CHEAP THRILL

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
<< 真・映画日記『インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 | main | 真・映画日記『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
真・映画日記『告発のとき』
JUGEMテーマ:映画




6月28日(土)◆650日目◆


前の晩は「LIVE INN ROSA」の「EPICナイト」でオールナイト。


朝8時半頃に帰宅。

夕方前まで寝たり起きたり。

午後4時過ぎに家を出る。

午後6時に池袋西口の「シネマロサ」に到着。
『告発のとき』、客入りいまいち。40人くらい。
やはりポール・ハギス監督作品というだけでは客が入らない、か。
客層はややシニア層が目立つ。
同所では『シークレット・サンシャイン』と客層がかぶる。


トミー・リー・ジョーンズやシャーリーズ・セロンも良かったが、
なんといってもポール・ハギスの脚本力である。
前半の脇役や何気ない出来事が後半にうまく絡んでくる。
もっと言うと一人一人の表情にもウラがある。

ポール・ハギス監督作品としては2作目(前作は『クラッシュ』)で、
約2年ぶりの新作。
主演はトミー・リー・ジョーンズ。
他、シャーリーズ・セロンやスーザン・サランドン、ジョシュ・ブローリンが出演。

2004年11月1日に元軍人警官のハンク・ディアフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)の元に息子のマイクが軍から消息不明になったという報が入る。

ハンクは早速、妻ジョーン(スーザン・サランドン)を残し、息子の帰還先のフォート・ラッドへ向かう。
基地にいるマイクの上司や同僚に聞いたり、周辺のバーに行くが見つからない。
地元の警察の女刑事エミリー(シャーリーズ・セロン)に協力を頼むが、
軍の管轄の事であまり乗り気じゃない。
そうこうしている時にマイクの焼死体が発見される…。

以降はハンクとエミリーの謎の焼死体の真相に迫るサスペンスになる。

ストーリーは
ハンクを中心にしたものと、
シングルマザーの女刑事エミリーの話と
この二つを交互に見せる。
ハンクの元軍人とマイクや彼の兄も軍人という軍人一家や
女性蔑視の風潮がある田舎の警察、
エミリーのシングルマザーの家庭の様子など、
やや下の層のアメリカの風景が見られる。

中盤のハンクとエミリーの息子とのおとぎ話や
後半のヒスパニック系の差別ネタなどは『クラッシュ』でも見られたポール・ハギスでのやり方である。

このおとぎ話(元はギリシャ神話)が原題の「エラの谷」であり、
ここから考えるとこの作品はサスペンスというよりは、
軍人一家、元軍人、基地がある街のアメリカの風景と見た方がいい。

それはただ単にディアフィールド家の軍人一家というだけではなく、
軍人警察との連携を持つ地元の警察や
基地周辺のバーやクラブ、レストランやファーストフード店、
ハンクがマイクの上司や同僚と一対一でいるシーンなど様々なところにある。

そこでの酒やタバコもちょっとしたアイテムというか、
彼らならではの風景とも見える。

ラストシーンもビシッとしまっている。


点数は……9点。

全般的に暗めの映像が個人的に馴染みにくかった。

正直、前半に見落としたところがあるかもしれない。
前作『クラッシュ』もそうだったが、
ポール・ハギスの作品は2回見た方がいい。

| じょ〜い小川 | 真・映画日記 | comments(0) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://cheapthrill.jugem.jp/trackback/1095
映画レビュー「告発のとき」
◆プチレビュー◆イラクから帰還した息子の死の真相はまさに狂気。重い人間ドラマだが見応えがある。 【75点】  2004年、元軍人警官のハンクは息子のマイクがイラクから帰還後に失踪したとの知らせを受ける。女刑事エミリーの助けを借りてマイクを探すハンクだった
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2008/07/31 8:32 PM |
告発のとき
 『真実を語る、勇気はあるか?』  コチラの「告発のとき」は、主演のトミー・リー・ジョーンズがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなどサスガの演技を見せる6/28公開となったPG-12指定の”アメリカが目を背けた衝撃作”なのですが、早速観て来ちゃいまし
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/03 2:15 AM |
告発のとき In The Valley of Elah
公式サイト。ポール・ハギス監督、トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン。原題:In The Valley of ElahのThe Valley of Elahというのは、ダビデが古代イスラエルの敵だったペリシテ人の巨人兵士ゴリアテを投石器で倒した場所で、映画で
| 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2008/08/03 9:42 AM |
告発のとき
原題 IN THE VALLEY OF ELAH 上映時間 121分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/06/28 監督 ポール・ハギス 脚本 ポール・ハギス 音楽 マーク・アイシャム 出演 トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン ジョナサ
| タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 | 2008/08/04 7:07 AM |
『告発のとき』
イラクから帰還後、無断離隊した息子の行方を捜す父親が、辿り着いた真実とは……。 実話が基にあり、真相を知ったときの衝撃は大きく、受け止めきれない。淡々とした描き方が戦争の異常さを強く感じさせ、アメリカが今も戦争中であり、帰還後の地もまだ戦場であるとい
| 試写会帰りに | 2008/08/05 8:59 PM |
告発のとき
2007年 アメリカ 監督・脚本:ポール・ハギス 出演:トミー・リー・ジョーンズ    シャーリーズ・セロン    スーザン・サランドン    ジェームズ・フランコ    ジェイソン・パトリック 逆さに掲げられた星条旗。  “助けてくれ     
| 菫色映画 | 2008/08/07 7:45 PM |
告発のとき
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 (345) 告発のとき -マイクを殺したのはハンクだ!(比喩的に) 「クラッシュ」で原案、脚本、監督、製作を、「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本と製作を、「父親たちの星条旗」で脚本を担当
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2008/08/09 8:09 AM |
2008-48『告発のとき』を鑑賞しました。
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-48『告発のとき』(更新:2008/06/28) 評価:★★★★★ アメリカが目を背けた衝撃作 真実を語る、勇気はあるか? 世界観を変える感動作。 アメリカ・プレイボーイ誌に掲載された、実
| はっしぃの映画三昧! | 2008/08/10 9:23 PM |
『告発のとき』 (2007) / アメリカ
原題:INTHEVALLEYOFELAH監督・脚本・製作:ポール・ハギス出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジエームズ・フランコ、ジェイソン・パトリック公式サイトはこちら。<Story>2004年、ハンク(トミー・リー・ジョーンズ)の元
| NiceOne!! | 2008/08/13 8:26 PM |