CHEAP THRILL

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『バーダー・マインホフ 理想の果てに』 | main | That'sコンビニ飯「ペンネアラビアータ」セブンイレブン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『縞模様のパジャマの少年』






 平日の試写会に行ける環境に感謝である。

 精神的に落ち着く。



 この日は日本武道館の近くにあるサイエンスホールでの『縞模様のパジャマの少年』の試写会。



 いい映画だけど、重いっす。 
『アンネの日記』や『戦場のピアニスト』なんかと比べても後味が重い。



 第二次世界大戦の真っ只中で、ベルリンに住むブルーノ少年はナチスの軍人である父の転勤のために郊外へお引っ越し。

 周りに民家がなく、遊び相手もなく退屈していたブルーノだが、ある日、敷地の裏にある森を抜けてみると農場のような所に出る。
 その有刺鉄線の柵の向こうに昼間から縞模様のパジャマを着た少年が…。

 少年の名はシェムル。
 二人は同い年ということもあり直ぐに仲良くなるが笛の音とともに遠くの小屋に戻ってしまう。


 ナチスの軍人の子どもとユダヤ人の子どもの交流を中心としたヒューマンドラマ。

 ユダヤ人の使用人(下男と言った方がいいか)がいる家庭の風景、ブルーノの父の同僚(ナチスの軍人)を交えての夕食の様子、ナチスの政策に気が滅入るブルーノの母親や祖母など、少年同士の交流以外も物凄くクオリティが高い。

 軍人がユダヤ人の使用人に怒鳴りつける所やシェムルがブルーノから貰った食べ物(パン?)を貪りつく所など一つ一つしっかりしている。


 この少年同士の交流は電流が流れる有刺鉄線越しながら和まし。

 ブルーノがよくわからず農場(=ユダヤ人の強制収容所)とか縞模様のパジャマ(=囚人服)などと無邪気に言っている所がいいんだよねえ。


 ナチスもののシリアスさと教育テレビの小学生向け道徳ドラマ(「みんななかよし」)の融合はその両方の要素がバランスよく見られる。


 まあ、とにかくラストに尽きる。詳しくは書けないが、ブルーノの家で起きた少年同士のトラブルが引金になっている。

 そうきたかあ〜。

 重い映画に慣れているアタクシでも久しぶりにズッシリときましたよ。

 体重ではなく、映画を見た後の感触ね(笑)。


 点数は9点。


 映画の質は非常に高いけど……重いよ。覚悟してね。


| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。