CHEAP THRILL

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『バーン・アフター・リーディング』 | main | 映画日記りぼーん『グラン・トリノ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『ハッカビーズ』


それでこれは4月30日の日記ね。

この日は『ハッカビーズ』を見る。


当時、予告編やフライヤーを見たかぎりでは、ジュード・ロウが主演でスーパーマーケット「ハッカビーズ」を舞台にしたコメディかと勝手に思っていたが、
そうじゃないんだな。
中心となるのは自然環境を守る(?)エコロジー青年と
宇宙論にまでおよぶ哲学探偵夫婦、
そしてそれらを取り巻く環境である。
スーパーマーケット「ハッカビーズ」はその環境の一つでしかない。


コメディの要素ももちろんあるが、
それよりも哲学論や人生論などの真面目な要素が強い。
そこにおかしさ・珍妙さがあるのだが余計なコムズカシさも感じられ、
話・テーマにつかみどころを見いだしにくく、
下手すると「何だったの?」で終わりかねない。

しかし、このコムズカシい滅茶苦茶そうな哲学論にもちゃーんと意味がある。
そこにこの作品のテーマがある。

一見、関係のなさそうな人、
さらには完全に“敵”としていがみ合っている者同士に
も巡り巡った“つながり”がある。
もしくは訪れる、というもの。

点数は7点。






| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/1428