CHEAP THRILL

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『ハッカビーズ』 | main | 映画日記りぼーん『GOEMON』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『グラン・トリノ』










5月1日就業後、つまりGWに突入してすぐのオールナイトでようやくクリント・イーストウッド最新作『グラン・トリノ』を見た。



イーストウッド主演作品としては『許されざる者』に勝るとも劣らない、いやイーストウッド最高傑作と言っても過言ではない。


偏屈じいさんウォルトとお隣に住むモン族の家族との交流が中心となる。

ウォルトと息子・孫たちとの断絶、キリスト教社会、ヒスパニックや東洋、黒人らが占める街の風景、
そして臆病なタオと偏屈じいさんウォルトの心の交流…と。
さらにウォルトには朝鮮戦争での暗い過去かあり、それがトラウマにもなってる。


とにかく主人公のウォルトというキャラクターが良く出来てる。
時に苦々しく思いながら内面を殺し、またある時は素早く銃を取り出し怒りをあらわにしたり。
工具や庭の芝の手入れは異様に気にするのに、
体が悪いのに酒やタバコをガンガンやり自分の健康管理はズボラだったりする。古き良きアメリカを思いながらも、隣に住む生活慣習が違う民族と仲良くやらなきゃいけない現代というのを上手くとらえている。
だからこそ東洋系、ヒスパニック系のギャングとのトラブルが起こる。

この身内、隣近所による交流やトラブルはまるで小津映画の世界であるかのようだ。
息子たちの疎ましい存在になる親ってまさに『東京物語』での親子関係のようだし、
隣人との語らいや昔馴染みの床屋との会話なんか『お早よう』や『秋刀魚の味』でも見られるし。

で、またウォルトの毒舌ぶりがいい。上でも挙げた床屋との会話なんかまさしく男の会話だ。

そして軸になるウォルトのタオ少年への男講座ね。
こういうシーンって『許されざる者』や『ミリオンダラー・ベイビー』にもあったね。
徐々に男へと成長(というか対応能力がいいのかな)ぶりが見ていてスカッとする。

ラストシーンがまた素晴らしい。

ものすごく意味深だね。

映像についても影をうまく使ったものが多く、終盤に進むにつれ影が多くなる。
『許されざる者』のスカッとした映像美でなく、『ミリオンダラー・ベイビー』で見られた影の使い方をより強めた感じだ。

また、タイトルにもなっているフォードのヴィンテージカー「グラン・トリノ」の佇まいが異様にかっこよく、
その対比としてTOYOTAの車をだす辺りがニクい。


点数は10点満点!!!

エンディングロールでかかるイーストウッド親子による主題歌がまたいいんだな。

絶好調のイーストウッド、ここに極まる!


| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(2) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
kira (2009/05/26 9:54 PM)
たくさんのTB,有難うございました。
何度か挑戦しましたが、反映されませんので、
urlのところに
記事URLを貼ってみました。

いまのところ、今年一番の作品です♪
じょ〜い (2009/05/26 11:14 PM)
kiraさん


TBうまくいかず申し訳ないです。


ボクも今のところ今年見た中で最も味わい深い映画ですね。









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/1429
『グラン・トリノ』 (2008)/アメリカ
原題:GRANTORINO監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Sto
| NiceOne!! | 2009/05/23 2:16 PM |
「グラン・トリノ」試写会、感想。
個人的に、新宿ピカデリーは初めてでした。 綺麗な外観、中に入ると、車が。鑑賞前だったので、この車が「グラン・トリノ」とは分からず、そのまま入場。これは鑑賞後に撮影した画像で。いあー クリント・イーストウッドの存在感、それに尽きる映画でした。老いてもな
| Beinthedepthsofdespair | 2009/05/23 4:45 PM |
映画 「グラン・トリノ」
映画 「グラン・トリノ」
| ようこそMr.G | 2009/05/23 4:56 PM |
グラン・トリノ
イーストウッドのトリの最高傑作 【Story】 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工...
| Memoirs_of_dai | 2009/05/23 6:05 PM |
グラン・トリノ
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に
| だらだら無気力ブログ | 2009/05/23 11:16 PM |
【グラン・トリノ】★クリント・イーストウッド
グラン・トリノ HPグラン・トリノシネマトゥデイ英題:GRANTORINO製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月25日スタッフ監督・製作:クリント・イーストウッド製作:ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー製作総指揮:ジェネット・カーン/ティム・ムーア/ブ
| 猫とHidamariで | 2009/05/25 5:34 PM |
グラン・トリノ
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
| 心のままに映画の風景 | 2009/05/26 12:06 AM |
「グラン・トリノ」
(2008年・ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) ついこの間「チェンジリング」で感動したばかりだと言うのに、イーストウッド監督・主演の最新作「グラン・トリノ」でまた泣けた。
| お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 | 2009/05/27 11:45 PM |
グラン・トリノ
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/01 2:08 PM |
『グラン・トリノ』
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画では
| めでぃあみっくす | 2009/06/01 6:32 PM |