CHEAP THRILL

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『晩春』 | main | 真・映画日記『キンキー・ブーツ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『ハードキャンディ』
9月6日(水)

ここのところ、朝・晩が涼しいが、
この日は日中も涼しかった。

仕事はそこそこに。
午後6時に終業。
神谷町から日比谷線にのり、
銀座で銀座線に乗り換え渋谷へ。
移動していてふと思ったが、
乗り換えをするよりも
(御成門から)虎ノ門までちょっと頑張ってあるいた方が10分くらい早いのじゃないかと……。
今度試してみよう。

6時40分に渋谷に着き、
シネマライズへ。
映画館の前は誰もいない。
チケット&座席もすんなりとれる。

『ハードキャンディ』の午後7時からの回は30人くらいしかいなかった。
客層は20代のカップルが中心。

本編103分。
今までになくイライラ&ハラハラさせられながらも実に心地よい。
個人的にはそんな気分になった作品だ。

監督はデヴィッド・スレイド。
脚本はブライアン・ネルソン。
共にこの作品が長編映画デビュー作となる。
メインキャストはエレン・ペイジとパトリック・ウィルソン。

フォトグラファーのジェフ(パトリック・ウィルソン)は出会い系サイトで知り合った14歳の少女・ヘンリー(エレン・ペイジ)とチャットで実際に会う約束をする。

カフェで対面した二人。ジェフはヘンリーにTシャツを買ってあげたり、音楽の話で気を引き、
彼女を自宅に連れて行く。
ヘンリーはジェフの家に着くとスクリュードライバーを作りジェフと飲む。
すると、しばらくしてジェフは意識もうろうとし眠りに落ち、
気がつくと椅子に縛りつけられていた……。

赤ずきんちゃん(ヘンリー)を食べようとした狼(ジェフ)は
逆に赤ずきんちゃんの罠にはまることに。

ここからはヘンリーとジェフの攻防になるが、
ヘンリーはつねに先手に立ち、ジェフを追い詰めて行く。

とても知的で計算されている。
見ているものを
「なんでこうしないんだ!」とイライラさせ、
ギリギリまでハラハラとさせる。
しかし、ちょっと冷静になって登場人物の性格・ディティールを思いかえすと
「もしかしたらこうなるんじゃ…」というわずかな読みができる。
こうしてストーリーが進む度にすっきりとしていく。

お互いによく知らないままの付き合い=ネット・チャット文化というのがこの作品の根底で感じられる。

誰もがジェフにヘンリーになれる。
年齢や趣味を偽りながら相手の真相を読む。

ネットの性質を最小のユニットで最大限に現したハイテクな赤ずきんちゃんである。

点数は9点。
色彩・カメラワークなども抜群だし、
個人的には10点満点なのだが、
人によってはイライラするだけで終わりかねないので1ポイントだけマイナスしました。



午後11時に家に着く。
酒を飲んだり、
電話をしたあと
午前1時に寝る。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/263
はじめまして♪
紗英の徒然なるままな日記です。よろしくぅ〜♪
| 紗英ぴょん | 2006/09/07 1:34 PM |
「ハード・キャンディ」赤ずきんってか赤パーカー
 バラの花をちょん切るようにアレをちょん切るぜ、な編集のセンスの良さにちょっと笑った。あのシーンの前後で後ろの男性が不穏に貧乏ゆすりしだしたのがうざかったがそれもなんか笑った。
| 冷たい走り | 2006/09/09 9:46 PM |
お願いだ! 切らないでくれ!
171「ハードキャンディ」(アメリカ)  出会い系サイトで知り合った二人。男32歳の売れっ子フォトグラファーのジェフ。女14歳のヘイリー。ある日カフェで会うことにした。そしてジェフは自宅へとヘイリーを誘う。ところが、罠を仕掛けたのはヘイリーの方だった
| CINECHANの映画感想 | 2006/09/09 11:25 PM |
69.ハードキャンディ
緊張感溢れる、密室劇のサイコ・スリラー。この作品でハリウッド・デビューとなる、主演のエレン・ペイジが、脱帽モノの演技の巧さ。少女の恐ろしさを十二分に表現していて、鳥肌が何度も立った!
| レザボアCATs | 2006/09/09 11:50 PM |
ハード キャンディ
HARD CANDY 公開中なので、控えめに・・・ ジェフ(パトリック・ウィルソン)は、3週間前に出会い系チャットで知り合ったヘイリー(エレン・ペイジ)とカフェで待ち合わせ。 14歳の無邪気なヘイリーに「出会い系をやるようには見えない」と言われて気を良くするジ
| I am invincible ! | 2006/09/10 12:24 AM |
ハード キャンディ
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  「萌えーー!!」なんて・・・言ってられない  
| カリスマ映画論 | 2006/09/10 1:10 PM |
Hard Candy
「赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム」 ヘイリー役のエレン・ペイジがすごい。 かわいらしくてあどけない顔。冷酷で同情のかけらもない顔。 エレンが演じる表情のひとつひとつに圧倒されてしまう。 ハードキャンディ
| POPBUM | 2006/10/18 8:45 PM |
映画:ハード キャンディ
ハード キャンディ@シネマライズ 「安心して、証拠は消してあげるから。   ・・・なんてね」 男性にはそこらのホラー映画よりコワイ? なんというかすごいタイミングでの公開ですが・・・ストーリー、脚本ともに「はー」でした。 あらすじや見所はあちこち
| 駒吉の日記 | 2006/10/30 4:46 PM |
ハードキャンディ
「ハードキャンディ」 2006年 米 ★★★★ 現代の赤ずきんが、狼に罠を仕掛ける・・・・! いや〜〜面白かったですよ。 予告で、既に「これは観たい!!」と思った通り、期待通りでした。 ある出会い系サイトで知り合った、売れっ子カメラマンのジ
| とんとん亭 | 2006/12/19 11:16 PM |
ハード キャンディ
現代の赤ずきんの物語。 主演の女優が「X-MEN」のキティ役だと言うのがピンと来ない。 雰囲気が随分違うように思うのだけど。
| さばの味・技めぐり匠版 | 2006/12/24 2:35 PM |
ハード キャンディ (Hard Candy)
監督 デヴィッド・スレイド 主演 パトリック・ウィルソン 2005年 アメリカ映画 103分 サスペンス 採点★★ 「どーせ、男なんて若い娘の方が好きなんでしょ?」と言われることがあります。はい、そーです。80歳よりは、18歳の方が好きです。 【ストーリー】 14歳
| Subterranean サブタレイニアン | 2007/03/04 1:03 AM |
『ハード キャンディ』
ハードキャンディ デラックス版 監督:デヴィッド・スレイド CAST:エレン・ペイジ、パトリック・ウィルソン 他 STORY:出会い系サイトのチャットで知り合った14歳の少女ヘイリー(エレン・ペイジ)と32歳の売れっ子フォトグラファー、ジェフ(パトリック・ウィ
| Sweet* Days** | 2007/05/19 7:33 PM |