CHEAP THRILL

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『ラストサムライ』 | main | じょ〜いの週間テレビ映画ナビ7/14〜20(民放編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『ALWAYS〜三丁目の夕日〜』
7月12日(水)

毎度のごとく、神谷町駅近くのスタバにいったら……なんとまだ準備中だった。
え、こんなことってあるの?しゃあないけど。

日中はとくになし。
mixiをチェックしてみると、
いつもよりコメントが多い。
ありがたいが、
レスは気が乗った時にしか書かないので
そこのところ御了承いただきたい。

17時40分に終業。
すぐさま新松戸へ向かう。
すると18時半についてしまう。
歯医者の予約は19時40分から。
仕方がないので、
近くのマンガ喫茶で時間を潰す。
予約時間ぴったりに歯医者へ。
5分も待たずに治療へ。
この日は上の歯に銀歯を被せた。
15分で終わる。
21時10分に家に着く。
すぐにDVDを観ればいいのに「トリビアの泉」を見てしまう。

22時過ぎから『ALWAYS〜三丁目の夕日〜』を観る。

うーーん、昭和33年を舞台にしているが、
かなり違和感がある。

メイン・キャストは吉岡秀隆に小雪、
堤真一に薬師丸ひろ子。
舞台は昭和33年、東京の下町。
茶川竜之介(吉岡秀隆)売れない文筆家。
小遣い稼ぎとして駄菓子屋をやるも、いまひとつパッとしない。

向かいは「鈴木オート」という個人経営の自動車修理場がある。
そこに青森から上京してきた星野六子が来る。
六子は大きなビルを持つ会社の社長秘書になる期待をしていただけに
小さな「鈴木オート」を見て落胆。
自動車修理の仕事も四苦八苦。

一方、竜之介のところに竜之介の行き着けの居酒屋の女将・ひろ子が来る。
知り合いの子どもを預かって欲しいという。
子どもの名は淳之介。
竜之介が面倒がっていることもありなかなかなじめない。
ある時、淳之介は店の中で児童雑誌を見つけ、
竜之介が児童雑誌の小説家であることを知る。
そのことから淳之介は竜之介に興味を持つようになり、
二人の仲が縮まる。

竜之介・淳之介と時々やってくるひろ子の疑似家族と
鈴木家と居候の六子と
この二世帯(?)の話が中心となる。
前半はドタバタとコミカルに、
後半は昭和40年代風のホームドラマの展開に。
特に後半は石立鉄男主演のドラマや「寺内貫太郎」を彷彿させる。
ドラマだけ見るとなかなかだ。

しかし、この作品、肝心・要の昭和の雰囲気がまるで出ていない。
これは致命的である。

CGの多様が目につくが
そこは多めに見よう。
けれど、カメラの撮り方や演出でもうひとつ昭和の雰囲気を醸しだしていない。
そこにくると最近酷評した『初恋』が
この「昭和の雰囲気作り」に関していかに秀逸であったか、
改めて痛感した。
『初恋』はカメラワークと風景・衣裳・小道具に徹底的にこだわり、
音楽や流行ものに頼らず昭和の空気を作り出している。
ドラマはダメなんだけどね(笑)。
そうすると『ALWAYS〜三丁目の夕日〜』はその逆である。
ドラマはいいけど、
雰囲気作りがいまいち。
点数は4点。
ドラマだけなら7点か8点だが
売りである「昭和33年」というのがダメなんだから仕方がない。

2時に寝る。


 

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(12) | trackbacks(44) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
moka (2006/07/15 8:03 AM)
トラックバックありがとうございます。

三丁目の夕日は、当時を知る人にとってはホントに懐かしく、かなり当時を忠実に再現できています。
ただ、東京に住んでいた人にとっては…という条件がつくかもしれませんが。

昭和三三年は本当にあんな感じでしたよ。
す〜さん (2006/07/18 7:10 PM)
TBありがとうございました。
CGなのがん丸分かりなところがイマイチでした。
後原作と設定をちょっと変えてるところも不満だったんですが、
それを除けば良かったかな、と思います。
大蛇 (2006/07/24 10:54 PM)
TBありがとうございます。
昭和のイメージは難しかったですが、話はシンプルでよかったと思います。
泣きまではいけなかったのが残念。。
みーみ (2006/07/25 8:44 AM)
はじめまして。TBありがとうございました。
当時の様子を知らないので 昭和の雰囲気が上手く再現されてるかは解らなかったのですが 少し小道具に頼ってるかなぁ・・・と思う所もありました。

話は 解りやすくて感情移入しやすく良かったと思いました(^^
ミュウ (2006/08/04 9:00 AM)
こんにちは!TB有難うございました。
邦画はCG多用されると辛い所がありますよね。
何故か大作と言われるものほど、それが目立つ気がして(←戦争ものとかね)でも、こんなホームドラマみたいなのでも、やっぱり粗さが目立つっていうのは少し寂しい気もして、井筒監督のぼやきもちょっとわかるような^^;
でも、なんだかんだいって楽しめました(^_^)v
mick (2006/08/09 8:22 PM)
TBありがとうございました。

昭和の雰囲気は実際に体験していないので、
こんな感じなのかなと、勝手に懐かしんでみてました。

話も、入り込んで号泣でした。

私は面白かったです☆
ゆきりん (2006/08/12 9:21 PM)
TBありがとうございました!
昭和33年とまではいきませんが
そこいら近くに生まれておりますもので
懐かしく鑑賞させていただきました。
でも東京タワーってあんなふうに出来上がっていったのかな?
なんかすごく違和感がありましたが・・・
きぃぼう (2006/09/17 8:49 PM)
TBありがとうございました。
私は細かい事は気にせず楽しんでみれました。
母から聞いてたような話が映像になってた感じです。
初恋と2本立てでしたが、
私もドラマ的にはあまり好きじゃなかったです。
歩鳥 (2006/10/01 8:27 PM)
遅くなってしまいました、TB有難うございます。
私は80年代生まれなので33年の風景に対して細かい突っ込みはできませんでしたが
「こんな感じやったんや」という雰囲気が楽しめてよかったと思います(^^)
それよりも寧ろ人間ドラマが前に出てしまって号泣しました。笑
osugichan (2006/10/09 3:20 PM)
TB有難うございます
私には感動の映画でした
35年の大阪生まれでしたがこんな感じでした
amame (2006/11/14 6:29 PM)
TBありがとうございます。

昭和33年の表現に違和感を感じられましたか?
私は、少し後の東京下町育ちですが、記憶にある町の風景はあんな感じでしたね。
親戚で、団塊世代の人(昭和33年頃、小学校高学年)がいますが、久しぶりに映画を観て感動した、と言ってました。
ぼやきってこれですか? (2006/12/14 4:11 PM)
井筒「『三丁目の夕日』はただの学芸会やな。こんなゲテモノがアカデミー12冠か」

ニッポンバカアカデミーショーとやらで、散々コケにされて猿回しのサルを
やらされた後だったので、余計にせいせいしたくてソウルに飛んだ。
(略)
帰りの飛行機内で、眠るほど疲れてもいないし、時間があるからビデオ映画
でも見てやるかと、「三丁目の夕日」をチャンネルした。
初めて見たが学芸会もいいとこ、4コマ漫画もいいとこで、こんなゲテモノが
アカデミー12冠だったのかと改めて吃驚した。賞番組で同席したことが
恥ずかしくなった。
「ALWAYS」って本題か副題だか?何だか、意図もまるで解せないまま、
やっぱり寝入ってしまったら、羽田だった。

ソース
3/16付 東スポより









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/179
ALWAYS 三丁目の夕日
笑って泣けるあったかい作品でした。 ただ、アカデミー総なめってほどの大作だったのかといわれると…。 DVDでマイナスなめずらしい映画だなと思いました。 現代機材で撮影している分、相当キレイな映像になってしまっていることで 昭和の古さが見えなくなって
| MOVIE COMPLEX | 2006/07/14 7:23 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
場所: 渋谷アミューズCQN 日時: 2005年12月21日(水)10:15 公式サイト:http://www.always3.jp/ ゴウ先生ランキング:A-
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/07/16 11:07 AM |
『ALWAYS 三丁目の夕日』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:][:ハート:]   2005/11/05公開   (公式サイト)  泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:
| アンディの日記 シネマ版 | 2006/07/17 10:53 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日
日本アカデミー賞を総なめにした、「昭和ノスタルジー」映画!! 2006年6月9日発売 『ALWAYS 三丁目の夕日』 出演: 吉岡秀隆 堤 真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ・三浦友和(特別出演)・薬師丸ひろ子 須賀健太 小清水一揮/マギー 温水洋一 神戸 浩 飯田基祐
| 映画ドラマDVD発売情報 | 2006/07/17 12:02 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
原作の漫画とは設定を変えてます。 なので 原作好きな僕としてはちょっと辛めの批評です。 なぜ茶川を主役にしたのか? なぜやまふじの女将をヒロミにしたのか? なぜ六さんを女性にしたのか? なぜ鈴木はあんなに偉そうなのか? 原作のままでは何か弱い
| My Favorite Movies | 2006/07/18 7:07 PM |
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいという
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/07/19 5:53 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!
| 猫姫じゃ | 2006/07/19 6:30 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 133分 監督 山崎貴 原作 西岸良平 脚本 山崎貴 、古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦友和 (allcinema ONLINE) 解説: 昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/07/20 1:58 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴
最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。 物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところ
| 文学な?ブログ | 2006/07/22 2:23 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
[:よつばのクローバー:]監督・脚本 山崎貴 [:よつばのクローバー:]出演 吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 掘北真希 小雪 [:よつばのクローバー:]感想[:よつばのクローバー:] 味わい深くて じわ〜っと心が温まる作品ですね[:嬉しい:] 明日へ希望を託し
| 気ままシネマ | 2006/07/25 8:40 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日
いつも洋画オンリー♪なので、たまには邦画のレビューなんぞを。 というワケで、今回は、30年以上も連載が続く、 西岸良平さんの1400万部を超える 大人気コミック、『三丁目の夕日』を映画化した本作! ウチの母が西岸先生の漫画が好きで、 昔、母が読み終わっ
| 映画とはずがたり | 2006/08/02 5:37 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
今回は映画ネタ。見てきたのは「ALWAYS 三丁目の夕日」 この映画を一言でいうと、「すみません、泣けませんでした」である。 だがしかし、泣けなかったからつまらない、と言いたい訳ではなく。
| Harry's Cafe | 2006/08/04 11:33 PM |
(今日の映画)ALWAYS三丁目の夕日
ALWAYS 三丁目の夕日 (公式サイト: http://www.always3.jp) 監督: 山崎貴 出演: 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子
| Kozmic Blues by TM | 2006/08/05 11:26 PM |
現在の夕日は綺麗ですか。
【ALWAYS 三丁目の夕日】をレンタル。 映画館の大スクリーンで観ればよかった。 沢山の愛と、家族愛見せてもらった。 沢山号泣した。 私も色々な愛に飢えているのかもしれない。 そして、ほのぼの感で、心が温かくなった。 その時代背景は分からない
| 生活記録 | 2006/08/09 8:24 PM |
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/08/12 6:54 PM |
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ!
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/08/12 8:02 PM |
立て続けに
時間がある時はとにかく映画が見たくなる! ここ何日かで3本鑑賞 THE 有頂天ホテル この映画にはたくさんの有名人の方が出演 アハハ〜と大声でして笑いたくなる場面も多いし とにかくいろいろ凝った場面があって 楽しく見ることが出来た。 内容は・・・期待
| 日々徒然日記 | 2006/08/12 9:23 PM |
DVD「ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版」を買いました!!
昨年、映画館で観ました「ALWAYS 三丁目の夕日」のDVDを購入しました!!
| 馬球1964 | 2006/08/13 7:03 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日
今夜は「ALWAYS 三丁目の夕日」を紹介&#63889; 東京タワーが完成し、白黒テレビが出始めた昭和30年代を舞台に、 人情味溢れる下町の人々の心温まるエピソード満載の感動作。 ・・・・らしいですなー。見たい見たいと思いつつ、今に至るまで 見てねーしー。そ
| ローズフレーバー | 2006/08/13 7:38 PM |
ALWAYS三丁目の夕日 DVD
第29回日本アカデミー賞の最優秀作品賞などノミネートされた13部門のうち 12部門を受賞する快挙を達成した「ALWAYS 三丁目の夕日」。 原作は、西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」。(ビッグコミックオリジナル連載中) 連載開始から30年以上のシリーズ発行部
| 噂の情報屋 | 2006/08/13 7:57 PM |
ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる)
「ALWAYS−三丁目の夕日−」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
| オールマイティにコメンテート | 2006/08/13 9:35 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
「ALWAYS 三丁目の夕日」見ました。 以下感想です。 美術さんはすげえなあ、と思いました。 とにかくセットや小道具は相当こだわってると思います。 雰囲気はすごく伝わってきた。 でもストーリーがイマイチでした。 確かに泣ける要素は描いてはいるけれど
| ジャックinブログ | 2006/08/20 6:26 PM |
沈黙で訴える
最近、家でちょこちょこと映画を観てます。 本数が増えてきたんだけど、いかんせん感想が追いつかない(笑) 観た順番にのんびーり書いていきます。 好きな順番ではありません(強調) ・・・・・ NANA -ナナ- スタンダード・エディション ?『NANA』
| 空の星、海の青。 | 2006/08/22 11:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/09/13 1:48 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
こんにちは! robinbinです。 「ALWAYS 三丁目の夕日」をDVDで観ました。 なんだか切なくて温かい気持ちになる映画でした。 決して豊かではなかった時代なんでしょうが、 生きている人々が感じる喜びや悲しみは同じなんですよね。 それぞれの登場
| サッカーバカ、映画バカのBlog | 2006/09/13 11:39 PM |
moha
かねこさん2周半お疲れ様でした。
| moha | 2006/09/15 4:05 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日
 ALWAYS 三丁目の夕日 (2005)  ■■■■    監督 山崎貴  原作 西岸良平(三丁目の夕日)  出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 掘北真希 薬師丸ひろ子 三浦友和  受賞 日本アカデミー賞最優秀賞  
| 蜂巣大學 文学部 | 2006/09/19 1:01 AM |
『ALWAYS 三丁目の夕日』
11/26(土)の夜に、 夫が観たいと言っていた映画、 『ALWAYS 三丁目の夕日』を レイトショー(¥1200)で 観てきました。 『Returner リターナー』など VFXを使用した作品の多い 山崎貴監督作品。 西岸良平のコミックを映画化。 昭和33年の東京タ
| 徒 然 | 2006/09/20 12:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/25 6:12 AM |
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/10/25 9:53 AM |
dzmos
たまに来ますのでよろしくお願いします。
| dzmos | 2006/10/25 11:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/27 1:49 AM |
qhrqr
たまに来ますのでよろしくお願いします。
| qhrqr | 2006/11/08 2:08 PM |
映画 「ALWAYS三丁目の夕日」
路面電車、ダイハツミゼット(初代)、東京タワーの作っているとき。生まれる前の話なので、私はノスタルジーはありませんがこれぞ、古き善き時代だったのでしょう。
| ゼロから | 2006/12/03 9:53 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
always 三丁目の夕日 発言者:→宵里、
| kasumidokiの日記 | 2006/12/04 12:53 AM |
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼は
| 取手物語〜取手より愛をこめて | 2006/12/04 11:47 PM |
texas holdem
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
| texas holdem | 2006/12/11 6:04 PM |
ALWAYS -三丁目の夕日-
今年は邦画を沢山みてきたけど、この映画が一番面白かった! 戦後、高度成長期の昭和時代を舞台に、暖かいドラマが描かれる。 昭和時代の世界設定を全面的に売りにしているのかと思いきや、ストーリーで思いっきり感動させられた。それも昭和時代の温かみからくる
| Blog Style | 2006/12/15 10:36 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
鑑賞日:2006/11/29 冒頭のタイトルが出るまでのシーンで、いきなりガツーンと頭を殴られた感じで、引き込まれてしまいました。 「薬師丸ひろ子」演じる、鈴木オートの奥さんが、ラジオを付けて、子供が学校から戻ってきて、飛行機飛ばして、その飛行機を追っかけな
| 福の神 映画のすすめ | 2006/12/16 8:35 AM |
ALWAYS 三丁目の夕日
観てきました。 <新宿文化シネマ> あまり期待しないで観に行ったが、とても面白くって! よかった。 お話はベタな人情話だけど、舞台設定と役者が良いのでとても感情移入してしまった。 堀北真希ちゃんが可愛くって! 子役の「淳之介」と「一平」もいい仕事してるし。
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2006/12/17 7:34 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
原作好きと映画好きの狭間で。
| arudenteな米 | 2006/12/18 8:33 PM |
ALWAYS 三丁目の夕日
昭和33年かぁ〜 すれすれですけど、私まだ生まれてません。 先週TV放映してたので遅ればせながら鑑賞。 昭和33年って言っても、戦後まだ13年なんだねぇ。 私、なんだかこれって「反戦映画」という匂いも感じたんですけど。 ミゼット、路面電
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2006/12/21 9:17 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/11 6:24 AM |
吉岡秀隆にチェックを入れてみる転職中年
アクセスチェックをしていたら吉岡秀隆のトップに有った。「博士の愛した数式」でちょっと名前だけ出てきた程度なのに、寺尾聰や深津絵里を無視して、吉岡秀隆ばかり検索されていた。そこでちょっと調べてみた吉岡秀隆代表作は、もちろん「北の国から」の純と「ド...
| 転職したくない窓際中年のリストラ対策 | 2007/05/21 10:51 PM |