CHEAP THRILL

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『スパニッシュ・アパートメント』 | main | 真・映画日記『スウィート・シックスティーン』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『連理の枝』
この日も雨。
仕事量はたいしたことないが
面倒である。

夕方前に知人U氏から連絡…いやこっちからしたかな。
明日、急遽、上野の国立近代美術館で行われている「藤田嗣治展」に行くことになった。
実はひそかに興味があったので丁度よかった。

18時前に仕事を終えて
急いで新宿へ。
ゴールデンウイーク前にチケットを買っていた『連理の枝』が明日まで(19日)だからだ。
金曜は美術館に行くから無理。
しかも、この日はマリオンでやっている夕方の回が休館なのだ。
だから新宿コマ劇場近くの新宿プラザに行くことに。
18時20分に着く。

客が20人くらいしかいない。

そして『連理の枝』は物凄く退屈な作品だった。
主人公はミンス。ゲーム会社の青年実業家。
ある雨の日に通りにいる女性に車でおもいっきり水をかけてしまう。
このちょっとしたことをきっかけにミンスはヘウォン(チェ・ジウ)という女性と会う。
甘いマスクに巧みな話術で女の子をたぶらかしているミンスはいつもの調子でひっかけようとするがもう一つうまくいかない。
理由不明ながら病院に入院しているヘウォンと何度かあっているうちにいつしか本当の恋に…

しかし、何事もないように見えたヘウォンの体調に変化が…
彼女はある重病をかかえていた。。

とねぇ、もうため息を5万回したくなるほど典型的なストーリーです。
前半はちょっぴりコメディー。
後半は重病を武器にシリアスモード。
もはや「水戸黄門」や
特撮ヒーローもの以上のワンパターンである。
そのうえヒロインのチェ・ジウをはじめ出てくる女性がみんな地味である。
これだったら普段仕事で会っている女の子の方がかわいい。

唯一「こうなったらいいなあ」と思ったエピソードが一つだけあったのが救いである。

まあ、前の日に観たのが世界レベルとするなら
これは世界じゃ通用しない。

点数は3点。
久々に途中で出ようかと思った。

家には22時半頃着く。
阪神は日ハムに負けたのでテレビもそこそこにmixiをする。

1時過ぎに寝る。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/110
『連理の枝』・試写会
今日は某スポーツ紙のサイトで当選した『連理の枝』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆
| しましまシネマライフ! | 2006/08/15 9:27 PM |
韓国映画「連理の枝」チェ・ジウ主演
韓国映画「連理の枝」 これが私にとって生涯最後の恋になる・・・。 チェ・ジウ主演、涙あふれる悲恋の物語。 2006年度上半期韓国映画No.1大ヒット作となった、 “涙の女王”ことチェ・ジウが映画で魅せる初の悲恋物語。 想像を超えたまさかの結末に、感動の涙
| Various reports etc. | 2006/09/18 7:18 PM |
連理の枝 (NOW AND FOREVER)
鑑賞日:2006/11/4 レンタル店でのDVDの動きが、それほどでもなかったので、また、「四月の雪」や「私の頭の中の消しゴム」のように、前評判だけなのかな?って、覚悟してみたけど、やっぱりそうだった。 といっても、それほど酷いわけでもなく、この3つの中では、一
| 福の神 映画のすすめ | 2006/12/16 9:58 AM |