CHEAP THRILL

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(2)『たみおのしあわせ』 | main | 真・映画日記(4)『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(3)『白い馬』『赤い風船』
JUGEMテーマ:映画




(2から)


さすがに腹が減ったので、
「ロッテリア」で「絶品Wチーズバーガー」セットを買い、
開場後、席を取ってからロビーで食べる。

『白い馬』&『赤い風船』、意外にも8割くらい入っている。
平日見に行きにくいからか。


どちらもスクリーンに映るモノクロームとカラーを意識し、
サイレントに近い形で作っている。

『白い馬』は1953年の作品で(モノクロ)、
『赤い風船』は1956年の作品(カラー)。


どちらも、
出会い(野生の白馬/赤い風船)→交流→他者からの追跡→ラスト、
という展開。
『白い馬』の方は相手が野生の荒馬なのでなつく時間が少しかかった分、長くなっている。

音楽にしても共に印象的だ。
『白い馬』はアコースティックギターのアルペジオ、
『赤い風船』はニーノ・ロータばりのリフレインが効いたものを使っている。

唯一の相違点は
『白い馬』は南フランスの荒野を
『赤い風船』はパリのバスティーユ地区周辺を風景として使ったところかな。

しかしながら、やってることは同じなんだよね(凄いけど)。

そうそう、ラストも違うか。

点数はどちらも10点満点!

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(1) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |
HIROMI (2008/08/03 8:48 PM)
TBありがとうございました。
確かによく似た展開の映画でしたね。明るい夢のような内容をイメージしていたので、もの悲しいラストが少しショックでした。









url: トラックバック機能は終了しました。
白い馬と赤い風船
カンヌ映画祭の1953年度グランプリの「白い馬」と、56年のパルムドール「赤い風船」を観た。 「白い馬」は、フランス南部のカマルグ地方を舞台に、強く美しい野生の白い馬と、漁師の少年の交流を描いたもの。捕まえて飼いならそうとする馬飼いたち。白い馬に魅せられ
| シネマ大好き | 2008/08/03 8:27 PM |
赤い風船 LeBallonRouge
「白い馬」との二本立て。先にモノクロの「白い馬」を観たからか、赤い風船の赤の鮮やかさに目を奪われる。パスカルと赤い風船との奇妙な、でもほんわかと心あったまる友情。風船とパスカルが一緒に大人の傘に入れてもらうシーンがかわいい。そんなパスカルと赤い風船の
| まてぃの徒然映画+雑記 | 2008/08/14 9:24 AM |