CHEAP THRILL

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(2)『ヴェラ・ドレイク』 | main | 真・映画日記『紙屋悦子の青春』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『ゲド戦記』
8月12日(土)

10時に起きる。
10時半に近所の床屋に予約を入れていたので
急いで身支度をする。

予約の時間通りに床屋へ。
髪を指に挟んで少し出るくらいまで
短くしてもらう。
夏だからさっぱりした方がいい。

ちょうど一時間で店を出る。
駅前のTSUTAYAに『ヴェラ・ドレイク』を返却し、
上野に向かう。

東京国立博物館で開催している
「若冲と江戸絵画」を観る。
伊藤若冲の作品を中心に江戸時代の
掛け軸や屏風の絵が展示されている。
6章構成で
真ん中の3章目に伊藤若冲の作品をもってきている。

掛け軸の水墨画よりも
金屏風をつかった作品の方が色とりどりで
大名行列やら庶民の様子やら細々と書いたものが多いのでおもしろい。
花や鳥、虎のが多く、
時たま美人画があるといった感じ。
これが若冲の作品になると人物画がなく
花とか鳥の絵のみになる。
中でも圧巻だったのが
若冲の「鳥獣花木図屏風」。
青をバックに右の方に象を
左に鳳凰を
他虎とか麒麟や鶏など鳥と動物をちりばめ、
ところどころに赤い花をつけている。

とても江戸時代の人間が作ったとは思えない。
この作品が今回の展覧会のメインである。
この一つだけでも見に行く価値がある。

14時半に外に出ると
雷がゴロゴロとなる土砂降りになっていた。
仕方なく、アジアンカフェでベトナムのビールを飲みながら一休み。

15時過ぎに動き、
地下鉄上野駅へ。
パソコンレンタルスペースで2時間ほどパソコンを。
この時に日記の残りを更新する。

18時半から秋葉原でイベント(非公開)。

20時半に終了。
近くの「天狗」で打ち上げ。
その際にMさんとこの後で新宿で『ゲド戦記』を観る話をする。

それもあってか飲みが盛り上がり
ビールや焼酎、サングリアをガンガン飲む。

23時15分に解散。
JRでMさんと新宿に。
新宿に着き、歌舞伎町へ。
『ゲド戦記』とこの日先行上映される『スーパーマン・リターンズ』をハシゴしようとしたが
うまく時間が合わなかったので
『ゲド戦記』一本にする。
マクドナルドで時間を潰し、
0時40分にアカデミー座に入る。
予告編なく0時50分にすぐ始まるが……
なんと二人して寝たり起きたりの状態に。

2時40分に終了。
どうも二人して肝心のシーンを観ていない。
う〜〜ん、これはもう一度観た方がいい。
タダだし。
ということで、3時の回を観る。

これは、フォローするのが難しい。

監督は宮崎吾郎。
今回、初監督作品。

港の国エンラッド近海の上空に2匹の竜が出現し、2匹が食いあっている状態に。
これにより世界の均衡が崩れたことがわかる。
これにより牛や羊だけでなく、
人間にも影響が。
この影響からかエンラッドの王子アレン(声・岡田准一)が国王である父を刺殺し、逃走する。
砂漠に逃げたアレンは狼に襲われているところを旅人のハイタカ(声・菅原文太)に助けられ、
共に旅にすることに。
ホートタウンという街に二人が訪れた際に、
アレンは顔に火傷を負った少女テルーを奴隷狩りから助けるが、
その夜アレンが逆に襲われ捕まってしまう……

といった感じで進み、
後半は永遠の命を欲する魔法使いクモと
アレン&ハイタカ、テルーなど(ほとんどアレンばかりだが)の攻防が中心に。

己の運命を受け入れろというテーマはわかるが……

はっきり言うと
アニメとして絵が
キャラクターがまるでダメだ。
絵に関しては中世のヨーロッパの画家の絵画を参考にしたそうだが、
おもいっきりマイナス効果である。
特に風景がダメだ。
草原や砂漠などといった風景がちっとも面白みがない。
唯一、ホートタウンの風景がよかったくらい。
風景に魅力があった『カーズ』とはえらい違いだ。
悪のキャラとして魔法使いのクモとその手下が出てくるが
これがなんともしょぼい。
スケールが小さい。

後でパンフレットのあらすじを見てわかったが、
ストーリーを省略しすぎてる。
説明があまりされないままストーリーが進んでいってる。

キャラと声があわないのはジブリの伝統だからしゃあないか(笑)。

やはり、この作品で一番印象に残るのは……
「テルーの唄」になるな。

点数は2点。
終わってみて
「なんとなく、悪くない」と思わせるけど……
やっぱひどいって。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(20) | trackbacks(117) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
ミチ (2006/08/13 3:15 PM)
こんにちは♪
TBありがとうございました。
背景やキャラについては好みもあるのでしょうね。
あの絵画的背景が好きだと仰る方もたくさんお見受けしました。
私に関して言えば配色をあまり受け入れられなかったのです。
アニメは絵や声も重要なファクターと思いますが、そこが生理的にダメとなると仕方ないなとしか言いようがなくて残念です。
piyomarimo (2006/08/13 3:31 PM)
トラックバックありがとうございます。
私も若冲とゲドを一日ではしごしました。間にもういっこ三の丸で若冲見ました。
hegeta (2006/08/13 6:47 PM)
TB有難うございます。こちらからもTBさせて頂きました。
あちこち読んでいてどうやら6巻のうちの3、4巻だけを映画にしているらしいと知りました。益々、どうしようもないです。あれだけ登場人物の台詞で説明させても無理な訳です。
ハッキリ言って駄作だと思いました。
「ただ」なのがせめてもの救いでした。
KUMA0504 (2006/08/13 9:28 PM)
最近若沖が流行っていますね。そんなにいいのなら、何故むかしは注目されなかったのでしょうか。

「ゲト戦記」鑑賞前のほうが、いろいろ書くことが出来ました。一応鑑賞後の記事もTBしました。
アキ (2006/08/14 12:34 PM)
TBありがとうございます。
まあまあ面白かったですが、終わった後友達も私も異様な眠気が出てきまして・・・^^;
内容をセリフ頼りにしている感じがした所が疲れたのかもしれません。
命の大切さを言葉で伝えようと必死な感じがして、そこになにか工夫があったら良かったのになと感じました。
miyahn (2006/08/15 11:02 AM)
たまーにしかしない映画の話でTBしていただけるとは。
ありがとうございます。
原作小説がジブリのイメージと違いすぎると思うので鑑賞してないのですが。
今は『時をかける少女』の方が気になってたりします。
では。
マロタン (2006/08/15 5:03 PM)
初めまして
TBありがとうございました。
σ(・_・)は、よかったと思います^^
まぁ、感想は、人それぞれですからね^^
いろんな感想があっていいと思いますよ。
ひろっち (2006/08/15 8:21 PM)
ストーリーが全然分からなかったですね。
最初の竜が出る事の意味、アレンが何故父親を殺害しなければならないのか、等ですね。
アニメを観るというのが無かったので、こういうものかと感じましたね。
 分かる人には分かるという作品作りですかね。
rui (2006/08/16 12:44 PM)
初めまして。
TBありがとうございました(^^)
ゆたまる (2006/08/16 11:18 PM)
TBありがとうございました。
私としてはとてもあの作品が気に入っていて、不評なのがとても悲しいのですよね・・・(ToT)。
でも、確かに人それぞれですもの。私が好きならそれで良いや・・・(^_^;)

ゃょぃ (2006/08/17 3:35 AM)
TBありがとうございます♪
ゲド戦記は映画でみるには物足りない部分はありましたが、宮崎五郎の次回作に期待ということで次回に期待します><
moritaT2 (2006/08/18 8:41 AM)
TBありがとうございます。

宮崎吾郎監督の次回作に期待します。
今回は、・・・・・
小鳥遊ツカサ (2006/08/20 8:06 PM)
TB有り難うございました。

ゲド戦記は、どうにも微妙でした(苦笑)
キャラと声があってないのは確かにジブリに伝統(笑)かもしれませんが、
今回はあまりに棒読み過ぎて、がっかりしちゃいました。
絵も少々ラフになって、崩れてる部分がちらほらと。
印象に残ったのはアレンが乗ってた馬?(鹿…?)
とテルーの唄ですね。透き通った声が素敵でした。
でも、多分次回作が発表されるとしたら見ると思います。

それでは失礼しました。
mizuki (2006/08/20 10:46 PM)
TB、ありがとうございました。

絵がイマイチだったようにも感じました。

名作劇場の絵っぽい感じ。

なんでしょうねぇ。

岡田くんだけが光ってたような気がしました・・
pan_daddy (2006/08/25 12:02 AM)
はじめまして。
TBありがとうございました。
コメントの承認機能を「利用しない」に設定してあったのに、なぜか承認処理をされていて、TBして頂いたことにきずきませんでした。申し訳ありません。
こちらからも、TBをしました。今後もよろしくお願いします。
春日 (2006/09/02 10:46 PM)
初めまして。TBありがとうございます。
Yuka (2006/09/03 8:13 PM)
TBありがとうございました!
宮崎駿監督作品と比べちゃうと、キリがないですが
吾朗監督の第一作目ですしね。
今後に期待デス♪
鷹人 (2006/09/16 6:20 PM)
初めまして、TB有難うございました。
絵については、なんか残念という感じでした。
次回に期待p(^^)q
前ヶ瀬もりか (2006/09/17 10:50 PM)
はじめまして、TBありがとうございます。
この作品については原作が凄すぎるとか展開が今風過ぎる関係もあってなかなか評価しづらいのですが、とにかく素人の監督をよく製作班が補佐したな〜という印象が強いです。下手をすればもっとボロボロになってもおかしくなかったのに。
どう世代交代して発展してゆくんでしょうね。不安になりつつも見守っいきたいです。
日菜 (2006/09/25 8:43 PM)
はじめまして。TBどうもありがとうございました!
「ゲド戦記」は感想というよりも疑問ばかりが浮かんできて、観終わったあとはどうにも複雑な気分でした(苦笑)。
個人的に芸能人を声優に起用するのはあまり好きではないのですが、ジブリ初参加の香川さんはとても良かったと思いました。
吾朗監督については・・・次回作に期待!という感じです。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/229
『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハ...
『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。
| よろ川長TOMのオススメ座CINEMA | 2006/08/13 2:11 PM |
ゲド戦記
ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」 原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。 今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で観て来ました。 ★★★ “宮崎アニメ”という括りで言
| そーれりぽーと | 2006/08/13 2:28 PM |
「 ゲド戦記 」
監督 : 宮崎吾朗 出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太      公式HP:http://www.ghibli.jp/ 原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳 「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと。 何度となくジ
| MoonDreamWorks | 2006/08/13 2:38 PM |
ゲド戦記
深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。
| Akira's VOICE | 2006/08/13 2:40 PM |
ゲド戦記
さて、ここで書いた、日曜日に観てきた映画というのが、この「ゲド戦記」。 これはですね〜。かなり前から予告編が流れてましたね。そして予告編を観た事がある方ならみんな知ってるであろう、あの歌!そう、「心を何にたとえよう」なんていうなんとも寂しげな感じの
| 欧風 | 2006/08/13 2:48 PM |
ゲド戦記
「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) 「ハイタカ(吐いたか)?」Σ(゚Д゚;))) 私も普段は“なぎさ”という“通り名”を使っていますが、“真(まこと)の名”は 細木数子です (*´ψψ`) 世界の均衡(バランス)が崩れつつある。
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2006/08/13 2:53 PM |
映画「ゲド戦記」
映画館にて「ゲド戦記」 アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズを、スタジオジブリが映像化したファンタジー・アニメ。 原作は未読です。なので、全ストーリーのどのあたりを映画化したのか全く分かっていない上での感想です。 世界の均衡が崩れ始めて
| ミチの雑記帳 | 2006/08/13 3:12 PM |
ゲド戦記(隣席の少女の変化)
宮崎駿監督がアニメ化したくて、でもいろいろあって断念したとかいう映画。某掲示板で叩かれまくっているとかいう映画。でも、スタジオジブリ。週末にマリオンで見ようってのが間違いでしたが、テレビの「満員御礼」もあながち嘘ではなく。隣に子ども三人とお母さんがい
| piyomarimoのよろよろ日乗 | 2006/08/13 3:28 PM |
[映画]ゲド戦記
期待が大きすぎたか。 ストーリーは満足だけど、アニメーションとしてどうなの? 公...
| ほしいものリスト | 2006/08/13 3:38 PM |
ゲド戦記
生と死。人が生きる上での永遠のテーマなのであろう。 心の奥深くに潜む影のようなもう一人の自分の存在との対峙を見せてくれた。 原作を例によって読んでいない私はゲドの戦記のはずなのだろうと単純に思っていたのだけど、ウェイトはアレンの方に随分と傾いているよ
| シャーロットの涙 | 2006/08/13 3:45 PM |
ゲド戦記
すーっと物語りに入っていけた。  王の子息である少年が父親を殺す。  宮崎吾郎
| 幸田回生 | 2006/08/13 4:10 PM |
ゲド戦記、映画レビュー日記まとめ/物語の世界33
ゲド戦記酷評事件効果で、楽天日記の『読書・コミックジャンル』で 新世紀の生き方、物語の世界が、ついに829アクセス(昨日505アクセス、普段は200〜300アクセス)で21位↑(昨日44位)にランク・インです。アメーバブログの『坂崎いるか、作家への道
| 新世紀の生き方、物語の世界 | 2006/08/13 4:18 PM |
ゲド戦記
[ゲド戦記]は宮崎駿の長男・宮崎吾朗の初監督作品でもあり、キャラクターはジブリの流れを受け継いでいるものの、作品は宮崎吾郎が自分の持つ世界観を表現したもので、ジブリ作品と切り離して楽しむべき映画です。作品の根底には現代人のかかえる心の闇が描かれていて
| 映画館で見たい映画 | 2006/08/13 4:19 PM |
受け継がれしもの「ゲド戦記」
「ゲド戦記」もしくは「海辺のカフカ」? (これは映画を見ている途中、ふっと思った
| 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2006/08/13 4:24 PM |
「ゲド戦記」公開今夏No.1宣言だ
「ゲド戦記」公開今夏No.1宣言だ ジブリアニメの最新作「ゲド戦記」が29日、公開初日を迎えた。宮崎駿監督(65)の長男・吾朗氏(39)の初監督作品としても注目されていたが、配給の東宝は「興行収入100億円突破は確実」と“今夏ナンバーワン宣言”する好発進
| 浮 世 | 2006/08/13 4:29 PM |
『ゲド戦記』(2006)
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。 ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー>と称
| 【徒然なるままに・・・】 | 2006/08/13 4:30 PM |
映画「ゲド戦記」感想
何の罰ゲームか、先週末「ゲド戦記」を見に行く羽目に。 仕方がないので感想記事でも書いてネタにしてみよう。 世間様ではボロクソに叩かれてるみたいですが、頑張ればとっても楽しめるいい映画でした。 【ゲド戦記の見所その1】 クライマックスの注目シーンは、 「老
| 穴にハマったアリスたち | 2006/08/13 4:35 PM |
『ゲド戦記』鑑賞!
『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ 命を大切に しないやつなんて 大っ嫌いDA!!!! by テルー 世界の均衡を崩す者の正体を つきとめる旅に出た大賢人ゲドが 国を捨てた王子アレンと出会う ★review★ 本作は、宮崎駿のご子息
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/08/13 5:05 PM |
「 ゲド戦記 」
監督 : 宮崎吾朗  出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太        公式HP : http://www.ghibli.jp/  原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳  「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと
| MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ | 2006/08/13 6:38 PM |
シネマ日記 ゲド戦記
子供には難しく、大人には、物足りない。 私は、ダビンチ・コードの轍を踏んでしまいました。元ネタを知っているという前提で、作られています。原作の内容を知らないと、この物
| skywave blog | 2006/08/13 6:40 PM |
ゲド戦記
“ ことばは沈黙に 光は闇に 生は 死の中にこそ あるものなれ 飛翔せる鷹の 虚
| 遠い海から来た・・ | 2006/08/13 7:00 PM |
『ゲド戦記』
----この映画って話題だよね。 なんと言っても宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎が監督している。 「うん。しかも彼が第一回監督作品として選んだのが 『指輪物語』『ナルニア』と並び称されるファンタジー文学 『ゲド戦記』というんだから、嬉しいような悲しいような」 ----な
| ラムの大通り | 2006/08/13 7:08 PM |
取り返しのつかないことを… orz
買ったばかりのバス定期を洗濯機で粉砕、紙くずにしちまいましたよ。 9千円強をLostっす。 もう1回「時をかける少女」観て、ゲドとブレイブの原作買おうと思ってたのに…。 (ゲドは20年前に読んで半分以上忘れてるし、ブレイブは図書館で読んで気に入ったので、ち
| MMO放浪雑記(仮 | 2006/08/13 7:35 PM |
映画「ゲド戦記」
噂の映画「ゲド戦記」を鑑賞してきました。 やはり多くの人が並んでいましたよ(驚)
| FREE TIME | 2006/08/13 7:41 PM |
ゲド戦記
ジブリの最新作は、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)。 監督は、宮崎吾朗。『ゲド戦記』の企画に際しては、自ら絵コンテを執筆するな
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/08/13 8:45 PM |
ゲド戦記「影との戦い」
朝っぱらから見てきました「ゲド戦記」監督宮崎吾朗声の出演岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣内容多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が
| だめ男のだめ日記 | 2006/08/13 9:21 PM |
『ゲド戦記』
『ゲド戦記』試写。ジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』は好きですが、それ以降の作品からはあまり期待しないように。でも、どんなストーリーでも楽しめるシーンが必ずあるので、その期待値は毎回高くなる一方でもあります。 今回
| 試写会帰りに | 2006/08/13 9:29 PM |
「ゲド戦記」に対する期待と不安(1)
映画館にはいま、ミニパンフとでも言うべき「ゲド戦記」の6Pたてのカラーチラシが置かれている。公開初日まではまだ日があるが、私は試写会などを見るすべをもっていないので、それまではこのパンフと一回見た「ゲド戦記」の予告編が唯一の私の情報源だ。このパンフを
| 再出発日記 | 2006/08/13 9:29 PM |
「ゲド戦記」初日観戦記
この作品には注目していた。だからシネコンで初めて前売りで券を買って、初日でもいい席で見る体制を整えていたのである。どのように注目していたのかは「ゲド戦記」に対する期待と不安(1)「ゲド戦記」に対する期待と不安(2)に書いている。ここで、「不安」の部分
| 再出発日記 | 2006/08/13 9:30 PM |
『ゲド戦記』★その1
残念でした。これは『ゲド戦記』とはいえない。ヤフーの映画評を読んでも酷評が多い。さすがに私もこれは駄作としかいえない。これだったら、『ブレイブストーリー』の方が面白かった。『ゲド戦記』が持つ良さも独特の雰囲気もほとんど描けていない。がっかりです。次々
| ふつうの生活 ふつうのパラダイス | 2006/08/13 9:37 PM |
『ゲド戦記』★その2
その1から続きます。ところで、この中に出て来た『シュナの旅』ですが、これは、宮崎駿の絵物語で、しかも、かなりマイナーなものなので、どれくらいのひとが知っているでしょうか。私はこの作品がアニメにならないものかなーとずっと思っていました。ただ、ものすごく
| ふつうの生活 ふつうのパラダイス | 2006/08/13 9:38 PM |
ゲド戦記
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  素材はいいがシェフが悪い  
| カリスマ映画論 | 2006/08/13 9:39 PM |
ゲド戦記
『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)  原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣、香川照之、内藤剛志、倍賞美津子、 風吹ジュン、菅原文太
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/08/13 10:01 PM |
ゲド戦記/岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、香川照之 、菅原文太
ゲド戦記ってゲドが主人公じゃないんだっけ?アレレ?最初だけなのかな? +++ちょいあらすじ
| カノンな日々 | 2006/08/13 10:39 PM |
「ゲド戦記展」、各地で開催
先月末まで日本橋高島屋で開催されていた「ゲド戦記展」が、ただ今、横浜高島屋で実施されており、その後、名古屋、静岡、福井でも催されることが分かりました。 -横浜高島屋 日程:8月2日(水)〜14日(月) -松坂屋名古屋本店 日程:8月9日(水)〜14日(月) -
| Mugen Diary | 2006/08/13 11:02 PM |
ゲド戦記
見えぬものこそ。 2006年 日本 監督 宮崎吾朗 声の出演 岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫 /夏川結衣 /香川照之/内藤剛志/倍賞美津子/風吹ジュン/菅原文太 原作 アーシュラ・K・ル=グウィン あらすじ 多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む
| レンタルだけど映画好き  | 2006/08/13 11:21 PM |
「ゲド戦記」を見に行きました。
まずビックリしたのが、ガラガラだったこと!びっくりです・・・。MOVIXの一番大きなシアター(518席)での上映だったのに多分50人くらい・・・(~_~;)いくら平日のお昼の回だとは言え、これはないでしょう・・・。まだ公開して1週間たってないし、夏休み中ですよ!確
| ランチママの徒然日記 | 2006/08/13 11:23 PM |
ゲド戦記
♪夕闇迫る雲の上、 いつも一羽で飛んでいる〜 鷹はきっ〜と悲しかろ・・・♪ 印象に残ったには、 このテルーの歌と 鮮やかな映像くらいかな〜〜〜。 わざわざ、宮崎吾郎第一回監督作品と名をうって、 派手な宣伝の作品ですからね〜。 まあ、正直最初からあん
| ルナのシネマ缶 | 2006/08/13 11:29 PM |
感想/ゲド戦記(試写)
きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。 ゲド戦記 かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由を求めた竜と、モノを求めた人間は袂を分かつ。時は流れ現代。
| APRIL FOOLS | 2006/08/13 11:44 PM |
私的考察 映画「ゲド戦記」
スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。
| やまたくの音吐朗々Diary | 2006/08/13 11:52 PM |
ゲド戦記観て来ました
ひとことで言うと「強かな」印象。 クモ役のキャスティングにはいい意味で予想を裏切られたり。 天空を駆けるような高揚感や、 言葉にできないような禍々しさをあえてカットしたのか、 ブレのないクールな人物描写。 世界観がいまひとつ味わえなかったり、
| 070707 | 2006/08/14 12:36 AM |
「ゲド戦記」
疲れていたが、午前中に時間ができたので「ゲド戦記」を見てきた。 結論から言うと、予想以上にいい映画だった。 しかし今朝六本木ヒルズのTOHOシネマズの入り口をくぐると、 チケット売り場はガラガラ。 客席も半分以上空いている。 カップルと男性のひとり
| ぱせりブログ | 2006/08/14 12:54 AM |
「トトロ」って、やっぱ哺乳類ですかね?
 今日から、スタジオジブリの新作「ゲド戦記」が公開となる。今回は、宮崎駿監督の長男による作品であるが。 昨夜また「となりのトトロ」をテレビでやっていたので見た(家事をしながらだったので、ちゃんと見られなかったが)。 これは、毎年夏になると必ず放送され
| さすらい人の学級日誌〜山手の丘より愛を込めて〜 | 2006/08/14 1:06 AM |
「ゲド戦記」観て来ました
てなわけで。ジブリとファンタジーをこよなく愛する相方が、「たとえ監督が宮崎Jr.で、どれほど酷評されようとも、観に行くんだ!」と、公開を心待ちにしていた映画「ゲド戦記」を観て来ました。ゲド戦記 公式サイト公開2日目。無計画なわたし達にしては、稀に観る俊
| ヨカッタ探し | 2006/08/14 1:24 AM |
【ネタバレ必至】ゲド戦記【ナナメ斬リ】
父を越えていた。
| 中村情苦の『絶対不幸進行中』 | 2006/08/14 1:48 AM |
劇場鑑賞「ゲド戦記」
「ゲド戦記」を鑑賞してきました「指輪物語」「ナルニア国物語」と並び、世界3大ファンタジーと称されるアーシュラ・K.ル=グウィンの児童文学を映画化。スタジオジブリ20年越しの企画を、宮崎駿の息子で本作がデビュー作となる吾朗が実現させた。全6巻からなる壮
| 日々“是”精進! | 2006/08/14 4:45 AM |
ゲド戦記
 前評判が芳しくない公開作品が目立つ中で、ひときわ酷評に晒されている本作も、観ようか観るまいか少し悩みました。  その結果は、それほどのこと
| シネクリシェ | 2006/08/14 6:19 AM |
映画「ゲド戦記」
公開初日,10時からの回に合わせて,長女と見に行く。そう娘の言う「カントク作品」。車内ではCDに合わせて娘は挿入歌の「テルーの唄」を歌う。私が歌おうとすると「女の子の歌だよ。お父さんは歌っちゃダメ。」って。「ゲド見に行くからね。」っていうと,「ゲドじゃな
| まぎぃ別館2 | 2006/08/14 10:16 AM |
ゲド戦記
映画「ゲド戦記」の感想です
| ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2006/08/14 11:25 AM |
ゲド戦記(TALES from EARTHSEA)
●スタジオジブリの「悲劇」を露呈しつつも、ブランド力を知らしめた作品●名前・言葉・言霊の題材が興味深い。主人公の成長を意識的に描こうとする姿勢がいい。『「ゲド戦記」で露呈か!ジブリの悲劇!?宮崎駿作品群の「ムラ」のワケ』とは!?
| わかりやすさとストーリー | 2006/08/14 12:35 PM |
ゲド戦記(映画館)
かつて人と竜はひとつだった。 CAST:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣/菅原文太 他 ■日本産 115分 原作読んでないのが悪いのか、なにがいいたいのかよくわからなかった・・・。 竜と人の話? 少年の心の葛藤の話? 少年とおっさんの旅物語? 少
| ひるめし。 | 2006/08/14 12:46 PM |
映画『ゲド戦記』(2006年日本)
宮崎駿の実の息子宮崎吾朗の監督第一作。アーシュラ・K・ル=グウィン「ゲド戦記」シリーズを映像化したファンタジー・アニメ超大作。映画の日だったので、友達が見たいっていうことで観てきました。あんまり興味なかったし期待してなかったけど、やっぱりイマイチだっ
| -bluescreenlife- | 2006/08/14 5:40 PM |
映画:ゲド戦記 試写会
ゲド戦記 試写会@一ツ橋ホール 「こころを何にたとえよう」 手嶌葵さんの『テルーの唄』が頭から離れない〜 劇中アカペラで歌うシーンは珍しいくらい長い。童謡のような懐かしいかんじの曲で高すぎない声でじんわりしみこんできました。 人と竜と魔法のファ
| 駒吉の日記 | 2006/08/14 5:43 PM |
ゲド戦記
試写会行ってきました。 宮崎駿監督の息子、宮崎吾郎のデビュー作です。ただのデビュー作ではありません。映画・アニメ双方で仕事をした事が無い男がいきなり監督デビューです。この時点で僕は不安で一杯でした。 さて、注目の映画の出来はいかに。   注意
| 5125年映画の旅 | 2006/08/14 6:53 PM |
今の日本社会に向けたメッセージ。『ゲド戦記』
国を捨て、影に怯える王子アレンと、魔法使いである大賢人ハイタカ(ゲド)の物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/08/14 7:36 PM |
『ゲド戦記』
「心を何に喩えましょう」 映画を見終わって劇場に後にして、そして、数日がたった今でもなお、澄みきった歌声が頭の中でリフレインしています。 とても印象的な映画だったと思います。 「ゲド戦記」 メッセージ性が強い作品だなぁ〜と言うのが、一番の印象。 CMや
| Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ | 2006/08/14 9:19 PM |
「ゲド戦記」レビュー
ジブリアニメ映画 「ゲド戦記」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主なキャラクター(声優):アレン(岡田准一)、テルー(手嶌葵)、クモ(田中裕子)、ウサギ(香川照之)、テナー(風吹ジュン)、ハジア売り(内藤剛志)、女主人(倍賞美津子
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/08/14 10:05 PM |
「ゲド戦記」
第1回監督作品にしては、ハードルが高い原作だったんじゃないでしょうか? 宮崎駿監督は、今は大衆受けより自分のやりたいようにやってるので、初期の子供も大人も楽しめる作品を吾郎監督が担うんじゃないかと、勝手に思っていました。でも今までの劣勢コピーでしか
| the borderland  | 2006/08/14 10:37 PM |
ゲド戦記/TALES from EARTHSEA
「見えぬものこそ。」 監督:宮崎吾朗 原作:アーシュラ・K.ル=グウィン 脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子 出演:岡田准一、手蔦葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太、他 公式HP: http://www.ghibli.jp/ged/ 鑑賞
| きょうのあしあと | 2006/08/14 10:47 PM |
ゲド戦記
今回のゲド戦記は・・・う〜ん、、 小さい子供向けの作品ではないです。 世間の評価もかなり厳しいと予想できます。 でも荒削りだけどイイものも感じました。
| 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α | 2006/08/14 11:23 PM |
ゲド戦記を見て
いやぁ、これは想像以上でしたよ。 まさかここまですごいとは思ってもいなかった。 期待以上のモノを見せてもらいましたよ。 え?「時をかける少女」とどっちがよかったと思うかですって? そんなの決まってるじゃないですか 放映映画館数が少ないほうですよ。 ※激し
| SOBUCCOLI | 2006/08/14 11:37 PM |
ゲド戦記 (2006)
今日はファーストデーという事で映画館が混んでましたね。『ゲド戦記』もお客さんでいっぱいでした。映画が1000円で見れると言うのはやっぱり魅力的なんですね。 さて、スタジオジブリを担う宮崎吾朗の第1弾監督作品となる訳ですが…先行き不安になりましたね。見終
| cinema or movie ? | 2006/08/15 4:50 AM |
「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい
「ゲド戦記」★★★ 岡田准一、手嶌葵 声の出演 宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年 大宣伝をかけたジブリの新作。 珍しく公開初日に見た、 劇場はこのあたりでは一番大きなハコ。 600席の8割が埋まっている。 ハリウッド映画好き、 邦画はあまり見
| soramove | 2006/08/15 10:56 AM |
「ゲド戦記」見てきました
 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。
| よしなしごと | 2006/08/15 2:36 PM |
ゲド戦記
宮崎駿アニメに多大な影響を与えた 世界三大ファンタジー文学のひとつ、 アーシュラ・K.ル=グウィンの同名小説を、 長男の宮崎吾朗が初監督! STORY:多島海世界アースシー。 その荒れた海を行く一隻の帆船。 船長は風の司に海を鎮めるよう命じるが、 司は
| 映画とはずがたり | 2006/08/15 8:25 PM |
『ゲド戦記』・試写会
今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当
| しましまシネマライフ! | 2006/08/15 8:45 PM |
ゲド戦記
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。 画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。 実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督の第一
| まぁず、なにやってんだか | 2006/08/15 9:41 PM |
「ゲド戦記」
7月29日(土)新宿アカデミーにて世界三大ファンタジー(他のふたつは「指輪物語」と「ナルニア国物語」)のひとつをスタジオジブリが映画化した話題作。興収100億円を狙う今夏最大のアニメ大作です。宣伝も相当な額をかけているのでしょう。テレビのCMスポット
| 不良中年・天国と地獄 | 2006/08/15 11:44 PM |
映画vol.71『ゲド戦記』※舞台挨拶付試写会
『ゲド戦記』(2006年公開)*試写会 監督:宮崎吾郎 声 :岡田准一 公式HP 『ゲド戦記』を試写会で観ました。 なんとなく物物しい雰囲気だったので、「まさか岡田くんが」と勝手にドキドキしていましたが、ゲストは監督・手島葵
| Cold in Summer | 2006/08/16 11:30 AM |
『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中
| 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/08/16 1:41 PM |
ゲド戦記
テルー役を演じる手嶌葵が歌う、主題歌、挿入歌は素晴らしく、心に深く沁みいるその圧倒的な美声と見事に融合した映像に心奪われます。 ですが、原作とは違いスケールの壮大さがなく全体的にテンポも悪い為、盛り上がりに欠けてしまっているのが残念です。
| シアフレ.blog | 2006/08/16 7:11 PM |
「ゲド戦記」
「ゲド戦記」 宮崎駿監督の息子の宮崎吾朗第一回監督作品。だそうだ。 次が確実にあるという意味ですか? 実は面白くなくて、途中睡魔に襲われそうになりました、一瞬ですけど。 絵柄が駿監督に似てるだけで、駿作品の幻想を追おうとした私が間違ってました。 
| That's the Way Life Goes | 2006/08/16 9:25 PM |
ゲド戦記
昨日は午前中は公園で練習があって、 そのあと夕方から家族で映画を見に行きました。 ゲド戦記、見てきました。。。。 感想はねぇ〜・・・・微妙かな?? テーマが凄くはっきりしてて伝わるものがあるんだけど、 ただなんとなく原作が長いお話だからなのか まとま
| colorful diary | 2006/08/17 9:11 PM |
ゲド戦記を観て来たよ♪
こんばんは(*^^)v今日も。。相変らず。。あつかったぁみなさん。。ばててない?今日は。。めちゃくちゃ。。忙しかった・・。今日は。。月末で忙しいのは分かってたけど・・ダーリンと。。とんかつ食べてきた(*^。^*)おなかいっぱいです♪では・・今日も・・遅いけど・・
| あなたとぽじてぃぶ | 2006/08/17 10:57 PM |
ゲド戦記を見た
ゲド戦記を見た☆映画見てない人は、読まないほうが、いいよ。。ちょっと、ありゃ、怖かったよ。。。最後のほうの、悪役が変形しちゃうとこ…。なんか、見たことあるような、図だったんだけど、…?なんだろう?マンガ?アニメかな?思い出せない…。よくあるパターンな
| ぴよ39日記 | 2006/08/18 4:11 PM |
ゲド戦記
試写会があたったので瑠璃さんと見に行ってきました。。。 感想ですか・・・・ ねむたかったぁ~って言ったら「寝てたじゃん」って。。。 はい、寝てました(- −;) ストーリーがスローテンポ。どんでん返しもないサプライズもない。 途中寝ててもしっかりお話はわ
| ちわわぱらだいす | 2006/08/19 9:19 PM |
ゲド戦記 06年165本目
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱり、
| 猫姫じゃ | 2006/08/20 2:22 AM |
「ゲド戦記」試写会@愛知県勤労会館
ゲド戦記。手嶌葵さんの歌や予告編で期待して観に行った。 主題自体は(原作というよりも寧ろ監督さんの制作についてのご意見だが)それなりに分かるんだが、それをどう描くか。。。 思ったほど伝わってこない気がしました。わたしと波長が合っていないんだろうか
| しぇんて的風来坊ブログ | 2006/08/20 8:38 AM |
ゲド戦記
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。f(^^;) しかしいきなり評判悪いですね、この作品。( ^ _ ^; でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 多島海世界「アースシー」。 人間界には現れなかった竜が現れた。
| 映画、言いたい放題! | 2006/08/20 10:52 AM |
ゲド戦記
どーなんでしょうか‥‥‥この『ゲド戦記』って。 日本が世界に誇る「スタジオジブリ」の作画力ってのは相変わらずで、単に“絵”を観るだけなら、今までの“宮崎駿監督”作品と、そーは変わらないんですけど‥‥‥。 ついでに言うと“宮崎駿監督”作品てのも『コ
| オタクの魂forビギナーズ | 2006/08/20 11:40 AM |
ゲド戦記
 宮崎吾朗監督第一作作品。と銘売ってますが、誰!?と思った人は多いはず。スタジオジブリの新作という事もあって、劇場は混雑していました。  舞台は多島海世界“アースシー”世界の均衡が崩れ始めていると異変を感じ取った大賢人ゲドことハイタカ
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/08/20 12:34 PM |
*ゲド戦記
声の出演:岡田准一(王子アレン)、菅原文太(ハイタカ(ゲド)、手嶌葵(テルー) スタジオジブリ製作の最新作品。 監督は宮崎駿監督の息子さんですが、やはりジブリ路線まっしぐらの作品でした。 原作は世界3大ファンタジーの一つといわれていますが、 ロード
| Diary* | 2006/08/20 4:47 PM |
ゲド戦記
見えぬものこそ。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/08/20 11:50 PM |
ゲド戦記
[:よつばのクローバー:]監督・脚本 宮崎吾朗  [:よつばのクローバー:]出演  菅原文太 岡田准一 手島 葵 田中裕子 香川照之 風吹ジュン [:よつばのクローバー:]感想[:よつばのクローバー:] 細かな所が気になるものの 映画全体を観て それほど悪い
| 気ままシネマ | 2006/08/22 8:25 AM |
ゲド戦記
ところで、例の親戚の子どもたちと土曜に『ゲド戦記』を見てきた。 見てきた、ということだけ書いて、ここは敢えてなにも言わないでおく。これから期待して見に行くであろう人のためにも、事実期待して見に行った自分のためにも、それがいちばん賢明だ。
| hello stranger | 2006/08/22 8:02 PM |
続・『ゲド戦記』感想
ブログを覗いてみると、生まれてはじめてのトラックバックが・・・。 うれしい!ありがとうございます(なぜ?) こんにちは、ちとせです。 再び語ります。ゲド戦記について!
| きまぐれ日記 | 2006/08/23 10:57 AM |
『ゲド戦記』
娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト)  満足度[:星:][:星:]  【監督】 宮崎吾朗 【プロデューサー】 鈴木敏夫 【脚本】 宮崎吾朗/丹羽圭子 【原作】 アーシュラ・K・ル=グウィン  『ゲド戦記』シリーズ(岩波
| アンディの日記 シネマ版 | 2006/08/24 12:49 AM |
ゲド戦記
 厳しい評価が多いようですが、いやいや、良い映画ですよ。  メッセージの伝え方が過去のジブリ作品とは違ってダイレクトです。ダイレクトでありながら、あまり押し付けがましく感じられなかったのは、若く現代的な感性と思考をもった、宮崎吾郎が脚本を手がけたから
| Bloglatte〜ブログらて〜 | 2006/08/24 11:53 PM |
ゲド戦記
 父親に反対され、そのために親子の確執が生まれる・・・で、いきなり殺したのか。
| ネタバレ映画館 | 2006/08/25 3:20 AM |
命を大切にしないやつなんて大嫌いだ!
「 ゲド戦記  」見たよ〜 ♪.......心を何にたとえよう 鷹のようなこの心       心を何にたとえよう 空を舞うような悲しさを....♪ あんま期待せずに見に行ったら、 いや〜思ったより 面白かったよ。 ? ネットで批判ばかりだけど、 確
| キャバ嬢このはの気まぐれ日記 | 2006/08/27 2:26 AM |
宮崎で宮崎吾郎
 土曜日にイオン宮崎ショッピングセンター内にあるセントラルシネマ宮崎で宮崎吾郎監督の『ゲド戦記』を観た。お父さんと比較され、厳しい言葉に晒される。それを容易に想像できる状況の中で、あえて監督を務められた吾郎さんはスゴイと思う。インターネットには嫉妬の
| Cheap Memo | 2006/08/28 11:02 PM |
ゲド戦記の試写会見てきたよ〜!(ネタバレは反転式)
ゲド戦記の試写会に行って来たよーっ! ネタバレは反転式なので安心して見てね♡
| 。*。:゜☆キュートに生きちゃおうっ☆゜:。*。 | 2006/08/29 10:56 AM |
■ゲド戦記
 このアニメ、酷評されてますね。原作はル=グウィン女史。「指輪物語」「ナルニア国物語」と並び称される世界三大ファンタジーの一つ。今日、その原作者の映画への見解がWebに掲載されました。  的確な批判と賞賛ですね。賞賛とは言うまでもなく、「テルーの唄」の
| M's Weblog | 2006/09/02 12:51 PM |
ゲド戦記
見てきちゃいましたよぉ、宮崎吾朗監督・第1回作品ってのを。 展開が早いので、結構時間が長いようで短く感じました。 「命が大事」とか「生きることの大切さ」が、セリフで出てくるので こどもが見ても、よ〜くわかると思います。 ワタシ的には『スターウォー
| Clear up! | 2006/09/03 6:38 PM |
Tales From Earthsea
『ゲド戦記』 前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言ってしまうし、場面転換も荒削り、ジブリ映画に欠かせない
| Tokyo Bay Side | 2006/09/04 10:45 PM |
ゲド戦記
ゲド戦記見てきました。 この映画は、公開前から現在に至るまで散々な目にあってますね… 各所で面白くないと批判され、評価が甘口な友達からも面白くなかったと言われる始末。 そんな訳+この間見た記事(『ゲド戦記』が宮崎吾朗監督でなければ
| Not Diary But Blog !! | 2006/09/06 10:37 PM |
ゲド戦記
ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子=宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新人・手嶌葵。 久々の映画記事更新ですぅ!実はコレ
| Extremelife | 2006/09/08 5:52 PM |
「ゲド戦記」
ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさん残ります。またセリフが説明口調で堅い。ジブリの持
| Tokyo Sea Side | 2006/09/09 10:58 PM |
真(まこと)の名を教えること
174「ゲド戦記」(日本)  西海域の果てに棲む竜が突如人間の世界に現れる。世界ではさまざまな異変が起こり始める。家畜の大量死。農民は畑を捨て、魔法使いは魔法を使えなくなる。光の力が弱まり、世界の均衡が崩れようとしていた。災いの源を探るため大賢人ハイ
| CINECHANの映画感想 | 2006/09/09 11:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/09/13 1:48 PM |
ゲド戦記
「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 公開 2006年
| ジブリトラックバック | 2006/09/17 1:39 PM |
ゲド戦記
製作:2006、日本 監督:宮崎吾朗 主演:岡田准一 【あらすじ】 均衡と調和によって守られてきた世界、アースシー。その世界に異変が起こりつつあった。各地で天災が相次ぎ、その力を頼りにされてきた魔法使いはその力を失ってゆく。 魔法使いの長たる大賢人ゲドは
| 前ヶ瀬の日記 | 2006/09/17 10:44 PM |
「ゲド戦記」
■公式 http://www.ghibli.jp/ged/ 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバラン
| 地味な女子の読書日記(最近映画ばっかりだけど) | 2006/09/18 11:03 PM |
『ゲド戦記』
今日で8月も最後。 外を吹く風が、秋らしさを感じさせるようになりました。 やっと、朝晩は秋の空気って感じです。 でも夜は、窓を開けられず風も入れられないから どうしても、冷房は入れちゃう。。。 昨日でポイントが貯まり、そのポイントで無料で1本、
| 徒 然 | 2006/09/20 12:25 PM |
「ゲド戦記」
《ストーリー》畑は荒れ、疫病が蔓延する中、西の果てに棲む竜が人間の世界である東海域に現れ、共食いをする姿が目撃された。世界の均衡が崩れつつあった。ハイタカ(ゲド)は世界に災いをもたらすその原因を探る旅の途中でアレンと出会う。父を刺し剣を奪ったアレン
| ☆るどるふ☆の かたよった映画生活 | 2006/09/24 11:19 PM |
ゲド戦記
夏休みに従妹と一緒に観てきました。 アニメ作品は今年初です。 監督  宮崎 吾朗 声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之    風吹 ジュン  内藤 剛志  倍賞 美津子  夏川 結衣  小林 薫 ストー
| PLANET OF THE BLUE | 2006/09/27 12:50 AM |
car insurance quote
たまに来ますのでよろしくお願いします。
| car insurance quote | 2006/09/27 7:09 AM |
「ゲド戦記」の感想
日曜日、「ゲド戦記」を観てきました。 いろいろと前評判を聞いていましたし、同じく原作を元にした映画「ハウルの動く城」と原作の、余りの内容の違いに仰天したことがありましたので、今回も原作と違ったものになっているのではないかと、不安半分、心配半分(あれ?
| Mugen Diary | 2006/10/07 8:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/25 10:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/27 1:30 AM |
ゲド戦記
「ハウルの動く城 」に続き早速公開二日目に映画館に嫁さんとデートしてきました。 多少のネタバレはありますが、今から見に行こうとしている人は読まない方がいいと思います。 ヤフーの試写会レビューや某巨大掲示板での叩かれようの意味がわかりました。
| Fの系譜 | 2006/12/06 7:07 PM |
texas holdem
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| texas holdem | 2006/12/11 6:04 PM |
ゲド戦記
アーシュラ・K・ル=グウィン原作 アースシーを舞台に巻き起こる 魔法使いゲドを中心とした人々の物語を 宮崎駿の「シュナの旅」をベースに ちょっとアレンジしたファンタジー 父親を殺し 自国を逃げ出した少年アレンが主人公 理とバランス=★★★
| cinemaholic* | 2006/12/21 12:00 AM |
muzoboz1005
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| muzoboz1005 | 2007/01/10 3:11 AM |
掛け軸に関する情報満載!
掛け軸に魅せられた皆様に少しでもお役に立てればと、当サイトでは掛け軸に関する様々な意見や情報のブログを集めています!ぜひご覧になってください!!
| 掛け軸案内サイト | 2007/02/27 11:45 AM |
掛け軸に関する情報満載!
掛け軸に魅せられた皆様に少しでもお役に立てればと、当サイトでは掛け軸に関する様々な意見や情報のブログを集めています!ぜひご覧になってください!!
| 掛け軸案内サイト | 2007/03/12 12:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/04 9:09 PM |