CHEAP THRILL

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『秘密と嘘』 | main | 真・映画日記『悲情城市』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
じょ〜いの週間テレビ映画ナビ!8/11〜17
●民放編

『妖怪大戦争』
8月11日(金)夜9:00〜 日本テレビ
2005年作
監督:三池崇史
出演:神木隆之介、宮迫博之、栗山千秋
必見度:★★
ひとこと:大戦争ではなかったなあ。

『デモリッション・マン』
8月13日(日)夜9:00〜 テレビ朝日
1993年作
出演:シルベスタ・スタローン、サンドラ・ブロック
観たい度:★★
ひとこと:なぜ、今、スタローンなんだろ?

『ハード・ターゲット』
8月14日(月)午後1:30〜 テレビ東京
1993年作
監督:ジョン・ウー
出演:ジャン=クロード・バンダム
観たい度:★★
ひとこと:ウー×バンダム・・・個人的にどうでもいい。

『K-19』
8月17日(木)夜9:00〜 テレビ東京
1993年作
出演:ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン
観たい度:★★★
ひとこと:井筒監督がかつて高く評価していたので、少し気になる。


●BS編

『無法松の一生』
8月11日(金)午後1:00〜
1958年作
監督:稲垣浩
出演:三船敏郎
観たい度:★★★
ひとこと:邦画クラック、気になります。

『男はつらいよ・寅次郎かもめ歌』
8月12日(土)夜8:00〜
1980年作
監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子
観たい度:★★★
ひとこと:暇なら観る程度で。

『緑の館』
8月14日(月)夜8:00〜
1959年作
監督:メル・フェラー
出演:オードリー・ヘップバーン
観たい度:★★★★
ひとこと:ヘップバーンは未見なのでみたい、その1

『太陽がいっぱい』
8月14日(月)深夜0:30〜
1960年作
監督:レネ・クレマン
出演:アラン・ドロン
観たい度:★★★★★
ひとこと:絶対必見!!!!アラン・ドロンがかっこイイ!!!!

『噂の二人』
8月15日(火)夜8:00〜
1961年作
監督:ウィリアム・ワイラー
出演:オードリー・ヘップバーン、シャーリー・マクレーン
観たい度:★★★★★
ひとこと:ヘップバーンは未見なのでみたい、その2。プラス、ワイラー作品なのでさらに観たい!

『おしゃれ泥棒』
8月16日(水)夜8:00〜
1966年作
監督:ウィリアム・ワイラー
出演:オードリー・ヘップバーン
観たい度:★★★★★
ひとこと:ヘップバーンは未見なのでみたい、その3。『ローマの休日』、『ティファニーで朝食を』に並ぶ名作!

『暗くなるまで待って』
8月17日(木)夜8:00〜
1967年作
監督:テレンス・ヤング
出演:オードリー・ヘップバーン
観たい度:★★★★★
ひとこと:ヘップバーンは未見なのでみたい、その4。『007 ドクター・ノオ』の監督作品。これまた見逃せません!

| じょ〜い小川 | じょ〜いの週間テレビ映画ナビ! | comments(1) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
taka (2006/08/25 9:27 PM)
栗山千秋→千明









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/225
ワンマンショーとしても、名匠唯一のミュージカルとしても!
バーブラ・ストライサンドを敬遠して当時見なかった「ファニー・ガール」('68)をようやく見た。そのバーブラがやはりいいのは歌唱力以上に、ドラマ部分が存分に仕込まれているからである。
| この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち | 2007/02/26 11:11 AM |
'30〜40年代は才能のレベルが違う!
いったん駆け落ちを仕組むモンティが、相続も何も投げ打って今すぐにと、倍して積極的となるオリヴィアに心胆寒々と退いていく若き野心の挫折――しばらく見ていなかったような新鮮な心理劇の展開に、またまた舌を巻く想いで見入った。ワイラーまた恐るべし。
| この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち | 2007/04/27 8:03 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/11 3:37 AM |