仕掛けることはなく、最後の一兵まで辛抱強く戦い続ける戦術でアメリ
| After the Pleistocene | 2006/11/10 10:22 AM |
【映画】「父親たちの星条旗」評
今話題の日米双方の視点から描いた「硫黄島二部作」の第一作目である「父親たちの星条旗」http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/―――を、見てきた。先ずは、米国側から見た硫黄島の戦いである。硫黄島の戦いhttp://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/512
| われおもふこと | 2006/11/10 2:31 PM |
父親たちの星条旗by高村英次さん
メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」最新号(第七号)から、『父親たちの星条旗』のコメントを続けます。札幌の映画ライター高村英次さんは、裏ベストにご選出でした。当然ベストに入れるべきですが、公開中なので裏ベストに。複雑な原作をさらに複雑にし
| 試写室だより ただいま編集中! | 2006/11/10 2:46 PM |
見たんか? お前見たんか? 何年何月何時何分何秒?
父親たちの星条旗 鑑賞 65点(100点満点中) 第二次世界大戦において、米軍の勝利を決定づけるきっかけの一つになったとされる、6人の米兵が硫黄島の山頂に星条旗を立てようとしている有名な写真。その写真に隠された歴史の裏側を、6人の内の一人の息子がレポー
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2006/11/11 12:15 AM |
ん〜残念、クリント・イーストウッド監督「父親たちの星条旗」
「許されざる者」「ミスティック・リバー」とラストに救いようなさを味合わされ、人間の業の深さを描ききった、蓮実重彦氏に言わせれば、映画の枠を超えようとする“恐ろしい映画”を撮ったクリント・イーストウッド監督の最新作「父親たちの星条旗」を観て来た。 「
| シネマつれづれ日記 | 2006/11/11 12:07 PM |
「父親たちの星条旗」
「父親たちの星条旗」丸の内プラゼールで鑑賞 クリント・イーストウッドが描く戦争は、たしかに今までの戦争映画とは一線を隔したものでした。スピルバーグが総指揮をとったので、戦闘シーンは確かに激しく残酷なものも感じられましたが、イーストウッドの人柄が良く
| てんびんthe LIFE | 2006/11/11 3:56 PM |
「地下鉄(メトロ)に乗って」
「地下鉄(メトロ)に乗って」丸の内ピカデリー2で鑑賞 地下鉄で通勤はしていませんが、いつも使っている丸の内線、半蔵門線、銀座線が使われているのでうれしい感じ。「交渉人」で使われていた地下鉄の駅は駅名以外は東京じゃあなかったのでつまらなかったし。韓国
| てんびんthe LIFE | 2006/11/11 3:58 PM |
「父親たちの星条旗」とシカゴ〜ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア
 「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争というと「過去のもの」という印象なのでしょうが、...
| シカゴ発 映画の精神医学 | 2006/11/12 7:03 AM |
父親たちの星条旗
最近「911」を扱った映画が2本公開されましたけど、 何故あんなテロを起こすに至ったかを描く視点の映画も観ないと 何となく事実を公平に判断出来ない気がしていました。 ところがこの「父親たちの星条旗」はアメリカ側の視点、 「硫黄島からの手紙」は日
| It's a Wonderful Life | 2006/11/12 11:10 AM |
父親たちの星条旗
観に行っててきました。 年配の男性のお客さんが多かったです。 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ/ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ 戦争を終わらせた 一枚の写真。 その真実。 誰でも一度は見たことがあると思う写真「硫黄島
| ダラダラ生活 日記 | 2006/11/12 9:47 PM |
父親たちの星条旗
※ネタバレを含んでいるので注意 例えばロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」(思えば、この写真もヤラセじゃないかという疑惑があるが)のように、戦場写真には強烈なワンシーンを焼き付けるものが多々ある。 今回観てきた『父親たちの星条旗』が題材とした、摺鉢山
| 休日の過ごし方 | 2006/11/12 10:37 PM |
『父親たちの星条旗』
『父親たちの星条旗』公式サイト 監督・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr 出演:ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ 、    ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー
| Rabiovsky計画 | 2006/11/12 11:02 PM |
『父親達の星条旗』(映画館)
 一昨日、『父親達の星条旗』を観に行きました。久し振りに観客の年齢層が高めでしたね。まあこの方が落ち着いて観れますね。
| 喫茶10 | 2006/11/12 11:24 PM |
父親たちの星条旗(2006/アメリカ)
FLAGS OF OUR FATHERS 監督: クリント・イーストウッド 出演: ライアン・フィリップ    ジョン・“ドク”・ブラッドリー    ジェシー・ブラッドフォード     レイニー・ギャグノン    アダム・ビーチ      アイラ・ヘイズ    ジ
| 虫干し映画MEMO | 2006/11/13 8:14 PM |
父親たちの星条旗
原題は「Flags of our Fathers」 このFlagsと複数形であるところがひとつのミソ。 「硫黄島からの手紙」はきっと見るだろうから、 2部作の前編であるこの「父親たちの星条旗」も見ておかねば、 と言う感覚だった。 監督は、クリント・イーストウッド。 映画の作り方
| ITニュース、ほか何でもあり。by KGR | 2006/11/14 8:14 PM |
劇場『父親たちの星条旗』
監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、バリー・ペッパー、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ジョン・スラッテリー、ポール・ウォーカー、ジェイミー・ベル他 “アメリカから見た硫黄島”。けっこう
| 映画ダイエット | 2006/11/14 9:52 PM |
写真が語る真実。
『父親たちの星条旗』(2006年・アメリカ/132分)公式サイト〜国家の威信をかけた戦いの場。そこは、互いの命を奪い合う事だけが目的の戦場。戦場にヒーローは、いない。・・・ヒーローなど、いらない。 <監督>クリント・イーストウッド <原作>ジェイ
| ひょうたんからこま | 2006/11/14 9:54 PM |
父親たちの星条旗 クリントイーストウッド監督
いや〜クリントイーストウッドはいい映画を作るねぇ〜 泣けるという映画ではないけど、見終わった後にいろいろな事を考えさせられる 映画でした。 いや深い!
| たけしのポレポレ部屋 | 2006/11/15 12:02 AM |
『父親たちの星条旗』 @ユナイテッドシネマとしまえん
ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えようとしている。彼の名前は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。1945年、海軍の衛生兵として硫黄島の戦いに赴き、激戦を戦い、そこで撮られた1枚の写真によってアメリカ中から“英
| 映画な日々。読書な日々。 | 2006/11/15 11:54 PM |
「父親たちの星条旗」
クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」観てまいりました。 硫黄島二部作の第一部で、アメリカ側からみた硫黄島での戦いと、その裏にあるものが描かれたこの作品、単純に良かったとか面白かったとか言えるものではないですね。 一枚の写真から作られ
| 固ゆで卵で行こう! | 2006/11/16 11:27 AM |
いつの時代も変わらない情けない出来事。『父親たちの星条旗』
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いをアメリカ側の目線で描いた作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/11/16 12:52 PM |
「父親たちの星条旗」を試写会にて鑑賞。
 昨日は、新橋のヤクルトホールにて「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました。  まずこの試写会、入場時に荷物検査があり入場に時間がかかる、一部の不届き者のせいで一般試写会までカメラチェックが入るのは、ちょっと疑問を感じる。  しかし今日の試写会は
| e-mono select | 2006/11/16 10:13 PM |
父親たちの星条旗
 評価/★★★☆☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:クリント・イーストウッド  このブログでも再三言いましたが、自分にとってもっとも相性の悪い監督が何を隠そうこのクリント・イーストウッド監督なのです。  もう何を見せたいのか自分には何
| ギョニー・デップの界王拳 | 2006/11/17 2:11 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/17 4:37 PM |
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗  @ユナイテッドシネマとしまえん 11月11日(土) 公式サイトはコチラ ドキュメンタリータッチで真摯な姿勢が伝わる作品でした クールな印象を受けますがそれが彼らにとっては 戦争が日常であったのであろうと思わせます
| シュフのきまぐれシネマ | 2006/11/18 9:02 AM |
父親たちの星条旗
「父親たちの星条旗」を観ました。 ★★★★ 基本的に戦争映画は嫌いなんですが、これは観ておかなきゃ!と思うものが時々あるんですよね。これは観て正解、少なくともアメリカの戦争映画が嫌いな要素はこの中にはなかった。いろいろと考えさせられるものがあります
| ふわふわり | 2006/11/18 3:42 PM |
「父親たちの星条旗」
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も湧き
| ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2006/11/19 2:55 AM |
父親たちの星条旗(06・米)
原題 Flags Of Our Fathers ― 「Show the flag」と米国からわが国が言われたことはまだ記憶に新しいだろう。 flagとは「国旗」、米国ではすなわち「星条旗」のことである。 クリント・イーストウッド監督作品、「硫黄島2部作」の第1作。 米国から見た硫黄島
| no movie no life | 2006/11/19 11:31 PM |
父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実
| Subterranean サブタレイニアン | 2006/11/21 2:01 PM |
『父親たちの星条旗』〜名無しの英雄〜
『父親たちの星条旗』公式サイト 監督:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチほか 【あらすじ】(goo映画より)ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えよ
| Swing des Spoutniks | 2006/11/23 8:38 PM |
10ページで理解「ネイティブに通じる英語を話す方法」
こんにちは、SENやん言います、よろしくです。 【10ページで理解「ネイティブに通じる英語を話す方法」】のレポートをアップしています、参考になるかと思います、よろしくお願いします。
| 無料のレポートなら・・・『無料レポート館』 | 2006/11/23 10:59 PM |
『父親たちの星条旗』
『父親たちの星条旗』(FLAGS OF OUR FATHERS)鑑賞。戦争とはなんなのか、一体何の為に命を懸けて戦うのか。その空しさと命の尊さを強く問いかけられます。それぞれの国の立場、それぞれの視点からの硫黄島を描く2部作、日本側の『硫黄島からの手紙』を見て完結するはず
| 試写会帰りに | 2006/11/23 11:21 PM |
父親たちの星条旗
「父親たちの星条旗」を見てきました。 戦争には正義も悪も、英雄も悪人もいない。英雄とは人によって作られるものだ。というスタンスで描いています。 硫黄島の要衝摺鉢山の頂上立つ星条旗を立てた六人の兵士たちの中で生き残った三人が帰国後英雄に祭り上げられ
| Kousyoublog | 2006/11/24 10:37 AM |
父親たちの星条旗
昨日の朝一番で見てきました。クリント・イーストウッド監督、スピルバーグ製作の”硫黄島”二部作の一つ「父親たちの星条旗」!
| Elinor's Forest | 2006/11/25 9:59 PM |
父親たちの星条旗
見てきました~v(*'-^*)bぶいっ♪ 戦争映画は見ることは無いと思っていたんだけど。。。 他に見るのが無い!(by キャナルシティ) 蛇の飛行機が見たかったんだけどすでに夜しかない。 あとはほとんど邦画&#63916; てことでこれ。 う~ん。戦争の描写がすごかっ
| ちわわぱらだいす | 2006/11/26 12:49 AM |
父親たちの星条旗 (2006)
今までにクリント・イーストウッド監督作品を見た事は無いんですけど…「硫黄島2部作」には期待してました。 第1弾『父親たちの星条旗』はアメリカから見た「硫黄島」です。 ストーリーは淡々と進む感じなんだけど、退屈では無いです。1枚の写真にまつわる3人の帰還
| cinema or movie ? | 2006/11/26 4:01 AM |
『父親たちの星条旗』
(原題:Flags of Our Fathers) 「さて今日の作品は小手調べというかプロローグだけ喋るよ」 ---どういうこと? 「この映画は日米の激戦地<硫黄島>を日米両方の角度から描いたものなんだ。 もちろん、これはこれ一話でも成り立ってはいるけど、 やはり両方を観てか
| ラムの大通り | 2006/11/26 10:14 AM |
祭り上げられてしまった英雄たち
254「父親たちの星条旗」(アメリカ)  1945年2月23日、戦争に疲弊していたアメリカ国民を熱狂させた1枚の写真が撮影された。それは硫黄島に星条旗を立てる6人の兵士の姿だった。6人のうち生き残った3人、ドク、アイラ、レイニーは帰国し、硫黄島の英雄
| CINECHANの映画感想 | 2006/11/27 11:49 PM |
父親たちの星条旗
オススメ度 ☆☆☆☆(4.0) ミドコロ 回想シーン。色々交錯してて巧いなぁ プライベートライアンなみ戦争の悲惨を伝えます系の映画。だけどそれほど血みどろじゃないので、普通に見ることが可能です。テーマはわかりやくて「英雄はいない」ってこと。ラストに“英雄は
| 週間ダイジェスト+ | 2006/11/28 10:33 PM |
父親たちの星条旗
見ました。 これまたすごい映画でした。 実を言うと、これまで戦争映画ってあまり見てこなかったんです。 できれば避けて通りたいジャンルといいますか。 そんな私が今回は見に行った訳は、クリンスト・イーストウッド監督作品だから。 『ミスティック・リバー』
| 雨は止まない | 2006/11/28 11:18 PM |
父親たちの星条旗
      父親たちの星条旗(2006年、アメリカ、ワーナー・ブラザーズ) http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/    監督:クリント・イースト・ウッド 出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベ
| ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜 | 2006/11/29 4:13 PM |
▼ クリントイーストウッドは語る
こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろしくお願い申し
| 書きたいことを書くブログ | 2006/12/01 12:05 PM |
映画「父親たちの星条旗」
監督: クリント・イーストウッド 出演: ライアン・フィリップ、 ジェシー・ブラッドフォード、 アダム・ビーチ、etc... Official Site 10/28、公開 「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、太
| pm:3時 | 2006/12/01 9:49 PM |
父親たちの星条旗
第二次世界大戦で、最大の激戦地となった硫黄島の戦いにおいて、 有名な星条旗を掲げる兵士が、国民的英雄と祭り上げられ、 戦費を捻出する為の国債購入キャンペーンに利用される姿を描いた作品。 第二次世界大戦のアメリカ側視点で描かれた映画は、実は初鑑賞だっ
| 映画雑記 | 2006/12/03 5:50 AM |
父親たちの星条旗
1945年。アメリカ軍は日本軍が地下要塞を築いて待ち構える硫黄島に上陸する。当初アメリカ軍は5日で硫黄島を奪取するつもりだったが、日本軍の激しい抵抗にあい苦戦を強いられる。激戦の末、アメリカ軍は硫黄島の山頂に星条旗を掲げる。星条旗を掲げる6人の兵士達
| ビター☆チョコ | 2006/12/09 3:32 PM |
映画「父親たちの星条旗」
予告編やHPみて公開前から観に行こうと決めてた 「父親たち星条旗」 評判いいですよねこの映画。 さすがクリンスト・イーストウッド監督・・・・ アカデミー賞もなんて言われ始めてますもんね。 ぼくの観ていた今夜の最終回も大人の男性から 20代まで結構幅
| ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO | 2006/12/10 12:33 PM |
父親たちの星条旗
「ミリオンダラー・ベイビー」で、本当は凄い人なのじゃないかと自己の考え方を大きく変えたこのクリント・イースト・ウッド監督作品は、その筆者の「思い入れ」を更に強いものにしてくれた。この作品、「ミリオン〜」のイーストウッド(敢えて「ミリオン〜」のと言いた
| 利用価値のない日々の雑学 | 2006/12/10 5:18 PM |
buy fioricet
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| buy fioricet | 2006/12/11 6:04 PM |
『父親たちの星条旗』
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]         2006/10/28公開  (公式サイト) 残虐度[:撃沈:][:撃沈:][:撃沈:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】クリント・イーストウッド 【製作】クリント・イーストウッド / スティーヴン・スピルバ
| アンディの日記 シネマ版 | 2006/12/13 7:05 PM |
映画「父親たちの星条旗」を観てきた
昨日観て来ました。 クリント・イーストウッド監督。 硫黄島2部作の1作目。 (2作目「硫黄島からの手紙」は日本側の視点から描かれる。来月公開) 太平洋戦争。 硫黄島をほぼ制圧したアメリカ軍。 星条旗を掲げている兵士たちの写真が新聞に掲載され
| 新型そうだちゃんなダイアリー | 2006/12/15 9:45 PM |
「父親たちの星条旗」
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた
| 共通テーマ | 2006/12/21 5:55 PM |
父親たちの星条旗(映画館)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
| ひるめし。 | 2006/12/23 10:54 PM |
父親たちの星条旗
布施ラインシネマが10周年。 その記念イベントの一環としての抽選会で映画グッズを引き当てる。 いくつかある中から「007 ダイ・アナザー・デイ」のショルダーバッグに。 「ターミネーター3」のTシャツにしようか悩んだのだけれども。
| さばの味・技めぐり匠版 | 2006/12/24 2:09 PM |
父親たちの星条旗
Flags of Our Fathers アメリカ・日本の双方の視点から硫黄島の戦いを捉えたクリント・イーストウッド監督の2部作の第1作。 星条旗を掲げた兵士たちのその後のドラマを、抑制された誠実な語り口、リアルな戦場の描写で語る。彼らは作られたヒーローではなく、fath
| knockin' on heaven's door | 2007/01/06 6:38 PM |
muzoboz0935
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| muzoboz0935 | 2007/01/10 3:11 AM |
硫黄島からの手紙
先日、「父親たちの星条旗」に続き「硫黄島からの手紙」を鑑賞して来た。
| I'm TK | 2007/01/18 7:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/27 10:34 PM |
『父親たちの星条旗』’06・米
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によ
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2007/02/13 7:52 PM |
父親たちの星条旗〜虚像の英雄たち
今年もあとも少しで終わりですが、戦後から 61年となっています。 戦争体験者も80歳を越え、亡くなられる方も 数多くいると思われます。 太平洋戦争とは何だったのか? 日本人ですら、硫黄島での戦闘のことを よく知っている人も少なくなっているのでは ない
| Osaka-cinema-cafe | 2007/04/14 4:07 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/17 11:44 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/25 3:39 PM |