CHEAP THRILL

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(2)『暗くなるまで待って』 | main | 「アート DE すりる!」Vol.1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『秋日和』
8月21日(月)

午前中から昼にかけて、
一つ気になることがあった。
ブログ版の日記の更新である。
この日記を書いているのはボク(じょ〜い)だが、
ブログ版の更新者は別の人に頼んでいる。
週末更新されてなかったのはそういうことだったのだ。
これは仕方がない。

だから、ボクもここのブログを見ていただいている人たち(ありがとう!)と同じく、
ブログの更新を「まだかまだか」と待っていたのだ。

更新は14時頃されていた。

仕事はそんなもんだからたいしたことない。

18時すぎに終業。
神谷町から日比谷線に乗り、
霞ヶ関で千代田線に乗り換えて新松戸に向かう。
20時から歯医者の予約を入れていたが、
19時ちょいすぎに新松戸に着いてしまう。

時間まで近くのマンガ喫茶で時間を潰す。

20時に歯医者に入る。
20分程治療。
1940円也。
あれ、大概この程度の治療なら1000円前後ですむんだが……。

21時20分に家に着く。
しばらくゆっくりしてから、
小津安二郎の『秋日和』を見る。

この作品も例によって娘の見合い話が中心となっているが、
主役は娘ではなく、熟女になった原節子なのだ。

昭和35年の作品。カラー。
原節子以外での出演は
娘役に司葉子、佐田啓二、三上真一郎、笠智衆、佐分利信、中村伸郎、三宅邦子など。

冒頭は三輪明子(原節子)の夫の七回忌の法事のシーンではじまる。
明子と娘・彩(司葉子)の挨拶が終わった後の酒の席で
田口(中村伸郎)と間宮(佐分利信)と平山(三上真一郎)が
結婚適齢期の彩の見合い話を持ち出す。
また、3人はかつて憧れの的であった未亡人の明子のことも気にしだす。
田口と間宮は自分の会社の部下から彩の見合い相手の候補を探してくる。
中でも間宮が推薦する後藤(佐田啓二)は仕事もルックスも申し分ないのでかなりの有力候補となるが、
見合いをする予定の彩にはまったく結婚する意思がなかった。
本人がしたくないというのもあるが、
自分が結婚したら母が一人になってしまうからだ。
そこで、明子の再婚話が持ち上がってくる。

この作品の最大の特徴は熟女である原節子をうまく使いこなしたことである。
そりゃそうだ。
『晩春』や『東京物語』が昭和20年代半ばの作品で原節子は30前後だったんだから、
いつまでも娘役というわけにはいかない。

その点で娘役の司葉子というキャスティングの効果がある。

この作品の魅力はなにも原節子ばかりではない。
佐分利信、三上真一郎、中村伸郎のおっちゃん連中のお節介ぶりや
明子に寄せる想いがイイ。
終盤になると原節子が笠智衆がよく見せる、
哀愁の佇まいを見せている。
基本は他の作品と同様に正統派キャラなんでありつつ、
母親として笠智衆的演技を見せはじめている。

点数は9点。

どぎつい緑からライトグリーンやモスグリーンを多様するようになったが、
色の使い方はやはり今ひとつ。

1時頃寝る。


| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。