CHEAP THRILL

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 映画日記りぼーん『岸辺のふたり』 | main | 映画日記りぼーん『ラブ・イズ・オール』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
映画日記りぼーん『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』


こういう時は一気にいろいろと見ないと、ね。

新宿から渋谷へ移動。
渋谷のTSUTAYAの1階にあるプレイガイドでチケットを買い、BUNKAMURAにあるル・シネマへ。

映画まで少し時間があるので売店でサンドイッチとホットコーヒーを買い、ロビーで朝食。
ちょいと高いがたまにはいい。

で、『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』だけど、これは俳優・女優による力が見られる作品だね。
つまり、メリル・ストリーブとフィリップ・シーモア・ホフマンのための映画だ。

舞台は1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック学校セント・ニコラス・スクール。
ある日新人教師のシスター・ジェイムズ(エイミー・アダムス)は司祭を務めるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)にある疑念を抱き校長のシスター・アロイシス(メリル・ストリーブ)に報告する。
それはフリン神父が学校で唯一の黒人生徒ドナルド・ミラーに対し淫らな行為を行なったという。
シスター・アロイシスは証拠がないこの疑念をフリン神父に対し追求する。


『プラダを着た悪魔』の時もそうだったけど、メリル・ストリーブってちょいと嫌な上司・権力者の役が意外としっくりくる。
今回は頭コチコチのカトリック学校の校長。
これに太刀打ち出来る人ってそうはいないでしょ。
そこにちょいゲイっぽい“カポーティ”フィリップ・シーモア・ホフマンへのゲイ疑惑だから、
そうじゃなくてもメリル・ストリーブが言うんだから黒人生徒に淫らな行為をしたと思っちゃうよ。
まあ、メリル・ストリーブも凄いけど、ヒゲがあるかないかで悪党にも神父にもナヨったカポーティにもなれるフィリップ・シーモア・ホフマンも凄いね。
ストーリー自体はタイトルのダウト=“疑念”がテーマになっているけど、これは俳優・女優の力量を見る映画ととっていいんでない?

点数は9点だが、メリル・ストリーブとフィリップ・シーモア・ホフマンにそれぞれ10点を出したい。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(2) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
cyaz (2009/03/16 8:22 AM)
TB、ありがとうございましたm(__)m
メリルやフィリップの演技はさることながら、ヴィオラ・デイヴィスの迫真の演技には脱帽でした。
TB何度試みても反映しないのでURLに残しておきました。
じょ〜い (2009/03/16 10:32 AM)
cyazさん


どうもです。

ヴィオラ・デイヴィスって?、とちょいと思いましたが、黒人生徒の母親役の人ですね。たしかに彼女も良かったですね。









url: トラックバック機能は終了しました。
「ダウト あるカトリック学校で 」
JUGEMテーマ:映画&#160; 主要登場人物4人がアカデミー賞にノミネートされていた本作品、惜しくも受賞までには至りませんでしたが、前評判として聞こえてくるのは、そのクオリティの高さについてのことばかり…。とても期待していました。もともとは舞台劇とい
| ハピネス道 | 2009/03/13 8:56 AM |
ダウト〜あるカトリック学校で〜
公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)>>>校長(メリル・ストリープ)と説明されていたはず
| 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2009/03/15 10:38 PM |
ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ
前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジナルは舞台劇でトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー
| カノンな日々 | 2009/03/15 10:57 PM |
ダウト〜あるカトリック学校で〜
疑惑を持ち続けるには確信がいる。しかし確信は不寛容を生み出す。そして不寛容は疑惑を増幅させる。 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイビスという4人ものアカデミー賞候補者を送り出したこの作品は、カトリッ
| めでぃあみっくす | 2009/03/16 3:31 PM |
ダウト〜あるカトリック学校で〜
 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト〜あるカトリック学校で〜」は、1964年のNYブロンクスのカト
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/01 11:19 AM |