CHEAP THRILL

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記(1)『アクロス・ザ・ユニバース』 | main | 真・映画日記(1)『キャプテン・アブ・ラエド』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記(2)『スターシップ・トゥルーパーズ3』
JUGEMテーマ:映画




(1から)

『アクロス・ザ・ユニバース』以降の流れ

池袋に移動→マックで軽くメシ→マンガ喫茶→「シネマ・ロサ」にて『スターシップ・トゥルーパーズ3』


気が向いたのでマン喫で「じょ〜いアワード2008上半期」なるものを一気にアップ。
アレ、10日くらい前から書き溜めしていたやつなんだよね。
男優・女優の名前を調べるのが面倒だったから。

で、午後8時から『スターシップ・トゥルーパーズ3』。
B級と言えばB級だけど、それなりに良かった。
いわゆる良質のB級映画というヤツ。
このバカバカしいノリがいいね。


地球連邦軍対バグズの戦争が続き11年が経った。
かつて惑星Pでの戦いで英雄になったジョニー・リコ大佐は殖民惑星ロク・サンの防衛基地で指揮を執っていた。
ある日、連邦軍総司令官アノーキが
リコの元部下だったディックス将軍とディックスの恋人ローラを伴いロク・サンの視察に訪れる。
そんな時に、バグズが防衛壁を乗り越えられ基地を襲われてしまう…。


以降、宇宙船等でおのおのがロク・サンを脱出し、
ローラ&アノーキ総司令官ら6人による惑星OM-1不時着→サバイバルと
ジョニー・リコの流れ、
とこの二つを見ることに。

普通のSFもののようでどこかバカバカしさがあり、
アメリカ制作の作品だがヨーロピアンなニオイがする。
これは制作総指揮にポール・バーホーベンが関わっている辺りに起因しているものと見られる。
なんとなくだが『女王陛下の戦士』チックなものを感じ取れる。

勧善懲悪のようで戦意をあおる右的なもののパロディーに見え、
そこがギャグになっている。
途中でいくつか挿入されている連邦軍のニュースが面白いし、
というか今回のキーマンになるアノーキなんか軍の総司令官にして人気歌手なんだから…こういうセンスはバーホーベンならではだ。

後半の惑星0M-1でのサバイバルも悪くない。
6人のキャラが良く出ていて、次々に襲われるくだりが『アナコンダ2』に似てるなあ…っておもってたら監督は『アナコンダ2』の脚本の人なんだね。ベタだけどうまいよ。


点数は8点。
全体的に造りがややチープ。しゃあないけど…。
たまにはB級SFを楽しみたい、という人にはうってつけ。
前作を知らなくても十分に楽しめます。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。
スターシップ・トゥルーパーズ3
地球人類と昆虫型エイリアン、アラクニドバグスとの戦いが激化する中、地球軍総司令が最前線の惑星ロク・サンを訪れる。歴戦の英雄リコが出迎えるが、その直後基地の防御システムにトラブルが発生し、バグが基地を壊滅させる。脱出した総司令は辺境惑星で遭難、リコ
| 5125年映画の旅 | 2008/08/03 8:31 PM |
スターシップ・トゥルーパーズ3
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 (353) スターシップ・トゥルーパーズ3-<暫定レビュー> あの名作B級SFシリーズの最終作だ。 「3」は「いよいよあの「マローダー」が登場!」というキャッチコピーがチラシに印刷されているが、「マローダー」
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2008/08/09 8:08 AM |