CHEAP THRILL

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『東京の女』 | main | 映画日記りぼーん『スラムドッグ$ミリオネア』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『出来ごころ』
この日もサイレント。
というか活弁付きなので厳密にはサイレントとも違うが。

小津安二郎の戦前の名作『出来ごころ』を見る。


サイレント期の傑作では?
まあ、弁士の活弁付きなのでよりわかりやすかったんだろうけど。


これって、『男はつらいよ』の原型では?

主人公はビール工場の工員の喜八。
男一人で子どもを育て、浅草で長屋暮らし。
ある日、喜八は子どもと工場の同僚・次郎との風呂帰りに若い女性と出会う。あまりの綺麗さに喜八は一目惚れ。
再び彼女と会った時に職も身寄りもない彼女を助けることに…。


とにかくここで見られるのは下町の恩と情け。
喜八が彼女に夢中になって仕事をサボるようになっても
軽く咎めるだけだし、
子ども絡みの事件の時も次郎と床屋のやり取りに厚い情けが感じられる。


下町の長屋にある食堂で朝晩食事をするシーンや喜八がおめかしをするシーンに昭和初期の日本がよーく表されている。


終盤では今巷でブームになっている蟹工船が出てくる。
こういうのってホントにあったんだね。


点数は10点満点!





| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。