CHEAP THRILL

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『空気人形』 | main | 映画日記りぼーん『リミッツ・オブ・コントロール』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』







 やっと見たよ。


 もしかしてさあ、この映画の三部作ってあのラスト10分のためにあったんちゃうかなあ?映画という媒体を借りてすっきりさせた、ってことかな。



 ストーリーは2017年ともだち歴3年の東京が舞台。日本だけでなく世界中に影響力がある「ともだち」が8月20日に向けてある最悪な予言を遂行しようとしている。これをオッチョ、ユキジ、ケロヨン、カンナ、そしてケンヂが阻止しようと動く……。



 少年時代の世界観をそのままSFにしたこの漫画の世界は見事としか言いようがない。見方によっては子どもじみているとも見えなくないが、男子なら大抵だれしも憧れたことだ。これを堂々とやって退けている。
 万博、正義の味方、世界を滅ぼす悪、ロボット。こうしたものも極めれば子どもじみたものではない。この作品はこれらを極めつつ、1969〜70年代のレトロ風味で味付けしている。


 そしてこの映画はシリーズ最終章。第1章に出てきたキャラも出し、伏線を回収さつつラストに向けていい感じでまとまっている。

 で、ラスト10分だが、たしかにこれがなくても作品は成立したはず。ただ、このラスト10分がなかったら平凡なマンガチックな作品に過ぎなかったであろう。

 しかしながら、この10分を見せたことにより映画を見終わった後の余韻が格段に違ってくる。まあ、人によっては蛇足という人もいるだろうが、「20世紀少年」のもう一つのラストを見せたことには間違いない。

点数は8点。


 『ロード・オブ・ザ・リング』、『レッド・クリフ』もそうだけど、シリーズの後編っておいしいとこ取りだね。



追記


 〈第1章〉と〈最終章〉に出てくるロボットって……「大鉄人17」の敵ロボットに似てるね。…ってアラフォーでねぇと解らんか。


| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/1710