CHEAP THRILL

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(2)『上海の伯爵夫人』 | main | 真・映画日記(4)『9/10 ジュウブンノキュウ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(3)『クリムト』
(2から)

午後4時25分、一旦映画館から出て、
近くにある回転すし屋「台所屋」で軽く寿司を食べる。

4時50分、再び映画館へ。

『クリムト』を見る。

予想通りの芸術的な映像と
意外性のある演出に完全に惹きつけられた。

主演はジョン・マルコヴィッチ。

1900年のウィーンの画壇でグスタフ・クリムト(ジョン・マルコヴィッチ)は裸体画を描くことで問題になっていたが、
パリでは絶賛され、パリの万国博覧会で金賞を受賞する。
万博の晩餐会でクリムトはジョルジュ・メリエスが作った映像を見て、
そこに出ている女優レアに心を奪われ、
大使館の書記官のとりなしで彼女と密会をすることに。
しかし、その途中で彼はレアが入れ替わっていることに気付く。
クリムトは本物のレアを探し求めることに。

クリムトのレア探しを基本線に
恋人のミディやパトロンのセレナ、(絵の)モデルのミッツィ
との関係が絡む。
偽者のレアが出てきたり、
あるキャラが亡霊だったりで多少ストーリーに振り回されるかもしれないが、
ある意味それでいい。
なぜなら、主人公クリムト自体が迷宮に迷い込んでいるからだ。
特に後半なんかは見ている側も一緒に迷宮に迷い込みつつ、
その幻想的な世界を感じ取ってほしい。

とても芸術的であり、演出が凝っている。
効果的に鏡や雪(紙ふぶき?)、ときには金箔なんかも使っている。
特に鏡の使い方がすごい。
これは見逃さないでほしい。
そして唐突にモノが割れたり壊れたりするシーンが多いが、
あれも意表をついていていい。

映像の構図は絵画に関わる映画だけに言うに及ばずだ。
ひとつ特筆するのはグラスや水差し、ビンをテーブルの上に置いてある構図。
これこそ監督ラウル・ルイスが描いた映画の中の絵画のようである。

点数はまたまた10点満点。1日で2回出してしまった。
いいんだから仕方がない。

映画の筋もいいが数々の魅力的な演出を見てほしい。
あるバーのシーンは笑えます。

(4へ)

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(2) | trackbacks(29) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
八ちゃん (2006/11/09 11:29 PM)
こんばんはTBありがとうございます。

もうちっと官能的に描かれているのかなぁ〜
なんて(予告編から)思ったりしたのですが、
けっこうまともに作られていました(とは言っても難解ですが…)

>主人公クリムト自体が迷宮に迷い込んでいるからだ

おおっ、なるほど、と思わずうなっちゃいましたよ!
jじょ〜い (2006/11/11 5:39 PM)
八ちゃんさん

こちらこそありがとうございます。

まあ、官能的なものはあれが限界だったかも。
R-18じゃなかったですよね?
その辺見てないからわからないけど。

クリムトがコトをやっているところをマジックミラーで見られているところは個人的に良かったと思います。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/332
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/01 10:39 AM |
クリムト/ジョン・マルコヴィッチ
私の好きな世紀末画家グスタフ・クリムトを描いた作品です。クリムトは知らなくても彼の作品は観たことあるという方は多いかもしれませんね。何でもクリムトは日本では人気が高らしいんですが、言われてみればお店などでインテリアとしてレプリカを飾ってるのを時々見か
| カノンな日々 | 2006/11/03 8:57 PM |
『 クリムト 』
映画 『 クリムト 』  [劇場鑑賞] 公開日:2006年10月28日 オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス 監督・脚本:ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ ヴェロニカ・フェレ サフロン・バロウズ スティーヴン・ディレイン ニコライ・キン
| やっぱり邦画好き… | 2006/11/04 12:44 AM |
クリムト(2006墺/仏/独/英)
(11月1日@シネスイッチ) 今日は映画の日。好みの試写会もないし、公開映画の候補は「サラバンド」か2回目の「ブラックダリア」でしたが…。ふらりとシネスイッチを覗くと、意外に空いているじゃないですか。どうせ今週のレディスデーは込むだろうから、ここで「クリ
| WAKOの日常 | 2006/11/05 8:51 AM |
113.クリムト
画家グスタフ・クリムトの、その生涯について、あるいは何派に当たるのか、などは知らなくても、あの印象的な絵はとても好きだ、金箔の使い方が素敵だ・・・、という人もきっと多いと思う。
| レザボアCATs | 2006/11/06 9:24 PM |
クリムト
画家という人物を描いているので、一般人のサクセスストーリーを描くのとは違って、どうしてもアーティスティックな内面を映像化することになる。だから興味深いのと同時に映画そのものも独創的になりやすく、難しくしてしまう。 芸術家特有の官能世界に絞った方が面白
| 八ちゃんの日常空間 | 2006/11/09 11:36 PM |
*クリムト*
{{{   ***STORY***     オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス 1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン・シーレの存在にも気づか
| Cartouche | 2006/11/11 11:06 AM |
劇場『クリムト』
監督&脚本:ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ、ニコライ・キンスキー、スティーヴン・ディレイン他 死の床につくクリムトと、その弟子と思しき若い男(劇団ひとり似)が、華やかなりし頃を思い起こす・・・みたい
| 映画ダイエット | 2006/11/14 9:50 PM |
「クリムト」を見た
渋谷で映画クリムトを。席は7割ほど埋まっていました。続きを読む前にランキング
| savina。の 『ばいつ'n'びっつ』 | 2006/11/15 1:28 AM |
クリムト
満 足 度:★★★★        (★×10=満点)  監  督:ラウル・ルイス キャスト:ジョン・マルコヴィッチ       ヴェロニカ・フェレ       サフロン・バロウズ       スティーヴン・ディレイン       ニコライ・キン
| ★試写会中毒★ | 2006/11/15 7:14 AM |
クリムト(オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス)
11月10日(金)、ポコっと時間があいたんですよー。 とういことで、900円で観ることができる「クリムト」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 、サフロン・バロウズ 、スティーヴン・ディレイン 、
| 映画でココロの筋トレ | 2006/11/15 8:01 PM |
クリムト
クリムト 11月9日(木)@シネマイクスピアリ ? グスタフ・クリムトを演じるマルコヴィッチ 右はエゴン・シーレ役のニコライ・キンスキー シーレはとても似てるのだそうです ストーリー“らしき”ものは 公式サイトコチラ で是非ご覧になってくださ
| シュフのきまぐれシネマ | 2006/11/15 9:06 PM |
★「クリムト」
今週は、あまり見たい映画が無かったので、期待薄の作品を・・・。 でも、珍しく早起きしちゃったので、2本見ることに。 その1本目。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/11/16 3:17 AM |
映画:クリムト
クリムト@ル・シネマ 「一目ぼれなら一瞬しかもたないわ」 「明日へのチケット」が立ち見だったので急遽こちらに変更。 20世紀初頭のオーストリア・ウィーンとパリを舞台に死の床のクリムトの過去が夢のように甦ってくる。 短気で気まぐれ、女好き、子だくさん
| 駒吉の日記 | 2006/11/16 3:47 PM |
映画『クリムト』を観て
原題:Klimt(オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス)上映時間:97分鑑賞日:11月4日 ル・シネマ(渋谷)監督・脚本:ラウル・ルイス出演:ジョン・マルコヴィッチ(クリムト)、ヴェロニカ・フェレ(ミディ)、サフラン・バーローズ(レア・デ・カストロ)、
| KINTYRE’SPARADISE | 2006/11/18 3:48 PM |
クリムト
期待値:31%  画家クリムトの半生を彼の回想で綴るファンタジー。 ジョン・マルコヴィッチ主演。 妄
| 週末映画! | 2006/11/20 5:34 PM |
クリムト
Klimt 公開中なので控えめに 死の床についていたクリムト(ジョン・マルコヴィッチ)を見舞ったのは、彼を敬愛するエゴン・シーレ(ニコライ・キンスキー)だった。 クリムとはうなされ、「花・・・」とうわごとを言う。 パリ万博では人気を博し金賞を獲たクリムトの
| I am invincible ! | 2006/11/23 7:16 PM |
ラウル・ルイス監督「クリムト」
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車酔いを
| 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) | 2006/12/02 2:02 AM |
ラウル・ルイス監督「クリムト」
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車酔いを
| 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) | 2006/12/02 2:03 AM |
ラウル・ルイス監督「クリムト」
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車酔いを
| 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) | 2006/12/02 2:04 AM |
buy fioricet
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| buy fioricet | 2006/12/11 6:04 PM |
「クリムト」
 2006年/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス  監督/ラウル・ルイス  出演/ジョン・マルコヴィッチ      ヴェロニカ・フェレ  19世紀末のオーストリアに実在した天才画家クリムトの人生を描いた作品・・・と言いたいところですが、これ、本当に
| It's a wonderful cinema | 2007/01/01 2:55 AM |
muzoboz0935
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| muzoboz0935 | 2007/01/10 3:11 AM |
クリムト
美神“ミューズ”を描きつづけた画家、グスタフ・クリムト。「エロス」と「タナトス」をテーマに描く究極の愛。1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2007/01/28 11:36 PM |
クリムト
    1週間くらい前、映画「クリムト」を銀座のシネ・スイッチで見ました。      すぐにUPしなかったのは、ちょっとバタバタしていて、   食べ物系やWeblogは、わりとチャチャッと書けるのですが    映画や絵画となると、文章を考えてしま
| おいしいものと日常+ | 2007/02/14 2:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/17 10:27 AM |
コーチバッグ激安
コーチバッグ激安の案内についてです
| コーチバッグ激安の案内 | 2007/04/09 4:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/28 8:01 AM |
クリムト
Klimt(2006/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス ) 【DVD】 監督 :ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ/ヴェロニカ・フェレ/サフロン・バロウズ/スティーヴン・ディレイン/ニコライ・キンスキー/サンドラ・チェッカレッリ オーストリアの
| 小部屋日記 | 2007/05/11 12:48 PM |