CHEAP THRILL

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『アマルフィ 女神の報酬』 | main | 映画日記りぼーん『96時間』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『ナイト ミュージアム2』






 昨日は新宿厚生年金会館にて『ナイト ミュージアム2』の試写会。


 開場後の入場で席が確保出来るか心配だったが、試写会の常連のおっちゃんに席をとっておいてもらったので中通路のごっつええ席で見れた!

 代わりにおっちゃんに試写会情報を教えました。



 さて、映画の方だが……前作よりはいいかな?いや、同じか?


 脚本が凡で致命的につまらないんだよな〜〜〜〜。
 後半は各キャラが入り乱れる大合戦が少し楽しめるからちっとはいいが…。



 かつてニューヨークの自然史博物館で夜警をやっていたラリーは発明品がヒットしたおかげで会社を興して成功者に。

 ある日、ラリーもとに自然史博物館のミニチュアカウボーイのジェデダイアから電話が入る。なんでも、展示物が移送されたワシントンのスミソニアン博物館であらゆる展示物が生き返ってしまったトラブルが…。

 ラリーは急遽スミソニアン博物館に駆けつけることに。



 今回は魔法の石板を巡るアドベンチャーが中心。

 ラリーはエジプト王カームンラーに捕らわれたジェデダイアを助けるために、女性パイロットのアメリア・イヤハートと魔法の石板の謎を解くためにスミソニアン博物館を駆けずり回る。

 前作の“動く歴史展示物”の楽しさは変わらず、プラス飾ってある絵画も動いたり中に入れたりする。

 しかし、前半は動く展示物の面白さに頼り過ぎて、脚本がつまらない。ココがこのシリーズの弱点で改善しなければならないのだが、残念ながら今回も相変わらずだ。


 今回はラリーと一緒にいる女性キャラのアメリアが前面にでるので、ちょっとした恋愛ものに見えなくもない。

 ここの部分で楽しむのもアリかに。


 後半の見所になる博物館中の各キャラが入り乱れる大合戦はキャラの特色がいろいろと活かされているので、まあいいかな。



 点数は3点。



 このシリーズ、子供向けというところに意識しすぎなんだよ。


 大衆娯楽だから厳しく見なくてええんじゃないのと思うだろうが、だからこそ優れた脚本力とハイセンスな笑いをもとめる。

 子どもも年輩者もアラサーも楽しませる。もちろん人種問わずだ。大衆娯楽って、実はハードルが高いんだよ。難しいんだよ。


 でも、ボクの左隣の隣に座っていた子ども(小学生低学年)でさえつまらなそうにしてたし、右隣のおっちゃんなんかしきりに時計を気にしてたし…。娯楽失格!!!



 脚本力の弱さに尽きるね。なんとかならんかな〜。


 



| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/1653