CHEAP THRILL

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CHECK
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

●iPhone / iPod touchアプリケーション

 iTunes Store
(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

 iTunes Store(Japan)

RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR)
ENTER THE DRAGON(a.k.a.COLOBA MILK BAR) (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー,縫田彰徳
RECOMMEND
RECOMMEND
1980s in 21C.
1980s in 21C. (JUGEMレビュー »)
コロバ・ミルク・バー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
じょ〜いシネマアワード2009 上半期 【優秀映画音楽ベストテン】
音楽の良さも映画の善し悪しを決める一つの材料だ。
で、音楽部門はこうなる。


1位 『グラン・トリノ』
2位 『劔岳 点の記』
3位 『レスラー』
4位 『ウェディング・ベルを鳴らせ!』
5位 『レイチェルの結婚』
6位 『扉を叩く人』
7位 『オーム・シャンティ・オーム』
8位 『太陽のかけら』
9位 『少年メリケンサック』
10位『マンマ・ミーア!』



ほとんどが他の部門でもベストテンの常連だが、4位の『ウェディング・ベルを鳴らせ!』は初登場。
セルビアのクストリッツァ映画でのノー・スモーキング・オーケストラは健在。
しかしながら、ここ最近のクストリッツァ映画の中ではおとなしかったかな。


あと10位の『マンマ・ミーア!』は……入れざるをえないでしょ。
音楽はABBAの楽曲なんだから良くて当然。


それにしても、『グラン・トリノ』と『劔岳 点の記』は強力なツートップである。


グラントリノ


劔岳 点の記


| じょ〜い小川 | じょ〜いシネマアワード2009 上半期 | comments(0) | trackbacks(0) |
じょ〜いシネマアワード2009 【優秀映像ベストテン】
ボクが映画を見る上でかなり重要な項目にしているのが映像である。

やっぱり映画のキモはなんといっても映像だ。

今回はそのベストテンを発表!



1位 『劔岳 点の記』
2位 『レイチェルの結婚』
3位 『グラン・トリノ』
4位 『おと・な・り』
5位 『トランスフォーマー/リベンジ』
6位 『オーム・シャンティ・オーム』
7位 『太陽のかけら』
8位 『スタートレック』
9位 『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生〜』
10位『ディアドクター』




1位はやはり『劔岳 点の記』だ。普通の映画でクライマックス級の凄まじい映像がぼんぼん出てくる。


2位と7位は手持ちカメラによる美です。

3位の『おと・な・り』は光の入れ方、4位の『グラン・トリノ』は影の付け方と対称的。


5位『トランスフォーマ/リベンジ』と8位『スタートレック』はCGによる映像美。

6位の『オーム・シャンティ・オーム』はボリウッド代表の映像美。『スラムドッグ$ミリオネア』なんぞ足下にも及ばない。


『レスラー』もベストテンに入れたかったけど、『ディアドクター』の方が上かな。



劔岳 点の記 予告編


レイチェルの結婚 日本版予告編


「グラン・トリノ」日本版予告編


「おと・な・り」予告


トランスフォーマー/リベンジ トレーラー


| じょ〜い小川 | じょ〜いシネマアワード2009 上半期 | comments(0) | trackbacks(0) |
じょ〜いシネマアワード2009 上半期 【主演女優ベストテン】
実を言うと、2009年上半期はこの部門が弱いんだよね。

でも、それでもなんとか揃ったので挙げるね。



1位 麻生久美子『インスタント沼』、『おと・な・り』

2位 アン・ハザウェイ『レイチェルの結婚』

3位 ヘレン・ハント『いとしい人』

4位 『子供の情景』の主演の女のコ

5位 成海璃子『罪とか罰とか』

6位 カリス・ファン・ハウテン 『ラブ・イズ・オール』

7位 宮崎あおい『少年メリケンサック』

8位 アンジョリーナ・ジョリー 『チェンジリング』
9位 ジュリア・ロバーツ 『デュプリシティ スパイはスパイに嘘をつく』

10位 ニコール・キッドマン 『オーストラリア』



1位はぶっちぎりなんだよね。

けど、8位以下がなんとも怪しい…。

『オーストラリア』が出るようではね。


ちなみに『愛を読むひと』は7月に見たので下半期に。


| じょ〜い小川 | じょ〜いシネマアワード2009 上半期 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>